シュプレマティスムとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 方式・規則 > 主義・方式 > その他の主義・方式 > 主義 > シュプレマティスムの意味・解説 

シュプレマティスム【(フランス)suprématisme】

《「シュプレマティズム」とも》1913年ごろロシアで起こった芸術運動抽象芸術一流派で、単純な幾何学模様による造形を行った。内面性や精神性表現するカンディンスキーらの「熱い抽象に対して、「冷たい抽象」と呼ばれることもある。代表的作家マレービチがいる。絶対主義


シュプレマティスム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/13 14:56 UTC 版)

シュプレマティスム(シュプレマティズム、スプレマティズム、スプレマチズム;: Suprématisme, : Suprematism, : Супрематизм;絶対主義、至高主義)とは、ロシアにおいてカジミール・マレーヴィチКазимир Малевич)が主張した、抽象性を徹底した絵画の一形態[1]




  1. ^  Art in Theory p=292
  2. ^  20世紀の美術 p=39
  3. ^  Art in Theory p=292
  4. ^  20世紀の美術 p=40
  5. ^  20世紀の美術 p=41


「シュプレマティスム」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「シュプレマティスム」の関連用語

シュプレマティスムのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



シュプレマティスムのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのシュプレマティスム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS