.smとは?

オートモ号車

三菱財閥重役豊川良平長男順弥は子供の頃から、機械いじり、機械工作が大好きで、26歳の頃、辻啓信と共に白揚社を設立する。また発明好きでジャイロによる船の自動操舵特許取りアメリカ渡り有名なスペリー社との交渉始める。 一方自動車にも関心深く2年間の滞在中に大学にも出入りをし、自動車技術だけでなく、工場経営機械工作も学ぶ。 大正6年(1917年)に機械輸入業も始め蒔田司を指導し、自動車設計と製作を始める。 その製品1号アレス号であり、小型化したものがオートモ号である。 当初空冷、後に水冷エンジンとしており、アレス号は小型から中型、オートモ号は小型のみである。 水冷エンジンのオートモ号はトヨタ博物館レストアされ展示されている。

保管場所:トヨタ博物館 (〒480-1131 愛知県愛知郡長久手町大字長湫横道41100号)

製作(製造)年:1923

製作者(社):白楊社,豊川 順弥

資料種類:量産

現状:展示(動態)・公開

車名 / 製作
車名:オートモ(アレス)

モデル:S(M)

会社名:白揚社

製作年:1923(1926)

設計者:豊川順弥

協力:池永 羆

車種用途:小型乗用

実車所在/模型:トヨタ博物館

型式 / 重量
スタイル:フェートン

ドア:2ドア

乗員:4(5)名

車両重量:450(600)kg

エピソード:オートモ:230台、アレス500台製作

車体 / 寸法
構造:木骨鋼板

バンパー:なし

ステップ:あり

全長:3030(3600)mm

全幅:1210(1300)mm

全高:1300(1600)mm

タイヤサイズ:3.50-20(26)

特徴:手造り板金ボディ

車体 / 車軸 /
操縦 / 付属
フレーム:鋼板梯子

前軸:リジッド、1/2リーフ縦置

後軸:リジッドリーフ縦置

軸距:2200(2600)mm

トレッド×後トレッド:1010(1100)mm

車高調:なし

ステアリング:ハンドル

ダンパー:なし

スタビライザー:なし

走行安定装置:なし

機関 / 寸法 /
出力
冷却/気筒配列:空()/直列4

機構:OHV(SV)

気化器:ゼブラ

内程×行程:59×86(70×115)mm

排気量:945(1770)cc

点火:沢藤マグネト

最高出力/回転数:9/12HP/2600rpm(12/20HP/2600rpm)

排気浄化:消音マフラーのみ

過給機:なし

可変システム:点火時期手動

特徴:OHV1号エンジン 始:空冷冷却ファン付 後:水冷変更

ハイブリッド
ハイブリッドシステム形式:なし

駆動系
変速機:MT3

駆動方式:FR

性能
モード燃費:-

参考文献:三栄書房国産自動車100年の執跡(1978年)、トヨタ博物館資料

その他事:シャシー重量:400(500)kg;前照灯:電灯式;ワイパー:なし;ウォッシャ:なし;足ブレーキ:後2輪ドラム;手ブレーキ:センター・バンド式;燃料噴射:なし;比出力:10.2(12.5)HP/L;最高速度:60(80)km/h;


SM

JISにより定められた溶接構造用庄延鋼材表示記号。 〔例〕引張強さ490~608N/・のものSM490と表示

ストレプトマイシン

分子式C21H39N7O12
その他の名称:アグリマイシン、ストレプトマイシン、ストレプトマイシンA、Agrimycin、StreptomycinStreptomycin A、4-O-[2-O-[2-Deoxy-2-(methylamino)-α-L-glucopyranosyl]-5-deoxy-3-formyl-α-L-lyxofuranosyl]-N,N'-bis(aminoiminomethyl)-D-streptamine、NSC-14083、4-O-[2-O-[2-(Methylamino)-2-deoxy-α-L-glucopyranosyl]-3-C-formyl-5-deoxy-α-L-lyxofuranosyl]-N,N'-bis[amino(imino)methyl]-D-streptamine、SM【ストレプトマイシン】、アグレプト、Agrept、SM【Streptomycin
体系名:4-O-[2-O-[2-(メチルアミノ)-2-デオキシ-α-L-グルコピラノシル]-5-デオキシ-3-ホルミル-α-L-リキソフラノシル]-N,N'-ビス(アミノイミノメチル)-D-ストレプタミン、4-O-[2-O-[2-(メチルアミノ)-2-デオキシ-α-L-グルコピラノシル]-3-ホルミル-5-デオキシ-α-L-リキソフラノシル]-N,N'-ビス(アミノイミノメチル)-D-ストレプタミン、4-O-[2-O-[2-(メチルアミノ)-2-デオキシ-α-L-グルコピラノシル]-3-C-ホルミル-5-デオキシ-α-L-リキソフラノシル]-N,N'-ビス[アミノ(イミノ)メチル]-D-ストレプタミン、4-O-[2-O-[2-デオキシ-2-(メチルアミノ)-α-L-グルコピラノシル]-5-デオキシ-3-ホルミル-α-L-リキソフラノシル]-N,N'-ビス(アミノイミノメチル)-D-ストレプタミン


サマリウムイオン(2+)

分子式Sm
その他の名称:サマリウムイオン(2+)


サマリウムイオン(4+)

分子式Sm
その他の名称:サマリウムイオン(4+)


サマリウム

分子式Sm
その他の名称:Sm、Samarium
体系名:サマリウム


サマリウム(III)

分子式Sm
その他の名称:Samarium(III)
体系名:サマリウム(III)


サマリウムイオン(3+)

分子式Sm
その他の名称:サマリウムイオン(3+)


硫酸ストレプトマイシン

分子式1.5H2O4S C21H39N7O12
その他の名称:硫酸ストレプトマイシン、ストレプトネックス、ストレプトマイシン硫酸塩、アグリストレプ、ストレプトマイシンセスキスルファート、ストリシン、ストレプトマイシンA硫酸塩、アンビストリンS、ベトストレプ、Strycin、Agrimycin 17Streptomycin A sulfate、Ambistryn S、Verstrep、Agri Strep、Streptomycin sesquisulphate、Streptonex、Streptomycin sulfate、アグリマイシン17、SM
体系名:4-O-[2-O-[2-(メチルアミノ)-2-デオキシ-α-L-グルコピラノシル]-5-デオキシ-3-ホルミル-α-L-リキソフラノシル]-N,N'-ビス(アミノイミノメチル)-D-ストレプタミン・3/2硫酸塩


物質
サマリウム
英語名
Samarium
元素記号
Sm
原子番号
62
分子量
150.36
発見
1880年
原子半径(Å)
1.79
融点(℃)
1072
沸点(℃)
1900
密度(g/cm3
7.7
比熱(cal/g ℃)
0.042
イオン化エネルギー(eV)
5.63


.sm

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2011/06/14 09:41 UTC 版)

.sm
サンマリノの旗
施行 1995年
TLDの種類 国別コードトップレベルドメイン
現在の状態 利用可
管理団体 Telecom Italia San Marino
後援組織 Telecom Italia San Marino
利用地域 サンマリノに関係する団体・個人
使用状況 サンマリノである程度使われている。
登録の制限 1つの企業が1年間に登録できるドメインは50個に限られる。個人やその他の組織は1つに限られる。
階層構造 登録は直接第二レベルに行われる。
関連文書 Naming rules
ウェブサイト Intelcom Naming
  

.sm国別コードトップレベルドメインccTLD)の一つで、サンマリノに割り当てられている。

外部リンク



SM

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/13 08:21 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

SMSmsm

SM

Sm

sm

脚注

  1. ^ 鉄鋼記号の分類別一覧表 - 素材に関する資料((株)吉崎メッキ化工所HP)



.smと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「.sm」の関連用語

.smのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



.smのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
住友電工デバイス・イノベーション株式会社住友電工デバイス・イノベーション株式会社
(C) 2019 Sumitomo Electric Industries, Ltd.
社団法人自動車技術会社団法人自動車技術会
COPYRIGHT(C)SOCIETY OF AUTOMOTIVE ENGINEERS OF JAPAN, INC. ALL RIGHTS RESERVED.
ダイキン工業ダイキン工業
Copyright (C) 2019 DAIKIN INDUSTRIES, ltd. All Rights Reserved.
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの.sm (改訂履歴)、SM (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS