.snとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 交通 > 鉄道 > 航空 > .snの意味・解説 

スポネ(S/N:Spot Next)


S/N

Sは「シグナル(信号)」のことを表し、Nは「ノイズ(雑音)」のことを表す。電気信号の中に含まれる必要な信号(S)レベルと、不要な雑音(N)レベルの比率を指し、dBで表示される。数値が大きい方が好ましい。

(執筆:オーディオビジュアル評論家 佐久間輝夫)
※この情報は「1999~2002年」に執筆されたものです。


S/N比(S/N)

Sはシグナル、Nはノイズ。すなわち信号に対する雑音の割合をいう。アンプの雑音レベルはほぼ一定なので、入力信号レベルによってS/N比の数値は変る。相対的にノイズ最小となる定格出力時の値を示すのが普通。

(執筆:オーディオビジュアル評論家 高津修)
※この情報は「1999~2002年」に執筆されたものです。


スズ(Sn)

スズ(Tin)は、元素記号 Sn で表され、原子番号50原子量は約118.69比重は7.30(g/cc)である。銀白色固体金属で、炭素族属する。低温では非金属の状態に転移することがある延性展性良くスズ箔として多様に用いられてきた。
ステンレス鋼添加されると、熱間加工性を害する

すず(IV)

分子式Sn
その他の名称:Tin(IV)
体系名:すず(IV)


すず

分子式Sn
その他の名称:C.I.ピグメントメタル5、C.I.77860、C.I.Pigment Metal 5、Sn、Tin
体系名:すず


スタンナンアニオン

分子式Sn
その他の名称:Stannaneanion
体系名:スタンナンアニオン


すず(II)

分子式Sn
その他の名称:Tin(II)
体系名:すず(II)


ストレプトニグリン

分子式C25H22N4O8
その他の名称:ストレプトニグリン、NSC 45383、Streptonigrin、5-Amino-6-(7-amino-5,8-dihydro-6-methoxy-5,8-dioxoquinolin-2-yl)-4-(2-hydroxy-3,4-dimethoxyphenyl)-3-methylpicolinic acid、ブルネオミシン、ルホクロモマイシン、ニグリン、ブルネオマイシン、ルホクロモミシン、SN、Rufocromomycin、Nigrin、5278RP、NSC-45383、Bruneomycin、5-Amino-6-(7-amino-5,8-dihydro-6-methoxy-5,8-dioxoquinolin-2-yl)-4-(2-hydroxy-3,4-dimethoxyphenyl)-3-methylpyridine-2-carboxylic acid、3-Methyl-4-(2-hydroxy-3,4-dimethoxyphenyl)-5-amino-6-[5,8-dioxo-6-methoxy-7-aminoquinoline-2-yl]pyridine-2-carboxylic acid
体系名:5-アミノ-6-(7-アミノ-5,8-ジヒドロ-6-メトキシ-5,8-ジオキソキノリン-2-イル)-4-(2-ヒドロキシ-3,4-ジメトキシフェニル)-3-メチルピリジン-2-カルボン酸、5-アミノ-6-(7-アミノ-5,8-ジヒドロ-6-メトキシ-5,8-ジオキソキノリン-2-イル)-4-(2-ヒドロキシ-3,4-ジメトキシフェニル)-3-メチルピコリン酸、3-メチル-4-(2-ヒドロキシ-3,4-ジメトキシフェニル)-5-アミノ-6-[5,8-ジオキソ-6-メトキシ-7-アミノキノリン-2-イル]ピリジン-2-カルボン酸


物質
スズ
英語名
Tin
元素記号
Sn
原子番号
50
分子量
118.71
原子半径(Å)
1.41
融点(℃)
231.9681
沸点(℃)
2270
密度(g/cm3
7.28
比熱(cal/g ℃)
0.054
イオン化エネルギー(eV)
7.344
電子親和力(eV)
1.25


スズ(Sn)

スズは銀白色不溶金属です。地殻中には約2mg/kg含まれています。用途としては、工業的にはブリキ板、ハンダ多く金属製品に用いられています。また、各種合金製造食品包装エレクトロニクス歯磨き粉などに用いられています。有機スズ化合物プラスチック塩化ゴム安定剤殺虫防カビ剤船底塗料漁網防汚剤などに用いられています。このうち有機スズ化合物は強い毒性を示すといわれており、近年養殖天然魚介類野鳥などから有機スズが検出されて問題となっています。

.sn

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2011/06/14 09:42 UTC 版)

.sn
セネガルの旗
施行 1993年
TLDの種類 国別コードトップレベルドメイン
現在の状態 利用可
管理団体 NIC Senegal
後援組織 ダカール大学
利用地域 セネガルに関連する団体・個人
使用状況 セネガルではいくらか使われている。
階層構造 登録は第二レベルドメインへ直接行われる。
方針 不明
ウェブサイト nic.sn
  

.sn国別コードトップレベルドメイン(ccTLD)の一つで、セネガルに割り当てられている。

外部リンク


化学接頭辞・接尾辞一覧

(.sn から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/04/10 02:51 UTC 版)

化学接頭辞・接尾辞一覧(かがくせっとうじ・せつびじいちらん)は、化学で用いる接頭辞および接尾辞の一覧。 化学物質の詳しい命名法はIUPAC命名法を参照のこと。

接頭辞

置換基

  • オキサ(oxa)は元素が酸素(O)で置換されていることを示すときに用いる。
  • アザ(aza)は元素が窒素(N)で置換されていることを示すときに用いる。
  • ブロモ(bromo)は元素が臭素(Br)で置換されていることを示すときに用いる。
  • ヨード(iodo)は元素がヨウ素(I)で置換されていることを示すときに用いる。
  • フルオロ(fluoro)は元素がフッ素(F)で置換されていることを示すときに用いる。
  • クロロ(chloro)は元素が塩素(Cl)で置換されていることを示すときに用いる。
  • シアノ(cyano)はシアノ基(-CN)が結合していることを示すときに用いる。
  • ヒドロキシ(hydroxy)はヒドロキシ基(-OH)が結合していることを示すときに用いる。
  • フェニル(phenyl)はフェニル基(-Ph(= -C6H5))が結合していることを示すときに用いる。
  • ベンジル(benzyl)はベンジル基(-CH2-Ph)が結合していることを示す接頭辞である。
  • エポキシ(epoxy)は分子が酸素原子で架橋されていることを示すときに用いる。
  • ニトロ(nitro)はニトロ基(-NO2)が結合していることを示すときに用いる。

官能基の位置関係を示す接頭辞

  • gem-(ジェミナル)は同じ原子に同じ基が置換していることを示すときに用いる。
  • iso-(イソ)は直鎖でないことを示すときに用いる。あるいは末端の次の炭素原子がメチル化していることを示すときに用いる。
  • meso-(メソ)は不斉炭素を持つものの、面対称性を持ち、光学異性体を持たない化合物であることを示すときに用いる。
  • neo-(ネオ)は末端の次の炭素原子にメチル基が2つ結合していることを示すときに用いる。
  • ortho-(オルト)は'正規の'という意味のギリシア語に由来し、ベンゼン等の六員環の化合物において、1位と2位に置換基が結合していることを示すときに用いる。
  • meta-(メタ)はベンゼン等の六員環の化合物において、1位と3位に置換基が結合していることを示すときに用いる。
  • para-(パラ) は'反対の'という意味のギリシア語に由来し、ベンゼン等の六員環の化合物において、1位と4位に置換基が結合していることを示すときに用いる。
  • vic-はベンゼン等の六員環の化合物において、1位と2位と3位に置換基が結合していることを示すときに用いる。
  • asym-はベンゼン等の六員環の化合物において、1位と2位と4位に置換基が結合していることを示すときに用いる。
  • sym-はベンゼン等の六員環の化合物において、1位と3位と5位に置換基が結合していることを示すときに用いる。
  • sn-は、Stereospecifically Numberedの略で、グリセリン誘導体の炭素原子を立体特異的番号付けで表記したときに用いる。グリセリン誘導体がラセミ体のときはrac-をつけ、立体化学が不明のときはX-をつける。
  • N-は、2級以上のアミンで窒素に結合している官能基を示すために用いられ「N-(官能基名2)(官能基名1)アミン」や「N-(官能基名3)-N-(官能基名2)(官能基名1)アミン」のように書かれる。

異性体関係

  • (+)-は右旋性を持つ化合物であることを示すときに用いる。
  • (-)-は左旋性を持つ化合物であることを示すときに用いる。
  • (R-)原子番号原子量の順に置換基に順位を与え、最も順位の低い置換基を奥にしたとき、その他の基が順位に従い時計回りに配置していることを示すときに用いる。
  • (S-)原子番号原子量の順に置換基に順位を与え、最も順位の低い置換基を奥にしたとき、その他の基が順位に従い反時計回りに配置していることを示すときに用いる。
  • n-はnormal(ノルマル:独語)の略で直鎖の化合物であることを示し、sec-およびtert-と特に区別するときに使われる。
  • sec-はseconderyの略で第二級の化合物であることを示すときに用いる。炭素-炭素結合#分枝参照のこと。
  • tert-はtertiaryの略で第三級の化合物であることを示すときに用いる。炭素-炭素結合#分枝参照のこと。
  • cis-シス (化学))は幾何異性体を持つ化合物において、二重結合を構成する2つの原子の同じ側に主鎖の一部、または、より順位の高い置換基が結合していることを示す。
  • trans-トランス (化学))は幾何異性体を持つ化合物において、二重結合を構成する2つの原子の異なる側に主鎖の一部、または、より順位の高い置換基が結合していることを示す。
  • epi-エピ)はその後に続く化合物名のエピマーであることを示す。

溶液関係

  • conc はその溶液が濃溶液であることを示すときに用いる。
  • dil はその溶液が希薄溶液であることを示す。

倍数接頭辞

  • モノ(mono-)は置換基が1つであることを示す。
  • ジ(di-)は置換基が2つであることを示す。
  • トリ(tri-)は置換基が3つであることを示す。
  • テトラ(tetra-)は置換基が4つであることを示す。
  • ペンタ(penta-)は置換基が5つであることを示す。
  • ヘキサ(hexa-)は置換基が6つであることを示す。
  • ヘプタ(hepta-)は置換基が7つであることを示す。
  • オクタ(octa-)は置換基が8つであることを示す。
  • ノナ(nona-)は置換基が9つであることを示す。
    • (注)まれにエニア(ennea-)としている場合もある。
  • デカ(deca-)は置換基が10個であることを示す。
  • ウンデカ(undeca-)は置換基が11個であることを示す。
  • ドデカ(dodeca-)は置換基が12個であることを示す。
  • イコサ(icosa-)は置換基が20個であることを示す。
    • (Chemical Abstructではエイコサ (eicos-a))
  • ヘンイコサ(henicosa-)は置換基が21個であることを示す。
    • (Chemical Abstructではヘンエイコサ (heneicosa-))
  • ドイコサ(docosa-)は置換基が22個であることを示す。
    • (Chemical Abstructではドエイコサ (doeicosa-))
  • ヘクタ(hecta-)は置換基が100個あることを示す。
  • ジクタ(dicta-)は置換基が200個あることを示す。
  • トリクタ(tricta-)は置換基が300個あることを示す。
  • テトラクタ(tetracta-)は置換基が400個あることを示す。
  • ペンタクタ(pentacta-)は置換基が500個あることを示す。
  • ヘキサクタ(hexacta-)は置換基が600個あることを示す。
  • ヘプタクタ(heptacta-)は置換基が700個あることを示す。
  • オクタクタ(octacta-)は置換基が800個あることを示す。
  • ノナクタ(nonacta-)は置換基が900個あることを示す。
  • キリア(kilia-)は置換基が1000個あることを示す。
  • ジリア(dilia-)は置換基が2000個あることを示す。
  • トリリア(trilia-)は置換基が3000個あることを示す。
  • テトラリア(tetralia-)は置換基が4000個あることを示す。
  • ペンタリア(pentalia-)は置換基が5000個あることを示す。
  • ヘキサリア(hexalia-)は置換基が6000個あることを示す。
  • ヘプタリア(heptalia-)は置換基が7000個あることを示す。
  • オクタリア(octalia-)は置換基が8000個あることを示す。
  • ノナリア(nonalia-)は置換基が9000個あることを示す。
  • ポリ(poly)は同じモノマーが多数結合したことを示すときに用いる。

複雑な化合物の場合に使われる倍数接頭辞

  • ビス(bis-)は置換基が2個あることを示す。
  • トリス(tris-)は置換基が3個あることを示す。
  • テトラキス(tetrakis-)は置換基が4個あることを示す。
  • ペンタキス(pentakis-)は置換基が5個あることを示す。
  • ヘキサキス(hexakis-)は置換基が6個あることを示す。
  • ヘプタキス(heptakis-)は置換基が7個あることを示す。

接尾辞

  • ォール(-ol)は分子がアルコールであることを示すときに用いる。
  • ァール(-al)は分子がアルデヒドであることを示すときに用いる。
  • ィン(-in)
  • ォン(-one)は分子がケトンであることを示すときに用いる。
  • ニトリル(nitrile)は元素がニトリルであることを示すときに用いる。
  • アミン(amine)は水素原子がアミノ基(-NH2)で置換されていることを示す。
  • イミン(imine)は水素2原子がイミノ基(=NH)で置換されていることを示す。
  • aq はその物質の水溶液であることを示すのに用いる。

関連項目


SN

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/04/09 14:17 UTC 版)

SN, Sn, sn

SN

Sn

sn


S/N

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2009/05/05 06:32 UTC 版)

S/N




.snと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「.sn」の関連用語

.snのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



.snのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
マネーパートナーズマネーパートナーズ
Copyright © 2019MONEY PARTNERS CO,LTD All rights reserved.
HiVi WEBHiVi WEB
(C)2019 STEREO SOUND Publishing Inc.
AV製品に関する用語辞典
丸ヱム製作所丸ヱム製作所
© 1998-2019 Maruemu Works Co,. Ltd. All rights reserved.
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
京浜河川事務所京浜河川事務所
Copyright (C) 2019 京浜河川事務所 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの.sn (改訂履歴)、化学接頭辞・接尾辞一覧 (改訂履歴)、SN (改訂履歴)、S/N (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS