.arとは? わかりやすく解説

エー‐アール【AR】

読み方:えーあーる

acknowledgment of receipt受取り通知


エー‐アール【AR】

読み方:えーあーる

aircraft rocket航空機搭載ロケット弾


エー‐アール【AR/A/R】

読み方:えーあーる

all risks海上保険で、全危険担保事故に対して最も広範囲に補償する保険


エー‐アール【AR】

読み方:えーあーる

augmented reality》⇒拡張現実


エー‐アール【AR】


アーティフィシャルリアリティ

別名:人工現実人工現実感
【英】Artificial Reality, AR

アーティフィシャルリアリティとは、コンピュータセンサー五感に対する各種表示装置等を駆使することによって得られる人工的に構成され現実感のことである。

この用語は、マイロン・クルーガ(Myron Krueger)が、1974年発表した博士論文起源とし、1983年出版したArtificial Reality』という書籍によって世の中知られるようになった。ARと表記されることもある。

現実感のあるメディアとして、視覚聴覚などの複数感覚を活用するメディア存在している。アーティフィシャルリアリティは、このような感覚の種類という側面に加えてユーザーから対象への働きかけに対してフィードバック得られるようなシステム構成することにより、よりリアルな、あるいは、全く別のメディア作ることできること示した

当初はインタラクティブアート側面から語られていたが、現在ではバーチャルリアリティ仮想現実)と融合した意味で用いられることが多い。また、アート以外にもゲームやユーザーインターフェースなどの分野とも深い関わりがあり、SF映画などテーマとして多くの登場例がある。

高度な人工現実実現のための高速な演算装置視覚効果のための3次元表示装置対話型操作実現するための触覚センサー位置センサー加速度センサー圧力センサーネットワークなどの各種デバイスはもちろんのこと、これらを制御するソフトウエアシステムがフルに活用される

アーティフィシャルリアリティには、実際には存在しないものが人工的に構成され実際にそこにあるかのように感じられるまた、自分あたかもそこにいるのような没入感があるといった特徴がある。さらに、単なる現実シミュレーションではなく現実情報人工情報遠隔地情報などが合成され世界や、全く別の現実人工的に創造しようという試みもある。実用面では、人工現実支援による医療遠隔手術身体内部映像合成による医療支援等)、災害復旧危険地域において復旧作業ロボット遠隔地から操作)などへのさまざまな応用考えられている。

先端技術のほかの用語一覧
ナノテクノロジー:  単層カーボンナノチューブ  電子顕微鏡
バーチャルリアリティー:  ARメガネ  アーティフィシャルリアリティ  プレゼンス技術  フォースフィードバック  フローティングタッチディスプレイ

自己回帰モデル

読み方じこかいきもでる
【英】:autoregressive (AR) model

x_{t} \,\mbox{E}(x_{t})=0 \,弱定常過程とし,\varepsilon_{t} \,\mbox{E}(\varepsilon_{t})=0 \,,\mbox{V}(\varepsilon_{t})=\sigma^{2} \,,\mbox{E}(\varepsilon_{t}\varepsilon_{s})=0 \, (t \ne s) \,ホワイトノイズとする.x_{t} \,x_{t}=\phi_{1}x_{t-1}+\cdots+\phi_{p}x_{t-p}+\varepsilon_{t} \,表現できるとき, このモデル次数 p \, の自己回帰モデルと呼び,\mbox{AR}(p) \, モデル略記する.AR という用語は x_{t} \,自身の過去の値に回帰することに由来し,AR モデル理解しやすい構造をもっている.


物質
アルゴン
英語名
Argon
元素記号
Ar
原子番号
18
分子量
39.948
発見
1894年
原子半径(Å)
1.91
融点(℃)
-189.2
沸点(℃)
-185.9
密度(g/cm3
1.784
比熱(cal/g ℃)
0.125
イオン化エネルギー(eV)
15.759
電子親和力(eV)
0


Ar

名前 アル

.ar

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/23 19:19 UTC 版)

.ar国別コードトップレベルドメインccTLD)の一つで、アルゼンチンに割り当てられている。管理はアルゼンチン外務省が行っている。






「.ar」の続きの解説一覧

AR

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/02 15:45 UTC 版)

ARArar




「AR」の続きの解説一覧

AR

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/06/09 01:59 UTC 版)

ハードボイルド2」の記事における「AR」の解説

ビッグボーナス後に1/2の確率アシストリプレイタイム突入する通常150ゲーム終了するが、1/116(ART突入の1/58)の確率1000ゲーム継続する。AR1000に当選した画面エイリやん出現する。AR終了後成立したボーナス全て放出しビッグボーナスはすべてハイパービッグになる。

※この「AR」の解説は、「ハードボイルド2」の解説の一部です。
「AR」を含む「ハードボイルド2」の記事については、「ハードボイルド2」の概要を参照ください。


AR

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/03/08 23:04 UTC 版)

ハイパーリミックス3」の記事における「AR」の解説

ビッグボーナス後に1/3の確率アシストリプレイタイム突入する前作と比べて突入率は下がったが、逆にAR1000ゲームの確率グンと上がった

※この「AR」の解説は、「ハイパーリミックス3」の解説の一部です。
「AR」を含む「ハイパーリミックス3」の記事については、「ハイパーリミックス3」の概要を参照ください。


AR(0)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 01:42 UTC 版)

自己回帰モデル」の記事における「AR(0)」の解説

ホワイトノイズ (AR(0)) については以下のうになる。 S ( f ) = σ Z 2 . {\displaystyle S(f)=\sigma _{Z}^{2}.}

※この「AR(0)」の解説は、「自己回帰モデル」の解説の一部です。
「AR(0)」を含む「自己回帰モデル」の記事については、「自己回帰モデル」の概要を参照ください。


AR(1)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 01:42 UTC 版)

自己回帰モデル」の記事における「AR(1)」の解説

AR(1) については以下のうになる。 S ( f ) = σ Z 2 | 1 − φ 1 e − 2 π i f | 2 = σ Z 2 1 + φ 1 2 − 2 φ 1 cos ⁡ 2 π f {\displaystyle S(f)={\frac {\sigma _{Z}^{2}}{|1-\varphi _{1}e^{-2\pi if}|^{2}}}={\frac {\sigma _{Z}^{2}}{1+\varphi _{1}^{2}-2\varphi _{1}\cos 2\pi f}}} もし φ 1 > 0 {\displaystyle \varphi _{1}>0} ならば、スペクトルf = 0 において単峰で、レッドノイズ呼ばれる。 φ 1 {\displaystyle \varphi _{1}} が1に近ければ低周波においてパワー強くなる。つまり時間ラグ大きくなる。これはローパスフィルタであり、フルスペクトル光に適用された時、赤の波長除いてすべてがフィルタリングされる。 もし φ 1 < 0 {\displaystyle \varphi _{1}<0} ならば、スペクトルf = 0 において最小値取りブルーノイズ呼ばれる。これはハイパスフィルタのように振る舞い、青の波長除いてすべてがフィルタリングされる。

※この「AR(1)」の解説は、「自己回帰モデル」の解説の一部です。
「AR(1)」を含む「自己回帰モデル」の記事については、「自己回帰モデル」の概要を参照ください。


AR(2)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 01:42 UTC 版)

自己回帰モデル」の記事における「AR(2)」の解説

AR(2) 過程特性方程式の根に依存する3つのグループ分割されるz 1 , z 2 = 1 2 ( φ 1 ± φ 1 2 + 4 φ 2 ) {\displaystyle z_{1},z_{2}={\frac {1}{2}}\left(\varphi _{1}\pm {\sqrt {\varphi _{1}^{2}+4\varphi _{2}}}\right)} φ 1 2 + 4 φ 2 < 0 {\displaystyle \varphi _{1}^{2}+4\varphi _{2}<0} の時、過程は複素共役根のペアを一つ持ち、中周波でピークを作る。 f ∗ = 1 2 π cos − 1 ⁡ ( φ 1 ( φ 2 − 1 ) 4 φ 2 ) {\displaystyle f^{*}={\frac {1}{2\pi }}\cos ^{-1}\left({\frac {\varphi _{1}(\varphi _{2}-1)}{4\varphi _{2}}}\right)} そうでなければ実数根を持ち、 φ 1> 0 {\displaystyle \varphi _{1}>0} の時、 f = 0 {\displaystyle f=0} で頂点を持つホワイトノイズに対するローパスフィルタのように振る舞い、 φ 1 < 0 {\displaystyle \varphi _{1}<0} の時、 f = 1 / 2 {\displaystyle f=1/2} で頂点を持つホワイトノイズに対するハイパスフィルタのように振る舞う。 根が単位円外側にある時、この過程定常である。根が単位円内側にある、もしくは同じことだが係数三角形 − 1 ≤ φ 2 ≤ 1 − | φ 1 | {\displaystyle -1\leq \varphi _{2}\leq 1-|\varphi _{1}|} の内部にある時安定である。完全なパワースペクトル密度関数は以下のように表される。 S ( f ) = σ Z 2 1 + φ 1 2 + φ 2 2 − 2 φ 1 ( 1 − φ 2 ) cos ⁡ ( 2 π f ) − 2 φ 2 cos ⁡ ( 4 π f ) {\displaystyle S(f)={\frac {\sigma _{Z}^{2}}{1+\varphi _{1}^{2}+\varphi _{2}^{2}-2\varphi _{1}(1-\varphi _{2})\cos(2\pi f)-2\varphi _{2}\cos(4\pi f)}}}

※この「AR(2)」の解説は、「自己回帰モデル」の解説の一部です。
「AR(2)」を含む「自己回帰モデル」の記事については、「自己回帰モデル」の概要を参照ください。


AR (アサルト・ライフル)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/15 09:16 UTC 版)

IMI ガリル」の記事における「AR (アサルト・ライフル)」の解説

キャリングハンドルとバイポッド省略、それに連なる栓抜きハンドガードから栓抜き省略した設計のセンサテック・ポリマー樹脂ハンド・ガード装着するモデル現行イスラエル国防軍国外輸出ライセンス生産品では、ARMよりもこのモデルの方一般的である。

※この「AR (アサルト・ライフル)」の解説は、「IMI ガリル」の解説の一部です。
「AR (アサルト・ライフル)」を含む「IMI ガリル」の記事については、「IMI ガリル」の概要を参照ください。


AR(拡張現実)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 01:16 UTC 版)

ニンテンドー3DS」の記事における「AR(拡張現実)」の解説

ニンテンドーDSi専用ソフトにもカメラ活用したものがあるが、3DSではさらに強化されカメラ撮影した空間ゲームのグラフィック合成する拡張現実表現可能になる本体にはARを体験できるミニゲーム集『ARゲームズ』が内蔵される

※この「AR(拡張現実)」の解説は、「ニンテンドー3DS」の解説の一部です。
「AR(拡張現実)」を含む「ニンテンドー3DS」の記事については、「ニンテンドー3DS」の概要を参照ください。


Ar

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/27 00:26 UTC 版)

朝霞自衛官殺害事件」の記事における「Ar」の解説

第一審懲役15年第二審懲役14年の刑が確定した

※この「Ar」の解説は、「朝霞自衛官殺害事件」の解説の一部です。
「Ar」を含む「朝霞自衛官殺害事件」の記事については、「朝霞自衛官殺害事件」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「.ar」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「.ar」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



.arと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

.arのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



.arのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリアーティフィシャルリアリティの記事を利用しております。
拡張子辞典拡張子辞典
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ.arの記事を利用しております。
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
日本オペレーションズ・リサーチ学会日本オペレーションズ・リサーチ学会
Copyright (C) 2022 (社)日本オペレーションズ・リサーチ学会 All rights reserved.
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
パチンコビレッジパチンコビレッジ
Copyright(C)pachinkovillage.Co.,Ltd. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの.ar (改訂履歴)、AR (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのハードボイルド2 (改訂履歴)、ハイパーリミックス3 (改訂履歴)、自己回帰モデル (改訂履歴)、IMI ガリル (改訂履歴)、ニンテンドー3DS (改訂履歴)、朝霞自衛官殺害事件 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS