水彩絵の具とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 美術 > 絵の具 > 水彩絵の具の意味・解説 

水彩

(水彩絵の具 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/20 23:44 UTC 版)

水彩(すいさい、: Watercolor painting)とは、溶剤とする絵具、およびその絵具を使用して描かれた絵画のこと。水彩絵具で描かれた水彩画(すいさいが)と言う。


  1. ^ ミッシェル・クラーク『ビジュアル美術館 第7巻 水彩画の技法』10頁 
  2. ^ 橋 秀文『カラー版 水彩画の歴史』27~30頁
  3. ^ ミッシェル・クラーク『ビジュアル美術館 第7巻 水彩画の技法』40頁
  4. ^ 橋 秀文『カラー版 水彩画の歴史』84~85頁
  5. ^ 版板に直接絵を描きプレスする版画の手法。Monotyping
  6. ^ ミッシェル・クラーク『ビジュアル美術館 第7巻 水彩画の技法』36頁
  7. ^ みづゑのかがやき十選(1)五百城文哉「日光陽明門」/茨城県近代美術館美術課長 山口和子日本経済新聞』朝刊2019年7月15日(文化面)2019年7月17日閲覧。
  8. ^ みづゑのかがやき十選(4)大下藤次郎「檜原湖の秋」/茨城県近代美術館美術課長 山口和子『日本経済新聞』朝刊2019年7月19日(文化面)2019年7月22日閲覧。
  9. ^ 画材について, サクラクレパス, 2015年3月31日閲覧.
  10. ^ 水彩絵具, 造形ファイル, 武蔵野美術大学, 2009年6月27日, 2015年3月31日閲覧.
  11. ^ M. Graham & Co Watercolor
  12. ^ sennelier注:PDF
  13. ^ a b c 荒木豊, 絵具講座(第VII講)水彩絵具, J. Jpn. Soc. Colour Mater. (色材), 75(9), pp. 450-454, 2002.
  14. ^ Elizabeth E. Barker, Watercolor Painting in Britain, 1750–1850, Heilbrunn Timeline of Art History, The Metropolitan Museum of Art, October 2004, 2016年1月16日閲覧.
  15. ^ 八重樫春樹, 水彩画, 日本大百科全書(ニッポニカ), 小学館, 2016年1月16日閲覧.
  16. ^ 成相肇, 水彩画, Artwords, artscape, 大日本印刷, 2016年1月16日閲覧.
  17. ^ 清水靖子, 10.水彩絵の具の歴史, 日本絵具クレヨン工業協同組合, 2015年3月31日閲覧.
  18. ^ Care and conservation of prints, drawings and watercolours, Conservation Register, The Institute of Conservation, 2015年3月31日閲覧.
  19. ^ 美術館・博物館の照明, パナソニック, 2015年3月31日閲覧.
  20. ^ 広田勝也, 絵具講座(第I講)絵具総論, J. Jpn. Soc. Colour Mater. (色材), 75(3), pp. 133-138, 2002.
  21. ^ 色材の解剖学 41 顔料について(1), ホルベイン工業, 2015年3月31日閲覧.
  22. ^ 色材の解剖学 42 顔料について(2), ホルベイン工業, 2015年3月31日閲覧.
  23. ^ Q&A, クサカベ, 2015年3月31日閲覧.
  24. ^ 森克之, 佐野千絵, 印刷インキに用いられる有機赤色顔料への室内汚染ガスの影響, 保存科学 (44), pp. 65-71, 国立文化財機構 東京文化財研究所, 2004.
  25. ^ 例えば、ターレンス水彩絵具のバーミリオンはPigment Orange36であるが、ホルベイン水彩絵具ではPigment Red108である
  26. ^ 『失敗しない水彩の画材選び』 くどうさとし(著) 2013年
  27. ^ パレット(水彩画用)”. 造形ファイル. 武蔵野美術大学. 2021年12月14日閲覧。
  28. ^ 筆洗(日本画・水彩画用)”. 造形ファイル. 武蔵野美術大学. 2021年12月14日閲覧。
  29. ^ 海綿”. 造形ファイル. 武蔵野美術大学. 2021年12月14日閲覧。
  30. ^ a b c d e アートテクニック大百科 素描・遠近法・水彩・パステル・油絵・アクリル・ミクストメディア
  31. ^ 石井柏亭『我が水彩』日本美術学院、1913年、188頁。NDLJP:949447/125
  32. ^ An Explanation of Transparency”. Transparent Watercolor Society of America. 2019年10月18日閲覧。
  33. ^ Art terms: Gouache”. Tate. 2019年10月18日閲覧。
  34. ^ Henry M Gasser (1958). Techniques of painting. Reinhold. p. 62. hdl:2027/coo.31924014502367 
  35. ^ 水彩紙”. 造形ファイル. 武蔵野美術大学 (2008年). 2019年10月18日閲覧。
  36. ^ Cathy Jennings. “絵具と紙:水彩画のしくみ”. Just Paint. Golden Artist Colors. 2019年10月18日閲覧。
  37. ^ 水彩技法と紙の相性”. 青葉画荘. 2019年10月18日閲覧。
  38. ^ Watercolor Techniques”. Winslow Homer: Behind the Scenes. The Art Institute of Chicago. 2019年10月18日閲覧。
  39. ^ Rex Brandt (1963). Watercolor technique in 15 lessons (6 ed.). Van Nostrand. hdl:2027/uc1.31822016139842 
  40. ^ Common Watercolor Techniques”. Stories in Art. J. Paul Getty Museum. 2019年10月18日閲覧。
  41. ^ 『すてきな花の水彩手帖』クレア・ウェイト・ブラウン著 グラフィック社
  42. ^ 但し毒性があるクローム系顔料は6価のクローム化合物を含むもののみ。ビリジアン等3価のクローム化合物が含まれている顔料は無害。
  43. ^ あくまで使用顔料が問題であるから、Colour Index Generic Nameによって判断するか、絵具製造業者に尋ねるなどし、絵具名による安易な判断は避けること。
  44. ^ 絵具から放散するホルムアルデヒド及びフェノールの分析, 東京健安研セ年報 Ann. Rep. Tokyo Metr. Inst.P.H., 57, pp. 307-311, 2006.
  45. ^ 社会環境報告書2008, p. 12, ぺんてる.


「水彩」の続きの解説一覧

「水彩絵の具」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



水彩絵の具と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

水彩絵の具のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



水彩絵の具のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの水彩 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS