.mrとは? わかりやすく解説

ミスター【Mister/Mr.】

読み方:みすたー

男性の姓または姓名前に付け敬称。氏。

地名や団体、職業物事などの上に付けて、それを代表する男性その分野功績ある男性。「—社会部」「—年金


エム‐アール【MR】


エム‐アール【MR】

読み方:えむあーる

mixed reality》⇒ミクストリアリティー


エム‐アール【MR】

読み方:えむあーる

magnetoresistance》⇒磁気抵抗効果


エム‐アール【MR】

読み方:えむあーる

mitral regurgitation》⇒僧帽弁閉鎖不全症


エム‐アール【MR】


複合現実

読み方ふくごうげんじつ
別名:ミクストリアリティミクストリアリティー
【英】MR, Mixed Reality

複合現実とは、現実世界仮想現実VR)を融合させ、現実虚構のどちらにも区分できない双方入り交じった新たな空間表現実現する映像技術総称である。

複合現実は、拡張現実AR)を包含する上位概念として捉えられる。複合現実の実現例として想定される技術も、拡張現実呼べる範囲内ものである場合少なくない。ただし複合現実の概念には、仮想現実とは逆に仮想世界現実世界組み込む方式視覚技術なども含まれるいずれも現実世界リアルタイム呼応し合う、あるいは相互に影響しあうような要素共通点としてある。

Microsoftは、複合現実を「仮想現実物理的実体間にある壁を取り払うこと」と定義している。

複合現実はあくまでも現実世界土台とする。その点で、いかにリアルで非現実世界対象とする仮想現実とは異なる。

なお仮想現実VR)は、現実感伴って体験されるものの、構築され世界はあくまで非現実世界あるため、複合現実や拡張現実とは別種概念と捉えられる

2016年半ば現在、複合現実は注目次世代技術として多くの話題集めている。


参照リンク
複合現実 (MR) の幕開け -Windows Holographicをパートナーに公開

こはく酸水素1-[α-(2-ベンゾフラニル)-p-ヨードベンジル]

分子式C19H15IO5
その他の名称M/R、Succinic acid hydrogen 1-[α-(2-benzofuranyl)-p-iodobenzyl] ester
体系名:こはく酸水素1-[α-(2-ベンゾフラニル)-p-ヨードベンジル]


.mr

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/21 01:15 UTC 版)

.mr国別コードトップレベルドメインccTLD)の一つで、モーリタニアに割り当てられている[1]。登録には直接現地で申し込むことが必要になり、第二レベルドメインに直接割り当てられる。ただし政府機関のみgov.mrに割り当てられ第三レベルドメインを使用する。




  1. ^ IANA .mr whois information(英語),2011-02-09閲覧。


「.mr」の続きの解説一覧

MR

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/21 06:10 UTC 版)

MR, Mr, mr




「MR」の続きの解説一覧

ミスター

(.mr から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/23 07:31 UTC 版)

ミスター英語: MisterMr. または Mr)は、英語における敬称の一つであり、男性のラストネーム(姓)またはフルネームに対して使用される。日本語における「〜様」や「〜先生」といったニュアンスがある。


注釈

  1. ^ 英語では[ˈmɛsərz][2][3]フランス語では[mesjø][2]と発音する。ただし、フランス語におけるmessieursの省略形はMessrsではなくMMである。インドでは、特に企業の名前の接頭辞として、messieursM/SM/sと略されているのをよく見かける[4]

出典

  1. ^ Abbreviations : Capital Letters and Abbreviations”. www.sussex.ac.uk. 2018年2月26日閲覧。
  2. ^ a b c Oxford English Dictionary, 3rd ed. "Messrs., n." Oxford University Press (Oxford), 2001.
  3. ^ Merriam-Webster Online Dictionary. "Messrs." Merriam-Webster (Springfield, 2015.
  4. ^ Sengupta, Sailesh. Business and Managerial Communication, p. 278 (PHI Learning Pvt. Ltd., 2011).
  5. ^ a b Oxford English Dictionary, 3rd ed. "messieurs, n." Oxford University Press (Oxford), 2001.
  6. ^ Royal College of Surgeons of England. “Questions about surgeons”. 2012年4月6日閲覧。
  7. ^ Sutherland, Douglas (1978). The English Gentleman. Debrett's Peerage Ltd.. ISBN 0-905649-18-4 


「ミスター」の続きの解説一覧

Mr.(ミスター)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/05 17:05 UTC 版)

敬称」の記事における「Mr.(ミスター)」の解説

既婚未婚を問わず男性に対して広く用いられる和訳は「様」「氏」「先生」など。

※この「Mr.(ミスター)」の解説は、「敬称」の解説の一部です。
「Mr.(ミスター)」を含む「敬称」の記事については、「敬称」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「.mr」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「MR」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

.mrのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



.mrのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
職業図鑑職業図鑑
All contents Copyright(C)2022 Foundation.,All rights reserved.
A six Japan職業図鑑
日本画像学会日本画像学会
Copyright (C) 2022 The Imaging Society of Japan All rights reserved.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ複合現実の記事を利用しております。
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの.mr (改訂履歴)、MR (改訂履歴)、ミスター (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの敬称 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS