初期キリスト教美術とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 初期キリスト教美術の意味・解説 

初期キリスト教美術

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/12 21:43 UTC 版)

初期キリスト教美術は、キリスト教初期段階の美術を指す。ローマ帝国勢力圏内で発生し、604年、教皇グレゴリウス1世の死まで続いた。古代ローマ末期の文化を母体として、政治的・宗教的状況の変化のはざまで、東方・西方世界それぞれに発展して行った。キリスト教独自の図像は、のちに神学体系の発展にともない、徐々に確立して行った。


  1. ^ a b 越 宏一「西欧中世美術序説」 中世哲学会、2018年9月12日閲覧。


「初期キリスト教美術」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「初期キリスト教美術」の関連用語

初期キリスト教美術のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



初期キリスト教美術のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの初期キリスト教美術 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS