.atとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 工業 > 装置 > 装置 > .atの意味・解説 

エー‐ティー【AT】


エー‐ティー【AT】


エー‐ティー【AT】


アト【at】

《(ドイツ)Atmosphärendruck》圧力単位。1アトは98066.5パスカル


エー‐ティー【AT】


エー‐ティー【AT】


アット【@】

《at/(ラテン)ad

単価…で、…につきの意を表す記号単価記号

電子メールアドレスで、ユーザー名ドメイン名の間を区切る符号アットマーク


エー‐ティー【AT】

anti-tank対戦車の、という意味を表す語。


エー‐ティー【AT】


AT

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

アルトレノゲスト

分子式C21H26O2
その他の名称:アリルトレンボロン、Allyltrenbolone、R-2267、DRC-6246、AT、17α-Allyl-17-hydroxy-estra-4,9,11-trien-3-one、アルトレノゲスト、Altrenogest、Regumate、レグマート
体系名:17α-アリル-17-ヒドロキシ-エストラ-4,9,11-トリエン-3-オン


アスタチン

分子式At
その他の名称:Astatine、At
体系名:アスタチン


アスタチン

分子式At
その他の名称:Astatine、At
体系名:アスタチン


物質
アスタチン
英語名
Astatine
元素記号
At
原子番号
85
分子量
210
発見
1940年
原子半径(Å)
1.45
電子親和力(eV)
2.8


血管拡張性失調症

英訳・(英)同義/類義語:Ataxia telangiectasia (AT)

細胞周期調節するチェックポイントのうち、DNA損傷チェックポイント関与するp53キナーゼ欠損により、放射線に高感受性となって発がん頻度上昇する疾患

無酸素性代謝閾値

読み方むさんそせいたいしゃいきち
別名:無酸素性作業閾値
【英】:anaerobics threshold,AT

運動の強さ増していくとき、筋肉エネルギー消費に必要な酸素供給が追いつかなくなり、血液中の乳酸が急激に増加し始める強度の値。

 軽い運動から運動の強さ徐々に増していくとき、有酸素運動から無酸素運動切り替わる転換点となる運動強度レベルのこと。英語ではAnaerobics Threshold: ATといい、日本語では無酸素性作業閾値ともいいます。
 あまり激しくない運動では筋収縮エネルギー産生するときに酸素消費されます(有酸素運動)。一方激し運動では酸素供給が追いつかなくなり、筋収縮のためのエネルギー産生解糖系嫌気的代謝)が中心となります(無酸素運動)。解糖系では糖質ピルビン酸代謝されます。ピルビン酸アセチルCoAとなり有酸素運動消費されない場合ピルビン酸乳酸分解されます。このエネルギー発生のしくみを乳酸機構といい、これによって血液中の乳酸濃度上がり始め手前運動強度限界点が、概念的にATととらえられています。
 最近ではより具体的な指標として、乳酸作業閾値Lactate ThresholdLT)、換気性作業閾値Ventilation ThresholdVT)、血中乳酸蓄積開始点(Onset of Blood Lactate Accumulation:OBLA )などを用いるようになってきていますが、これらを総称したものをATと呼んでいる場合あります
 トレーニングを積んだ運動選手などでは、心肺機能強化されて酸素取り入れ能力が高いため、より強い運動でも酸素不足になりにくく、ATが高くなります。


AT(えーてぃー)


.at

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/23 19:23 UTC 版)

.at国別コードトップレベルドメイン(ccTLD)の一つで、オーストリアに割り当てられている。NIC.ATが管理している。






「.at」の続きの解説一覧

AT

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/28 00:59 UTC 版)

AT, Atat




「AT」の続きの解説一覧

みなとみらい東急スクエア

(.at から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/06 08:07 UTC 版)

みなとみらい東急スクエア(みなとみらいとうきゅうスクエア)は、神奈川県横浜市西区みなとみらい二丁目のクイーンズスクエア横浜内にあるショッピングセンター。運営は株式会社東急モールズデベロップメントとその子会社である株式会社みなとみらい東急スクエア[注 1]が共同で行う[2]




注釈

  1. ^ 旧:株式会社クイーンズイースト。1997年2月に「株式会社よこはま東急百貨店」として設立、2004年6月「株式会社クイーンズイースト」に商号変更、さらに2018年1月、現名称に再度商号変更となった[5]
  2. ^ 旧:よこはま東急百貨店
  3. ^ タカナシ乳業グループの直営レストラン(同社グループ初展開)[11][12]
  4. ^ 旧[アット!]の時代には、「3rd」と「ステーションコア」が当初エリア区分けされておらず「3rd」という一つの括りであったが、みなとみらい線の開通に伴いエリア構成が変更され、同時に“at!”のロゴもリニューアルされた経緯がある。なお、旧[アット!]の「1st」は2010年4月17日にリニューアルされ、「MINATOMIRAI 109」(ミナトミライ イチマルキュー)としてオープンしたこともあった[14]が、同ブランドは後に廃止されている[15]

出典

  1. ^ a b c d e f g h i 「みなとみらい東急スクエア」へのリニューアルの開業日が決定/詳細情報 (PDF) (株式会社東急モールズデベロップメント:ニュースリリース 2017年7月31日)
  2. ^ a b みなとみらい東急スクエア:会社概要(公式サイト内)
  3. ^ クイーンズスクエア横浜 公式サイト:アクセス
  4. ^ a b 株式会社みなとみらい東急スクエア 第24期決算公告
  5. ^ a b クイーンズイースト 社名変更へ(神奈川新聞〈カナロコ〉 2017年12月29日)
  6. ^ 「クイーンズスクエア横浜[アット!]」と「クイーンズイースト」を統合し、2017年秋に「みなとみらい東急スクエア」としてリニューアル/詳細情報 (PDF) (株式会社東急モールズデベロップメント:ニュースリリース 2017年4月26日)
  7. ^ 2017年秋に「みなとみらい東急スクエア」が誕生 「クイーンズスクエア横浜[アット!]」と「クイーンズイースト」が統合(ヨコハマ経済新聞 2017年4月26日)
  8. ^ a b c 商業施設「みなとみらい東急スクエア」シェイクシャック、スタージュエリー ガールが神奈川県初出店(ファッションプレス 2017年10月2日)
  9. ^ a b c 「みなとみらい東急スクエア」がグランドオープン!15店舗が新規出店(All About NEWS 2017年10月27日)
  10. ^ a b c 「みなとみらい東急スクエア」グランドオープンの初日の様子をレポート!(はまれぽ.com 2017年10月27日)
  11. ^ TAKANASHI Milk RESTAURANT(タカナシミルクレストラン) 公式サイト
  12. ^ 毎日行列! みなとみらい「タカナシミルクレストラン」に潜入!(はまれぽ.com 2017年12月16日)
  13. ^ a b みなとみらい東急スクエアの店舗(テナント)一覧!10月27日にグランドオープン(はまこれ横浜 2017年9月26日)
  14. ^ みなとみらいに「マルキュー」-MINATOMIRAI 109が4月に誕生(ヨコハマ経済新聞 2010年2月5日)
  15. ^ みなとみらいに「109」がやって来た!(All About 2010年4月23日)


「みなとみらい東急スクエア」の続きの解説一覧



.atと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

.atのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



.atのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
オムロン株式会社オムロン株式会社
© Copyright OMRON Corporation 1996-2021. All Rights Reserved.
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
JabionJabion
Copyright (C) 2021 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
厚生労働省厚生労働省
(C)2021 Ministry of Health, Labour and Welfare, All Right reserved.
e-ヘルスネット
VOL-NetVOL-Net
Copyright(C) 2002-2021 声を聴き合う患者たち&ネットワーク「VOL-Net」. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの.at (改訂履歴)、AT (改訂履歴)、みなとみらい東急スクエア (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS