.ilとは?

自立生活運動(IL) Independent Living movement

アメリカバークレイ身体障害がある人たちが自分たちだけで暮らす試み始めたのが最初
資金集め方や支援グループ組織仕方など、自立生活を成立させるにはさまざまな課題あります
仲間同士ネットワーク形成、他の地域での生活の経を参考にするなどして困難さを軽減していく事が可能としてます。

強熱減量(IL)

試料105110蒸発乾固したときに残る物質蒸発残留物といい、強熱減量とはこの蒸発残留物をさらに600で灰化したときに揮散する物質のことをいいます。強熱減量は水中有機物量の目安となります。また、浮遊物SS)の強熱減量をVSSといい、水中有機浮遊物量の目安となります。富栄養化関連では、強熱減量やVSS藻類発生量を推定する指標として用いられます。

インターロイキン(Interleukin / IL)

抗原刺激などによりリンパ球などから放出される細胞伝達物質IL-1IL-2IL-3などが発見されている。IL-1マクロファージから放出されリンパ球活性化するIL-2、3などはT細胞から放出され、T細胞増殖促進活性化作用を示す。臓器移植における免疫抑制療法ではIL-2制御が重要とされている。

Il

名前 イル

.il

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2011/06/13 01:09 UTC 版)

.il
イスラエルの旗
施行 1985年
TLDの種類 国別コードトップレベルドメイン
現在の状態 利用可
管理団体 Israel Internet Association
後援組織 Internet Society of Israel
利用地域 イスラエルに関係する団体・個人
使用状況 イスラエルでは広く使われている。
登録の制限 制限は第二レベルドメインの種類により異なる。
階層構造 未登録の第二レベルドメインの下の第三レベルドメインにも登録される。
ウェブサイト ISOC-IL: Domains
  

.il国別コードトップレベルドメインccTLD)の一つで、イスラエルに割り当てられている。Israel Internet Associationが管理している。

.ilドメインは最も早く登録されたccTLDの一つである。.us.ukに続き、1985年10月24日に登録が始められた。

目次

第二レベルドメイン

8種類の第二レベルドメインがある。

アラブ首長国連邦の検閲

アラブ首長国連邦のインターネットサービスプロバイダであるEtisalatは、第一レベルドメインが.ilのウェブサイトを全てブロックしている[1]

外部リンク

出典


I.L

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/11/15 14:13 UTC 版)

漫画:I.L
作者 手塚治虫
出版社 小学館
掲載誌 ビッグコミック
発表期間 1969年8月 - 1970年3月
テンプレート - ノート 

I.L』(アイエル)は、手塚治虫による日本の各回読み切りの漫画。「ビッグコミック」(小学館)にて1969年8月から1970年3月にかけて連載された。

目次

概要

当初は風俗漫画の予定であったが、結局は大人のためのメルヘンとして構想された。 『I.L』という謎めいたタイトルは、もともと手塚自身がI'll(私は~であろう)とするつもりだったにもかかわらず、出版社のミスでこのようになり、手塚がヒロインの名前に「I.L」を使って難を切り抜けたという。 手塚作品の中では、失敗作として挙げられることも多いが大林宣彦により「天才の失敗作は、凡人の成功作よりも遥かに魅力的である。」として評価された。

あらすじ

実験映画の全盛期に反発する伊万里大作は、やけくそで実験映画のパロディーを作って廃業に追い込まれる。 面白くない気分で街をぶらついているうちに、怪しい家屋に引き寄せられ、その中でアルカード伯爵と名乗る怪人物(実はDraculaのアナグラムで吸血鬼)から、現実社会がもっと神秘的なものとなるように、この世の陰の演出家を勤めてほしい、と強引に言い渡される。 そして姪だという不思議な乙女、I.Lが委ねられる。 I.Lは棺桶にこもって、誰にでも変身することのできる女だった……。

単行本

外部リンク


IL

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/10 10:16 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

IL




.ilと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「.il」の関連用語

.ilのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



.ilのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
財団法人和歌山県人権啓発センター財団法人和歌山県人権啓発センター
Copyright (C) 2019 財団法人和歌山県人権啓発センター All rights reserved.
大光電機大光電機
Copylight 2019.DAIKO ELECTRIC CO.,LTD.All rights reserved.
京浜河川事務所京浜河川事務所
Copyright (C) 2019 京浜河川事務所 All rights reserved.
トランスプラント・コミュニケーション [臓器移植の情報サイト]トランスプラント・コミュニケーション [臓器移植の情報サイト]
© 1996-2008 Transplant Communication All Rights Reserved (Unless otherwise noted.)
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの.il (改訂履歴)、I.L (改訂履歴)、IL (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS