シュプレマティスムとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 方式・規則 > 主義・方式 > その他の主義・方式 > 主義 > シュプレマティスムの意味・解説 

シュプレマティスム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/17 07:30 UTC 版)

シュプレマティスム(シュプレマティズム、スプレマティズム、スプレマチズム;: Suprématisme, : Suprematism, : Супрематизм;絶対主義、至高主義)とは、ロシアにおいてカジミール・マレーヴィチКазимир Малевич)が主張した、抽象性を徹底した絵画の一形態[1]。1913年ペテルブルグで、カジミール・マレーヴィチが初めての抽象表現として、白い正方形の中の小さい正方形の対角線上の半分を黒く塗りつぶしたロシア未来派のオペラ「太陽の征服」の舞台美術を担当した[2][3]1915年には、ペトログラード(旧ペテルグルブ)で、「最後の未来派展, 0-10」が開催され、オリガ・ローザノワ、イワン(ジャン)・プーニ、イワン・クリュン、カジミール・マレーヴィチなどが参加し、マレーヴィッチは「創造的な芸術における純粋な感覚の絶対性」と定義した[4]抽象絵画の1つの到達点ともいえる。キュビスム未来派の影響を受けたクボ・フトゥリズモ(立体未来主義、立体=未来派)の集大成という位置付けで、マレーヴィチが主張した。その内容は「絶対象」という意味で、禁欲的で完全なる抽象絵画である。具体的な実作品としては、1915年頃の「黒の正方形」「黒の円」「黒の十字」「赤の正方形」、1918年の「白の上の白(の正方形)」)など(いずれもマレーヴィチによる)。その活動はロシア革命が始まる1920年前後まで続き[5]、同時期のロシア構成主義やのちのバウハウスに大きな影響を与えた[要出典]




  1. ^  Art in Theory p=292
  2. ^  20世紀の美術 p=39
  3. ^  Art in Theory p=292
  4. ^  20世紀の美術 p=40
  5. ^  20世紀の美術 p=41


「シュプレマティスム」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「シュプレマティスム」の関連用語

シュプレマティスムのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



シュプレマティスムのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのシュプレマティスム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS