.ilとは?

アイ‐エル【IL】


自立生活運動(IL) Independent Living movement

アメリカバークレイ身体障害がある人たちが自分たちだけで暮らす試み始めたのが最初
資金集め方や支援グループ組織仕方など、自立生活を成立させるにはさまざまな課題あります
仲間同士ネットワーク形成、他の地域での生活の経を参考にするなどして困難さを軽減していく事が可能としてます。

強熱減量(IL)

試料105110蒸発乾固したときに残る物質蒸発残留物といい、強熱減量とはこの蒸発残留物をさらに600灰化したときに揮散する物質のことをいいます。強熱減量は水中有機物量の目安となります。また、浮遊物SS)の強熱減量をVSSといい、水中有機浮遊物量の目安となります。富栄養化関連では、強熱減量やVSS藻類発生量を推定する指標として用いられます。

インターロイキン(Interleukin / IL)

抗原刺激などによりリンパ球などから放出される細胞伝達物質IL-1IL-2IL-3などが発見されている。IL-1マクロファージから放出されリンパ球活性化するIL-2、3などはT細胞から放出され、T細胞増殖促進活性化作用を示す。臓器移植における免疫抑制療法ではIL-2制御が重要とされている。

Il

名前 イル

.il

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/20 00:16 UTC 版)

.il国別コードトップレベルドメインccTLD)の一つで、イスラエルに割り当てられている。イスラエルインターネット協会英語版が管理し、NIC - ISRAELによって運営されている。NIC - ISRAELは、IPv4とIPv6に対応するDNSルートサーバをホストするイスラエル・インターネット・エクスチェンジを管理している[1][2]




  1. ^ a b IANA's Delegation Record, at the bottom of the page.
  2. ^ a b About Us”. Israel Internet Association - ISOC-IL. 2014年6月10日閲覧。
  3. ^ Delegation Record for .US”. IANA. 2014年6月10日閲覧。
  4. ^ Delegation Record for .UK”. IANA. 2014年6月10日閲覧。
  5. ^ OpenNet Initiative - Internet Filtering in the United Arab Emirates in 2004-2005: A Country Study
  6. ^ IDN ccTLD Form of Interest - Israel”. ICANN. 2012年2月25日閲覧。
  7. ^ ".ישראל " – New Israeli country code top-level domain (ccTLD)”. ISOC. 2020年6月16日閲覧。
  8. ^ ICANN Announces Successful String Evaluation for Israel IDN ccTLD”. ICANN. 2020年6月16日閲覧。
  9. ^ Rules for the Allocation of Domain Names Under the Israel Country Code Top Level Domain ("IL ")”. Israel Internet Association - ISOC-IL (2010年8月). 2014年6月10日閲覧。
  10. ^ Hebrew Domain Names Archived 10 August 2014 at the Wayback Machine.


「.il」の続きの解説一覧

I.L

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/11/15 14:13 UTC 版)

I.L』(アイエル)は、手塚治虫による日本の各回読み切りの漫画。「ビッグコミック」(小学館)にて1969年8月から1970年3月にかけて連載された。






「I.L」の続きの解説一覧

IL

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/06 05:05 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

IL

関連項目





.ilと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「.il」の関連用語

.ilのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



.ilのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
財団法人和歌山県人権啓発センター財団法人和歌山県人権啓発センター
Copyright (C) 2021 財団法人和歌山県人権啓発センター All rights reserved.
大光電機大光電機
Copylight 2021.DAIKO ELECTRIC CO.,LTD.All rights reserved.
京浜河川事務所京浜河川事務所
Copyright (C) 2021 京浜河川事務所 All rights reserved.
トランスプラント・コミュニケーション [臓器移植の情報サイト]トランスプラント・コミュニケーション [臓器移植の情報サイト]
© 1996-2008 Transplant Communication All Rights Reserved (Unless otherwise noted.)
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの.il (改訂履歴)、I.L (改訂履歴)、IL (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS