連結とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 関係 > 連結 > 連結の意味・解説 

れん‐けつ【連結/×聯結】

読み方:れんけつ

[名](スル)ひと続きになるようにつなぎ合わせること。「機関車貨車を―する」


連結


連結

読み方れんけつ
学名Junctura
【英】:Joint

 Junctura(連結、連結部)にはArticulatio関節という意味含まれる。しかし、Articulatio関節のみを意味する

 


連結

読み方:れんけつ

  1. 汽車車掌仲間にて乗客男女親しくなることをいふ。〔情事語〕
  2. 〔情〕男女親しくなることを云ふ。車掌仲間使ふ隠語乗客男女連れのことにも用ふ
  3. 汽車中で乗客男女親しくなる事。〔鉄道従業員用語〕
  4. 汽車車掌仲間にて乗客男女車中にて密に親しくなることをいふ。
  5. 汽車内に乗客男女親しくなること。〔鉄道従業員

分類 情事語、情/車掌鉄道従業員鉄道従業員用語


連結

読み方:れんけつ

  1. 愛人同士又は若い夫婦などの二人連のことをいふ。
  2. 愛人同士又は若い夫婦のこと、つらなり結合しているの意。
  3. アベック。連結から。〔不〕
  4. アベック。連結から。

分類 不、俗語

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

連結

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/31 17:55 UTC 版)

連結(れんけつ)とは、つなぎ合わせること、またはつなぎ合わさっている性質のこと。




「連結」の続きの解説一覧

連結

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/12 05:34 UTC 版)

C Shell」の記事における「連結」の解説

コマンドは、次のような手段1行複数個連結することができる。

※この「連結」の解説は、「C Shell」の解説の一部です。
「連結」を含む「C Shell」の記事については、「C Shell」の概要を参照ください。


連結

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/15 07:59 UTC 版)

2-3 フィンガーツリー」の記事における「連結」の解説

2つの木を連結する演算直接定義されるではなく2つ木の間数個要素を挟んで連結する演算append使って定義されるどちらかの木が空、もしくは1つだけ要素を持つ場合単純である例えば右の木が1つだけ要素を持つ場合次のようになる。 append(pr, [a, b, c, d, e], Single f) = pr ▷ a ▷ b ▷ c ▷ d ▷ e ▷ f 両方の木が深い木である場合は、再帰的要素を追加する一例を示すappend(Deep pr m1 (Four a b c d), [e, f, g, h], Deep (Three i j k) m2 sf) = let m = append(m1, [Node3 a b c, Node3 d e f, Node3 g h i, Node j k], m2) in Deep pr m sf

※この「連結」の解説は、「2-3 フィンガーツリー」の解説の一部です。
「連結」を含む「2-3 フィンガーツリー」の記事については、「2-3 フィンガーツリー」の概要を参照ください。


連結

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/24 01:34 UTC 版)

第五輪」の記事における「連結」の解説

連結は、カプラロックが解除された状態でトラクタ後退トレーラキングピンに連結することで行う。 ロック解除の手順は、上記画像タイプの場合、右側に見えレバー状のハンドルに付いているワイヤー引いて、さらにハンドル完全に引いてロックが解除されているか確認する次いでトレーラトラクタ中心線がほぼ一致するようにトラクタバックさせるその際中心ズレ角度ズレ寸法最少になるようにする。ただ、トレーラのキングピンプレートは、トラクタカプラより多少低くなるように、ランディングジャッキなどで調整するようにするのが望ましい。また、連結を確認した後、ごく低速で発進し完全に連結していることを確認する現行の車輌の場合、トレーラ側にブレーキホースを繋いでいない状態や、トレーラ側のブレーキエアが無くなっている場合は、ブレーキが掛かるようになっている。もちろん、ブレーキホースを繋いであって、エアタンクにエア入っていても、トレーラ側のパーキングブレーキ作動していればやはり発進できない。その状態にて軽く引っ張ってみて、連結状態を確認するのが確実である。ただし、古いトレーラである場合パーキングブレーキワイヤであったりすると、トレーラエア完全に無くなっていると、ブレーキ掛かっていない状態になる場合有るので注意を要する。連結が確認されたら、ブレーキホースや、灯火類コネクタ、ABS/EBS(年式によっては付いてない場合有る)のコネクタ接続する(ABS/EBS のコネクタは、トラクタエンジン止めてイグニッション切って接続すること)。また、機種によっては後方監視カメラや、各種電力ケーブル接続必要な場合有る

※この「連結」の解説は、「第五輪」の解説の一部です。
「連結」を含む「第五輪」の記事については、「第五輪」の概要を参照ください。


連結

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/03 07:10 UTC 版)

「リンク」の記事における「連結」の解説

ソフトリンクハードリンク - コンピュータ上のファイルシステムにおける機能ハイパーリンク - World Wide Web他のウェブページ移動する機能用いられる要素リンク色 - ウェブブラウザハイパーリンク使われる色。 ソフトウェア開発における目的プログラムの連結。リンケージエディタを参照リンク機構 - 機械機構の要素日本語の「節」に相当。平行リンク、パラレルリンク。 グラフ理論におけるノード間を結ぶ経路エッジ、辺ともいう。

※この「連結」の解説は、「リンク」の解説の一部です。
「連結」を含む「リンク」の記事については、「リンク」の概要を参照ください。


連結(connected)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/05 16:23 UTC 版)

代数幾何学用語一覧」の記事における「連結(connected)」の解説

スキームが連結とは、位相空間として連結であること。連結成分であることは既約成分であることよりも緩い条件あるため任意の既約スキームは連結であるが、逆は正しくないアフィンスキーム Spec(R) が連結であることと、環 R が 0 と 1 以外のベキ等元持たないことは同値である。このような環も連結環という。例:アフィン空間と射影空間は連結スキームSpec(k[x]×k[x]) は連結ではない。

※この「連結(connected)」の解説は、「代数幾何学用語一覧」の解説の一部です。
「連結(connected)」を含む「代数幾何学用語一覧」の記事については、「代数幾何学用語一覧」の概要を参照ください。


連結(コネクト)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/08 15:24 UTC 版)

千年前の魔物」の記事における「連結(コネクト)」の解説

三日月三日月の間に光のラインを結ぶ

※この「連結(コネクト)」の解説は、「千年前の魔物」の解説の一部です。
「連結(コネクト)」を含む「千年前の魔物」の記事については、「千年前の魔物」の概要を参照ください。


連結

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/03 20:59 UTC 版)

Guarded Command Language」の記事における「連結」の解説

代入文はセミコロン(;)を間に書いて並べて記述される

※この「連結」の解説は、「Guarded Command Language」の解説の一部です。
「連結」を含む「Guarded Command Language」の記事については、「Guarded Command Language」の概要を参照ください。


連結

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/03 05:09 UTC 版)

高速自動車国道」の記事における「連結」の解説

高速自動車国道は、自動車高速交通の用に供する趣旨から、高速自動車国道法第11条により連結できる施設以下のもの限られている道路一般自動車道または政令定め一般交通の用に供する通路その他の施設インターチェンジジャンクション接続する他の路線や一道路を指す。 当該高速自動車国道通行者の利便に供するための休憩所給油所その他の施設または利用者のうち相当数の者が当該高速自動車国道通行する見込まれる商業施設レクリエーション施設その他の施設連結利便施設等このうち前者SA・PA道路面する道路サービス施設を指す。 第一号に掲げるものを除くほか、前号施設当該高速自動車国道とを連絡する通路その他の施設であつて、専ら同号の施設の利用者の通行の用に供することを目的として設けられるもの連結通路等。かつての高速自動車国道活用施設を含むいわゆるハイウェイオアシス(これらを連結施設という)を連絡するものを指す。 これらの連結には、国土交通大臣の連結許可要する連結位置および連結予定施設は、前述の整備計画必要事項とされており、かつては連結施設追加的新設する場合にも、新めて整備計画を経る必要があったが、現在は簡素化されている。 また、法施行令では、本線車道直接出入りすることができる施設につき、連結位置に関する基準示されており、本線車道接続部分が他の施設のそれから、本線車道に沿って2 km以上離れていることと定められている。

※この「連結」の解説は、「高速自動車国道」の解説の一部です。
「連結」を含む「高速自動車国道」の記事については、「高速自動車国道」の概要を参照ください。


連結

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/12 05:15 UTC 版)

プラチナ・トレイン」の記事における「連結」の解説

既に他プレイヤーがいる駅に停車すると、他のプレイヤーくっついて同時に移動することが可能。ただし、新幹線及び船舶との連結は不可能。 連結した相手プレイヤーイベントマス停車した時、自分イベントマス効果を受ける。 既に連済みの場合は自分のターン来た場合切り離すことも可能。

※この「連結」の解説は、「プラチナ・トレイン」の解説の一部です。
「連結」を含む「プラチナ・トレイン」の記事については、「プラチナ・トレイン」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「連結」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

連結

出典:『Wiktionary』 (2021/08/13 02:16 UTC 版)

名詞

れんけつ

  1. 繋いで、ひと続きにすること。
  2. 数学位相空間二つ以上開集合によってわかれることなく一つつながっていること。

翻訳

関連語

動詞

活用

サ行変格活用
連結-する

翻訳


「連結」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。

Weblioカテゴリー/辞書と一致するものが見つかりました。




連結と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「連結」に関係したコラム

  • 株式投資のスクリーニングとは

    株式投資のスクリーニングとは、テクニカル指標や財務関連指標などを中心とした条件に合致した銘柄を抽出するシステムのことです。スクリーニングでは、テクニカル指標や財務関連指標の他に、投資金額や売買単位、業...

  • 株式の投資基準とされる純利益連単倍率とは

    株式の投資基準とされる純利益連単倍率とは、企業の連結決算ベースの予想純利益が個別財務諸表ベースの予想純利益の何倍かを表したものです。純利益連単倍率は、次の計算式で求めることができます。純利益連単倍率=...

  • 株式の投資基準とされる売上高連単倍率とは

    株式の投資基準とされる売上高連単倍率とは、企業の連結決算ベースの予想売上高が個別財務諸表ベースの予想売上高の何倍かを表したものです。売上高連単倍率は、次の計算式で求めることができます。売上高連単倍率=...

  • 収益バリュー株の見つけ方

    収益バリュー株とは、企業の純利益から見て株価の安い、いわゆる割安株のことを指します。収益バリュー株は、純利益の数値だけで見つけることは困難で、純利益を用いた指標などから見つけるのが一般的です。純利益を...

  • 資産バリュー株の見つけ方

    資産バリュー株とは、企業の資産価値から見て株価の安い、いわゆる割安株のことを指します。資産バリュー株は、資産の数値だけで見つけることは困難で、資産を用いた指標などから見つけるのが一般的です。資産を用い...

  • 株式の投資判断とされるR&D比率とは

    株式の投資判断とされるR&D比率とは、売上高のR&Dの割合をパーセンテージで表したものです。R&D比率は、売上高研究開発費比率ともいいます。R&D比率のR&Dとは研究開発費のことです。一般的にR&D比...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「連結」の関連用語

連結のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



連結のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
船戸和弥のホームページ船戸和弥のホームページ
Copyright (C) 2022 船戸和弥のホームページ All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの連結 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのC Shell (改訂履歴)、2-3 フィンガーツリー (改訂履歴)、第五輪 (改訂履歴)、リンク (改訂履歴)、代数幾何学用語一覧 (改訂履歴)、千年前の魔物 (改訂履歴)、Guarded Command Language (改訂履歴)、高速自動車国道 (改訂履歴)、プラチナ・トレイン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの連結 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS