芸術テロとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 芸術テロの意味・解説 

芸術テロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/21 14:26 UTC 版)

芸術テロ(げいじゅつテロ)は、芸術家が一般的な社会が受容しない方法で作品を発表すること。非合法手段を用いる事例も見られる。「芸術テロ」という語は芸術運動の中にはなく、揶揄や活動を貶めたりするために用いるスラングである。1963年から72年まで日本で活躍したゼロ次元という「人間の行為をゼロに導く」をコンセプトで、過激なパフォーマンス活動をしていたアーティスト集団が、週刊誌に「芸術テロか」と取り上げられたが、現代美術業界内ではそのような語での批判はない[1]




  1. ^ artscape ゼロ次元 ”. 2019年10月18日閲覧。


「芸術テロ」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「芸術テロ」の関連用語

芸術テロのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



芸術テロのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの芸術テロ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS