コンセプチュアル・アートとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 美術 > アート > コンセプチュアル・アートの意味・解説 

コンセプチュアル アート [8] 【conceptual art】


コンセプチュアル・アート

作品物質的側面よりも観念的側面重視する傾向作品を指す。日本では、長い間美術は深い思索思考とはあまり縁の無いものとして扱われてきたが、西洋美術は、往々にして哲学神学なと、さまざまな思索と深い関係を持って存在してきた。したがって、その時代のもっとも先鋭的思想と結びついて表現の形が模索されるということは、ごく普通のことで、特に20世紀に入ってからはさまざまな思想共同作業をしてきた。端な場合は、一見して美術とは思えないよう数字記号羅列の形でしかものとしては存在しない表現もある。

コンセプチュアル・アート

読み】:コンセプチュアル・アート
【英】:CONCEPTUAL ART

概念芸術。マルセル・デュシヤンにその源を発し、1961年アメリカ美術家ヘンリー・フリントが「コンセプト・アート」という言葉を用い、1967年同じくアメリカ美術家ソル・ルウィットが「概念芸術論」を著わし一般化した用語。狭義には、言語による記述写真図表による表示など、1960年代末のイリュージョン最小限にしようとしたミニマル・アート以後現代美術のひとつの傾向を示す言葉である。ここではコンセプチュアルとは、作品物質的視覚的側面に対して観念的な面の強調示しており、観念芸術IDEA ART)と呼ばれたこともある。また、ここで問題とされているのは、なによりも芸術概念コンセプト)についてであるという意味においてはアメリカのジョセフ・コススやイギリスのアート・ランゲージに見られるような、芸術概念そのものにかかわる芸術芸術芸術による定義の試みともいえる。日本作家としては、河原温(かわら・おん)がよく知られている。

コンセプチュアル・アート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/18 06:19 UTC 版)

コンセプチュアル・アート (Conceptual art) は、1960年代から1970年代にかけて世界的に行われた前衛芸術運動。イデア・アート (Idea art) とも呼ばれる。日本では当時概念芸術観念芸術と訳されていた。1966年から1972年にかけてが最盛期。この項では、当時もっとも先鋭的だった欧米の動きについて概観する。




  1. ^ Tony Godfrey, Conceptual Art, London: 1998. p. 28
  2. ^ 外部リンク
  3. ^ 外部リンク
  4. ^ 外部リンク コンセプチュアル・アート出現以前から組織的に支援していた。
  5. ^ ただしルウィットは物理的な作品を制作するので、厳密にはコンセプチュアル・アーティストではなくミニマル・アートの方角に近かった。彼の作品Four-Sided Pyramid, National Gallery of Art所蔵を参照せよ。


「コンセプチュアル・アート」の続きの解説一覧



コンセプチュアル・アートと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「コンセプチュアル・アート」の関連用語

コンセプチュアル・アートのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



コンセプチュアル・アートのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
横浜美術学院横浜美術学院
Copyright © 2019 横浜美術学院 AllRights Reserved.
徳島県立近代美術館徳島県立近代美術館
Copyright:徳島県立近代美術館.2019
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのコンセプチュアル・アート (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS