.arとは?

アーティフィシャルリアリティ

別名:人工現実人工現実感
【英】Artificial Reality, AR

アーティフィシャルリアリティとは、コンピュータセンサー五感対す各種表示装置等を駆使することによって得られる、人工的構成された現実感のことである。

この用語は、マイロン・クルーガ(Myron Krueger)が、1974年発表した博士論文起源とし、1983年出版した『Artificial Reality』という書籍によって世の中に知られるようになった。ARと表記されることもある。

現実感のあるメディアとして、視覚聴覚などの複数感覚活用するメディア存在している。アーティフィシャルリアリティは、このような感覚の種類という側面加えてユーザーから対象への働きかけに対してフィードバックが得られるようなシステム構成することにより、よりリアルな、あるいは、全く別のメディア作ることができることを示した。

当初は、インタラクティブアート側面から語られていたが、現在では、バーチャルリアリティ仮想現実)と融合した意味で用いられることが多い。また、アート以外にも、ゲームやユーザーインターフェースなどの分野とも深い関わりがあり、SF映画などのテーマとして多く登場例がある。

高度な人工現実実現のための高速演算装置視覚効果のための3次元表示装置対話型操作実現するための触覚センサー位置センサー加速度センサー圧力センサーネットワークなどの各種デバイスもちろんのこと、これらを制御するソフトウエアシステムがフル活用される。

アーティフィシャルリアリティには、実際に存在しないものが人工的構成され、実際にそこにあるかのように感じられる。また、自分あたかもそこにいるかのような没入感があるといった特徴がある。さらに、単なる現実シミュレーションではなく現実情報人工情報遠隔地情報などが合成された世界や、全く別の現実人工的創造しようという試みもある。実用面では、人工現実支援による医療遠隔手術身体内部映像合成による医療支援等)、災害復旧(危険地域において復旧作業ロボット遠隔地から操作)などへのさまざまな応用考えられている。

先端技術のほかの用語一覧
ナノテクノロジー:  単層カーボンナノチューブ  電子顕微鏡
バーチャルリアリティー:  ARメガネ  アーティフィシャルリアリティ  プレゼンス技術  フォースフィードバック  フローティングタッチディスプレイ

.ar

読み方エーアール

.arとは、ファイル圧縮解凍ソフト「AR.EXE」によって圧縮されたファイルに付く拡張子のことである。

AR.EXEは、LHAファイル開発に携わった奥村晴彦氏によって実験的制作され、Terran Melconian氏の調整経て実用化された。LHA同等圧縮率をもつが、それほど普及ていない


【AR】(えーあーる)

Alert Readyの略。和訳するとアラート可能態勢。
航空自衛隊における戦闘機パイロット技量を示す区分一つ
アラート待機に就き対領空侵犯措置が行える技量があることを証明する区分TRからORに昇格すると、自動的にARが付随される。

さらに経験を積んだパイロットCR昇格される。


自己回帰モデル

読み方じこかいきもでる
【英】:autoregressive (AR) model

x_{t} \,\mbox{E}(x_{t})=0 \,弱定常過程とし,\varepsilon_{t} \,\mbox{E}(\varepsilon_{t})=0 \,,\mbox{V}(\varepsilon_{t})=\sigma^{2} \,,\mbox{E}(\varepsilon_{t}\varepsilon_{s})=0 \, (t \ne s) \,ホワイトノイズとする.x_{t} \,x_{t}=\phi_{1}x_{t-1}+\cdots+\phi_{p}x_{t-p}+\varepsilon_{t} \,表現できるとき, このモデル次数 p \, の自己回帰モデルと呼び,\mbox{AR}(p) \, モデル略記する.AR という用語は x_{t} \,自身過去の値に回帰することに由来し,AR モデル理解しやすい構造をもっている.


アルゴン

分子式Ar
その他の名称:Argon、Ar
体系名:アルゴン


物質
アルゴン
英語名
Argon
元素記号
Ar
原子番号
18
分子量
39.948
発見
1894年
原子半径(Å)
1.91
融点(℃)
-189.2
沸点(℃)
-185.9
密度(g/cm3
1.784
比熱(cal/g ℃)
0.125
イオン化エネルギー(eV)
15.759
電子親和力(eV)
0


Ar

名前 アル

.ar

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/23 19:19 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
.ar
施行 1987年
TLDの種類 国別コードトップレベルドメイン
現在の状態 利用可
管理団体 NIC Argentina
後援組織 アルゼンチン外務省
利用地域 アルゼンチンに関係する団体・個人
使用状況 アルゼンチンではよく使われている。
登録の制限 連絡先住所はアルゼンチン国内にある必要があるが、外国人でも登録可能。いくつかのサブドメインは登録条件あり。
階層構造 原則第三レベルドメインの登録のみ。
関連文書 ドメイン登録の政府決議
ウェブサイト NIC Argentina
テンプレートを表示

.ar国別コードトップレベルドメインccTLD)の一つで、アルゼンチンに割り当てられている。管理はアルゼンチン外務省が行っている。

サブドメイン

一部例外を除いて全て、以下のような種別を表す第二レベルの下での登録となっている[1]

例外として:

は第二レベルでの登録である。

外部リンク


AR

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/05/08 08:26 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

ARArar

単位・記号

正式名称

略語・略称

普通名詞・術語

固有名詞

コード・形式名

コード

形式名

フィクションのことがら

関連項目




.arと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「.ar」の関連用語

.arのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



.arのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2020 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリアーティフィシャルリアリティの記事を利用しております。
拡張子辞典拡張子辞典
Copyright © 2005-2020 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ.arの記事を利用しております。
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
日本オペレーションズ・リサーチ学会日本オペレーションズ・リサーチ学会
Copyright (C) 2020 (社)日本オペレーションズ・リサーチ学会 All rights reserved.
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
パチンコビレッジパチンコビレッジ
Copyright(C)pachinkovillage.Co.,Ltd. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの.ar (改訂履歴)、AR (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS