中点連結定理とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 人文 > 論理 > 定理 > 中点連結定理の意味・解説 

ちゅう てんれんけつ ていり [9] 【中点連結定理】

三角形任意の二辺中点を結ぶ線分は、もう一辺に平行であり、長さはその半分であるという定理

中点連結定理

三角形の2辺の中点を結ぶ線分残りの辺に平行で、かつその半分等しい。また、1辺の中点通り底辺に平行な直線は他の辺の中点を通る。


中点連結定理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/22 03:36 UTC 版)

中点連結定理(ちゅうてんれんけつていり、: midpoint theorem, midpoint connector theorem)とは、平面幾何定理の一つ。




「中点連結定理」の続きの解説一覧



中点連結定理と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「中点連結定理」の関連用語

中点連結定理のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



中点連結定理のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
数理検定協会数理検定協会
Copyright©2019 数理検定協会 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの中点連結定理 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS