ガッシュとは?

Weblio 辞書 > 文化 > 美術用語 > ガッシュの意味・解説 

ガッシュ [1]フランス gouache】


グァッシュ [1]フランス gouache】


グワッシュ [2]フランス gouache】

不透明水彩絵の具の一。また,それを用いた絵画画法水溶性アラビアゴム媒剤とする。ガッシュ。グァッシュ

グワッシュ

読み】:グワッシュ
【英】:GOUACHE
別称】:ガッシュ

不透明水彩絵具、またはこれを用いた技法絵画現代のグワッシュ絵具は、水溶性アラビアゴム媒材として顔料と混ぜたものだが、古代エジプトなどでは、顔料をトラガカント・ガムか蜂蜜練り合わせてつくり出していた。いずれの媒材でも不透明効果与えるための増量材を含んでおり、地塗り色彩を覆うことができる。透明水彩場合には、ハイライト明るい色は、紙の白地利用してつくるが、グワッシュでは白色絵具を混ぜてつくる。またそのため白色地塗りによる透明感欠けるが、乾くとぬれた時よりも明る色調となり、艶のないしっとりした効果生む西洋中世には、彩飾写本によく使われ、16世紀18世紀細密画では、透明水彩とグワッシュを併用して使った。デューラー水彩による風景画や花や動物習作もほとんどグワッシュによって描かれている18世紀フランススイスイタリア水彩画家たちは、パステル調の発色をもつ表現開発20世紀に入ると、ポスターイラストレーションなど幅広い分野で用いられている。

ガッシュ

名前 GaschGashéGush

ガッシュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/13 03:20 UTC 版)

ガッシュグヮッシュGouache フランス語発音: [ɡwaʃ])は、不透明な水彩絵具の一種で、顔料アラビアガムの水溶液で練ったもの。イタリア語のGuazzo(水溜り、不透明水彩技法)から来た言葉といわれ、本来は絵具の名前ではなく不透明水彩技法を指した[1][2]




  1. ^ a b c d 森田恒之 『画材の博物誌』 中央公論美術出版。
  2. ^ a b ウィンザー&ニュートン社カタログ. 
  3. ^ ASTM D5724 - 16 Standard Specification for Gouache Paints” (英語). ASTM International. 2019年4月13日閲覧。


「ガッシュ」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ガッシュ」の関連用語

ガッシュのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ガッシュのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
徳島県立近代美術館徳島県立近代美術館
Copyright:徳島県立近代美術館.2019
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのガッシュ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS