.snとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 交通 > 鉄道 > 航空 > .snの意味・解説 

エス‐エヌ【SN】


スポネ(S/N:Spot Next)


S/N

Sは「シグナル(信号)」のことを表し、Nは「ノイズ(雑音)」のことを表す。電気信号の中に含まれる必要な信号(S)レベルと、不要な雑音(N)レベルの比率を指し、dBで表示される。数値が大きい方が好ましい。

(執筆:オーディオビジュアル評論家 佐久間輝夫)
※この情報は「1999~2002年」に執筆されたものです。


S/N比(S/N)

Sはシグナル、Nはノイズ。すなわち信号に対する雑音の割合をいう。アンプの雑音レベルはほぼ一定なので、入力信号レベルによってS/N比の数値は変る。相対的にノイズ最小となる定格出力時の値を示すのが普通。

(執筆:オーディオビジュアル評論家 高津修)
※この情報は「1999~2002年」に執筆されたものです。


スズ(Sn)

スズ(Tin)は、元素記号 Sn で表され、原子番号50原子量は約118.69比重は7.30(g/cc)である。銀白色固体金属で、炭素族属する。低温では非金属の状態に転移することがある延性展性良くスズ箔として多様用いられてきた。
ステンレス鋼添加されると、熱間加工性を害する

すず(IV)

分子式Sn
その他の名称:Tin(IV)
体系名:すず(IV)


すず

分子式Sn
その他の名称:C.I.ピグメントメタル5、C.I.77860、C.I.Pigment Metal 5、Sn、Tin
体系名:すず


スタンナンアニオン

分子式Sn
その他の名称:Stannaneanion
体系名:スタンナンアニオン


すず(II)

分子式Sn
その他の名称:Tin(II)
体系名:すず(II)


ストレプトニグリン

分子式C25H22N4O8
その他の名称:ストレプトニグリン、NSC 45383、Streptonigrin、5-Amino-6-(7-amino-5,8-dihydro-6-methoxy-5,8-dioxoquinolin-2-yl)-4-(2-hydroxy-3,4-dimethoxyphenyl)-3-methylpicolinic acid、ブルネオミシン、ルホクロモマイシン、ニグリン、ブルネオマイシン、ルホクロモミシン、SN、Rufocromomycin、Nigrin、5278RP、NSC-45383、Bruneomycin、5-Amino-6-(7-amino-5,8-dihydro-6-methoxy-5,8-dioxoquinolin-2-yl)-4-(2-hydroxy-3,4-dimethoxyphenyl)-3-methylpyridine-2-carboxylic acid、3-Methyl-4-(2-hydroxy-3,4-dimethoxyphenyl)-5-amino-6-[5,8-dioxo-6-methoxy-7-aminoquinoline-2-yl]pyridine-2-carboxylic acid
体系名:5-アミノ-6-(7-アミノ-5,8-ジヒドロ-6-メトキシ-5,8-ジオキソキノリン-2-イル)-4-(2-ヒドロキシ-3,4-ジメトキシフェニル)-3-メチルピリジン-2-カルボン酸、5-アミノ-6-(7-アミノ-5,8-ジヒドロ-6-メトキシ-5,8-ジオキソキノリン-2-イル)-4-(2-ヒドロキシ-3,4-ジメトキシフェニル)-3-メチルピコリン酸、3-メチル-4-(2-ヒドロキシ-3,4-ジメトキシフェニル)-5-アミノ-6-[5,8-ジオキソ-6-メトキシ-7-アミノキノリン-2-イル]ピリジン-2-カルボン酸


物質
スズ
英語名
Tin
元素記号
Sn
原子番号
50
分子量
118.71
原子半径(Å)
1.41
融点(℃)
231.9681
沸点(℃)
2270
密度(g/cm3
7.28
比熱(cal/g ℃)
0.054
イオン化エネルギー(eV)
7.344
電子親和力(eV)
1.25


スズ(Sn)

スズは銀白色不溶金属です。地殻中には約2mg/kg含まれています。用途としては、工業的にはブリキ板、ハンダ多く金属製品用いられています。また、各種合金製造食品包装エレクトロニクス歯磨き粉などに用いられています。有機スズ化合物プラスチック塩化ゴム安定剤殺虫防カビ剤船底塗料漁網防汚剤などに用いられています。このうち有機スズ化合物は強い毒性を示すといわれており、近年養殖天然魚介類野鳥などから有機スズが検出されて問題となっています。

.sn

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/31 18:07 UTC 版)

.sn国別コードトップレベルドメイン(ccTLD)の一つで、セネガルに割り当てられている。






「.sn」の続きの解説一覧

SN

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/04/09 14:17 UTC 版)

SN, Sn, sn




「SN」の続きの解説一覧

S/N

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2009/05/05 06:32 UTC 版)

S/N





.snと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「.sn」の関連用語

.snのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



.snのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
マネーパートナーズマネーパートナーズ
Copyright © 2021MONEY PARTNERS CO,LTD All rights reserved.
HiVi WEBHiVi WEB
(C)2021 STEREO SOUND Publishing Inc.
AV製品に関する用語辞典
丸ヱム製作所丸ヱム製作所
© 1998-2021 Maruemu Works Co,. Ltd. All rights reserved.
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
京浜河川事務所京浜河川事務所
Copyright (C) 2021 京浜河川事務所 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの.sn (改訂履歴)、SN (改訂履歴)、S/N (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS