.alとは?

AL

フルスペル:Artificial Life
読み方エーエル

ALとは、生物特徴進化仕組み遺伝メカニズムなどをあらかじめソフトウェア組み込むことによって、コンピュータ内で生命動きシミュレーションすることである。米サンタフェ研究所Christopher Langtonクリストファー・ラングトン)が1987年提唱した「人工生命宣言」に端を発した考え方である。

人工生命は、生物学化学コンピュータシミュレーション電子工学遺伝子工学、純粋に理論的実験などの様々な手段を用いることによって研究されており、複雑系の科学一分野に位置づけられる。

また、生命体の持つ自己保持成長複製増殖進化変異適応)など、生命体本質を「もの」として、素材そのもの個体集団そのものに問うのではなく振る舞い過程機能から定義づけることまで、見かけ上、同様の機能振る舞い見せプログラム電子的な機械などを「生命」と同義捉えることで、生命系の理解寄与しようという概念でもある。

具体的には、生命系の機能動作人工的持たせマイクロマシンなどの、機械製作コンピュータによるシミュレーション実験や、CG技術を用いた動植物成長表現原始地球模擬環境下での炭素生物創造など、多岐に渡る分野において応用されており、人工生命という概念は、従来単に生物学において「生命」と呼ばれていた概念変革をもたらしつつあるということができる。

さらに、振る舞い過程などをはじめ、経済現象社会現象までをも生命現象捉える考え方もあり、研究方法目的多岐にわたる学際的色彩の強い分野でもあると言える

なお、現在では、遺伝子構造して、擬似的にそのアルゴリズム実現するジェネリックアルゴリズムや、脳の構造したニューラルネットなど、様々な方法概念考案され、例えば、組み合わせ最適化問題一つである「巡回セールスマン問題」などへと応用されている。

情報と社会のほかの用語一覧
自然言語処理:  わかち書き
情報工学:  AI  AI変換  AL  アナログ  アナログコンピュータ  イミテーションゲーム

AL クラス

メモ : このクラスは、.NET Framework version 2.0 で新しく追加されたものです。

このクラスは、.NET Framework インフラストラクチャサポートします。独自に作成したコードから直接使用するためのものではありません。

AL タスク実装します。このタスク作成して実行するには、プロジェクト ファイルAL 要素使用します。使用法とパラメータ情報については、「AL (アセンブリ リンカ) タスク」を参照してください

名前空間: Microsoft.Build.Tasks
アセンブリ: Microsoft.Build.Tasks (microsoft.build.tasks.dll 内)
構文構文

継承階層継承階層
System.Object
   Microsoft.Build.Utilities.Task
     Microsoft.Build.Utilities.ToolTask
       Microsoft.Build.Tasks.ToolTaskExtension
        Microsoft.Build.Tasks.AL
スレッド セーフスレッド セーフ
この型の public static (Visual Basic では Shared) メンバはすべて、スレッド セーフです。インスタンス メンバ場合は、スレッド セーフであるとは限りません。
プラットフォームプラットフォーム
バージョン情報バージョン情報
参照参照

AL コンストラクタ

メモ : このコンストラクタは、.NET Framework version 2.0 で新しく追加されたものです。

このコンストラクタは、.NET Framework インフラストラクチャサポートします。独自に作成したコードから直接使用するためのものではありません。

AL クラス新しインスタンス初期化します。

名前空間: Microsoft.Build.Tasks
アセンブリ: Microsoft.Build.Tasks (microsoft.build.tasks.dll 内)
構文構文

.NET Framework のセキュリティ.NET Frameworkセキュリティ
プラットフォームプラットフォーム
バージョン情報バージョン情報

.NET Framework

サポート対象 : 2.0
参照参照

AL プロパティ


パブリック プロパティパブリック プロパティ

( プロテクト プロパティ参照)
  名前 説明
パブリック プロパティ AlgorithmId  
パブリック プロパティ BaseAddress  
パブリック プロパティ BuildEngine  タスクによって使用される IBuildEngine オブジェクトインスタンス取得または設定します。 ( Task から継承されます。)
パブリック プロパティ CompanyName  
パブリック プロパティ Configuration  
パブリック プロパティ Copyright  
パブリック プロパティ Culture  
パブリック プロパティ DelaySign  
パブリック プロパティ Description  
パブリック プロパティ EmbedResources  
パブリック プロパティ EvidenceFile  
パブリック プロパティ ExitCode  実行可能ファイルから返された終了コード取得します。 ( ToolTask から継承されます。)
パブリック プロパティ FileVersion  
パブリック プロパティ Flags  
パブリック プロパティ GenerateFullPaths  
パブリック プロパティ HostObject  タスク関連付けられているホスト オブジェクト取得または設定します。 ( Task から継承されます。)
パブリック プロパティ KeyContainer  
パブリック プロパティ KeyFile  
パブリック プロパティ LinkResources  
パブリック プロパティ Log  タスク ログ メソッド格納している TaskLoggingHelperExtension クラスインスタンス取得します。 ( ToolTaskExtension から継承されます。)
パブリック プロパティ MainEntryPoint  
パブリック プロパティ OutputAssembly  
パブリック プロパティ Platform  
パブリック プロパティ ProductName  
パブリック プロパティ ProductVersion  
パブリック プロパティ ResponseFiles  
パブリック プロパティ SourceModules  
パブリック プロパティ TargetType  
パブリック プロパティ TemplateFile  
パブリック プロパティ Timeout  実行可能なタスク終了してからの時間取得または設定します。 ( ToolTask から継承されます。)
パブリック プロパティ Title  
パブリック プロパティ ToolPath  実行する実行可能ファイルへのパス取得または設定します。 ( ToolTask から継承されます。)
パブリック プロパティ Trademark  
パブリック プロパティ Version  
パブリック プロパティ Win32Icon  
パブリック プロパティ Win32Resource  
プロテクト プロパティプロテクト プロパティ
  名前 説明
プロテクト プロパティ Bag  派生タスク クラス使用されるパラメータコレクション取得します。 ( ToolTaskExtension から継承されます。)
プロテクト プロパティ EnvironmentOverride  PATH 環境変数オーバーライド値を取得します。 ( ToolTask から継承されます。)
プロテクト プロパティ HelpKeywordPrefix  リソース名からヘルプ キーワードを作成するために使用するプレフィックス取得または設定します。 ( Task から継承されます。)
プロテクト プロパティ ResponseFileEncoding  応答ファイルEncoding取得します。 ( ToolTask から継承されます。)
プロテクト プロパティ StandardErrorEncoding  タスク標準エラー ストリームEncoding取得します。 ( ToolTask から継承されます。)
プロテクト プロパティ StandardErrorLoggingImportance  エラー記録するために使用する MessageImportance取得します。 ( ToolTask から継承されます。)
プロテクト プロパティ StandardOutputEncoding  タスク標準出力ストリームEncoding取得します。 ( ToolTask から継承されます。)
プロテクト プロパティ StandardOutputLoggingImportance  エラー記録するために使用する MessageImportance取得します。 ( ToolTask から継承されます。)
プロテクト プロパティ TaskResources  タスク関連付けられているカルチャ固有のリソース取得または設定します。 ( Task から継承されます。)
プロテクト プロパティ ToolName オーバーライドされます。  
参照参照

AL メソッド


パブリック メソッドパブリック メソッド

( プロテクト メソッド参照)
  名前 説明
パブリック メソッド Equals  オーバーロードされます。 2 つの Object インスタンス等しかどうか判断します。 ( Object から継承されます。)
パブリック メソッド Execute オーバーライドされます。  
パブリック メソッド GetHashCode  特定の型のハッシュ関数として機能します。GetHashCode は、ハッシュ アルゴリズムや、ハッシュ テーブルのようなデータ構造での使用に適しています。 ( Object から継承されます。)
パブリック メソッド GetType  現在のインスタンスType取得します。 ( Object から継承されます。)
パブリック メソッド ReferenceEquals  指定した複数Object インスタンス同一かどうか判断します。 ( Object から継承されます。)
パブリック メソッド ToString  現在の Object を表す String返します。 ( Object から継承されます。)
プロテクト メソッドプロテクト メソッド
  名前 説明
プロテクト メソッド AddCommandLineCommands  指定した CommandLineBuilderExtension に、コマンド ライン ツール応答ファイルからではなくコマンド ラインから実行する必要があるスイッチおよびその他の情報設定します。 ( ToolTaskExtension から継承されます。)
プロテクト メソッド AddResponseFileCommands オーバーライドされます。  
プロテクト メソッド CallHostObjectToExecute  タスクの処理を実行するホスト オブジェクト呼び出します。 ( ToolTask から継承されます。)
プロテクト メソッド ExecuteTool  一時応答 (.rsp) ファイル作成し、実行可能ファイル実行します。 ( ToolTask から継承されます。)
プロテクト メソッド Finalize  Objectガベージ コレクションにより収集される前に、その Objectリソース解放し、その他のクリーンアップ操作実行できるようにします。 ( Object から継承されます。)
プロテクト メソッド GenerateCommandLineCommands  コマンド ライン ツールが、応答ファイルからではなくコマンド ラインから直接実行する必要があるスイッチおよびその他の情報取得します。 ( ToolTaskExtension から継承されます。)
プロテクト メソッド GenerateFullPathToTool オーバーライドされます。  
プロテクト メソッド GenerateResponseFileCommands  応答ファイル指定するためにコマンド ライン ツール使用されるスイッチ取得します。 ( ToolTaskExtension から継承されます。)
プロテクト メソッド GetBoolParameterWithDefault  指定したブール型パラメータの値を取得します。 ( ToolTaskExtension から継承されます。)
プロテクト メソッド GetIntParameterWithDefault  指定した整数パラメータの値を取得します。 ( ToolTaskExtension から継承されます。)
プロテクト メソッド GetResponseFileSwitch  応答 (.rsp) ファイル指定するために実行可能ファイルによって使用されたコマンド ライン スイッチ返します。 ( ToolTask から継承されます。)
プロテクト メソッド GetWorkingDirectory  実行可能ファイル実行するディレクトリ返します。 ( ToolTask から継承されます。)
プロテクト メソッド HandleTaskExecutionErrors  実行可能ファイルによって生成された実行エラーを処理します。 ( ToolTask から継承されます。)
プロテクト メソッド InitializeHostObject  タスクホスト オブジェクト初期化します。 ( ToolTask から継承されます。)
プロテクト メソッド LogEventsFromTextOutput  単一行のテキスト解析して、標準形式エラーまたは警告識別します。 ( ToolTask から継承されます。)
プロテクト メソッド LogPathToTool  ツール名および登録されているすべての logger へのパス記録します。 ( ToolTask から継承されます。)
プロテクト メソッド LogToolCommand  実行開始点を登録されているすべての logger記録します。 ( ToolTask から継承されます。)
プロテクト メソッド MemberwiseClone  現在の Object簡易コピー作成します。 ( Object から継承されます。)
プロテクト メソッド SkipTaskExecution  タスク実行スキップする必要があるかどうか示します。 ( ToolTask から継承されます。)
プロテクト メソッド ValidateParameters  すべてのタスク パラメータが有効かどうか示します。 ( ToolTask から継承されます。)
参照参照

AL メンバ

AL タスク実装します。このタスク作成して実行するには、プロジェクト ファイルAL 要素使用します。使用法とパラメータ情報については、「AL (アセンブリ リンカ) タスク」を参照してください

AL データ型公開されるメンバを以下の表に示します。


パブリック コンストラクタパブリック コンストラクタ
  名前 説明
パブリック メソッド AL  
パブリック プロパティパブリック プロパティ
( プロテクト プロパティ参照)
  名前 説明
パブリック プロパティ AlgorithmId  
パブリック プロパティ BaseAddress  
パブリック プロパティ BuildEngine  タスクによって使用される IBuildEngine オブジェクトインスタンス取得または設定します。(Task から継承されます。)
パブリック プロパティ CompanyName  
パブリック プロパティ Configuration  
パブリック プロパティ Copyright  
パブリック プロパティ Culture  
パブリック プロパティ DelaySign  
パブリック プロパティ Description  
パブリック プロパティ EmbedResources  
パブリック プロパティ EvidenceFile  
パブリック プロパティ ExitCode  実行可能ファイルから返された終了コード取得します。(ToolTask から継承されます。)
パブリック プロパティ FileVersion  
パブリック プロパティ Flags  
パブリック プロパティ GenerateFullPaths  
パブリック プロパティ HostObject  タスク関連付けられているホスト オブジェクト取得または設定します。(Task から継承されます。)
パブリック プロパティ KeyContainer  
パブリック プロパティ KeyFile  
パブリック プロパティ LinkResources  
パブリック プロパティ Log  タスク ログ メソッド格納している TaskLoggingHelperExtension クラスインスタンス取得します。(ToolTaskExtension から継承されます。)
パブリック プロパティ MainEntryPoint  
パブリック プロパティ OutputAssembly  
パブリック プロパティ Platform  
パブリック プロパティ ProductName  
パブリック プロパティ ProductVersion  
パブリック プロパティ ResponseFiles  
パブリック プロパティ SourceModules  
パブリック プロパティ TargetType  
パブリック プロパティ TemplateFile  
パブリック プロパティ Timeout  実行可能なタスク終了してからの時間取得または設定します。(ToolTask から継承されます。)
パブリック プロパティ Title  
パブリック プロパティ ToolPath  実行する実行可能ファイルへのパス取得または設定します。(ToolTask から継承されます。)
パブリック プロパティ Trademark  
パブリック プロパティ Version  
パブリック プロパティ Win32Icon  
パブリック プロパティ Win32Resource  
プロテクト プロパティプロテクト プロパティ
  名前 説明
プロテクト プロパティ Bag  派生タスク クラス使用されるパラメータコレクション取得します。(ToolTaskExtension から継承されます。)
プロテクト プロパティ EnvironmentOverride  PATH 環境変数オーバーライド値を取得します。(ToolTask から継承されます。)
プロテクト プロパティ HelpKeywordPrefix  リソース名からヘルプ キーワードを作成するために使用するプレフィックス取得または設定します。(Task から継承されます。)
プロテクト プロパティ ResponseFileEncoding  応答ファイルEncoding取得します。(ToolTask から継承されます。)
プロテクト プロパティ StandardErrorEncoding  タスク標準エラー ストリームEncoding取得します。(ToolTask から継承されます。)
プロテクト プロパティ StandardErrorLoggingImportance  エラー記録するために使用する MessageImportance取得します。(ToolTask から継承されます。)
プロテクト プロパティ StandardOutputEncoding  タスク標準出力ストリームEncoding取得します。(ToolTask から継承されます。)
プロテクト プロパティ StandardOutputLoggingImportance  エラー記録するために使用する MessageImportance取得します。(ToolTask から継承されます。)
プロテクト プロパティ TaskResources  タスク関連付けられているカルチャ固有のリソース取得または設定します。(Task から継承されます。)
プロテクト プロパティ ToolName オーバーライドされます。  
パブリック メソッドパブリック メソッド
( プロテクト メソッド参照)
  名前 説明
パブリック メソッド Equals  オーバーロードされます。 2 つの Object インスタンス等しかどうか判断します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッド Execute オーバーライドされます。  
パブリック メソッド GetHashCode  特定の型のハッシュ関数として機能します。GetHashCode は、ハッシュ アルゴリズムや、ハッシュ テーブルのようなデータ構造での使用に適しています。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッド GetType  現在のインスタンスType取得します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッド ReferenceEquals  指定した複数Object インスタンス同一かどうか判断します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッド ToString  現在の Object を表す String返します。 (Object から継承されます。)
プロテクト メソッドプロテクト メソッド
  名前 説明
プロテクト メソッド AddCommandLineCommands  指定した CommandLineBuilderExtension に、コマンド ライン ツール応答ファイルからではなくコマンド ラインから実行する必要があるスイッチおよびその他の情報設定します。 (ToolTaskExtension から継承されます。)
プロテクト メソッド AddResponseFileCommands オーバーライドされます。  
プロテクト メソッド CallHostObjectToExecute  タスクの処理を実行するホスト オブジェクト呼び出します。 (ToolTask から継承されます。)
プロテクト メソッド ExecuteTool  一時応答 (.rsp) ファイル作成し、実行可能ファイル実行します。 (ToolTask から継承されます。)
プロテクト メソッド Finalize  Objectガベージ コレクションにより収集される前に、その Objectリソース解放し、その他のクリーンアップ操作実行できるようにします。 (Object から継承されます。)
プロテクト メソッド GenerateCommandLineCommands  コマンド ライン ツールが、応答ファイルからではなくコマンド ラインから直接実行する必要があるスイッチおよびその他の情報取得します。 (ToolTaskExtension から継承されます。)
プロテクト メソッド GenerateFullPathToTool オーバーライドされます。  
プロテクト メソッド GenerateResponseFileCommands  応答ファイル指定するためにコマンド ライン ツール使用されるスイッチ取得します。 (ToolTaskExtension から継承されます。)
プロテクト メソッド GetBoolParameterWithDefault  指定したブール型パラメータの値を取得します。 (ToolTaskExtension から継承されます。)
プロテクト メソッド GetIntParameterWithDefault  指定した整数パラメータの値を取得します。 (ToolTaskExtension から継承されます。)
プロテクト メソッド GetResponseFileSwitch  応答 (.rsp) ファイル指定するために実行可能ファイルによって使用されたコマンド ライン スイッチ返します。 (ToolTask から継承されます。)
プロテクト メソッド GetWorkingDirectory  実行可能ファイル実行するディレクトリ返します。 (ToolTask から継承されます。)
プロテクト メソッド HandleTaskExecutionErrors  実行可能ファイルによって生成された実行エラーを処理します。 (ToolTask から継承されます。)
プロテクト メソッド InitializeHostObject  タスクホスト オブジェクト初期化します。 (ToolTask から継承されます。)
プロテクト メソッド LogEventsFromTextOutput  単一行のテキスト解析して、標準形式エラーまたは警告識別します。 (ToolTask から継承されます。)
プロテクト メソッド LogPathToTool  ツール名および登録されているすべての logger へのパス記録します。 (ToolTask から継承されます。)
プロテクト メソッド LogToolCommand  実行開始点を登録されているすべての logger記録します。 (ToolTask から継承されます。)
プロテクト メソッド MemberwiseClone  現在の Object簡易コピー作成します。 (Object から継承されます。)
プロテクト メソッド SkipTaskExecution  タスク実行スキップする必要があるかどうか示します。 (ToolTask から継承されます。)
プロテクト メソッド ValidateParameters  すべてのタスク パラメータが有効かどうか示します。 (ToolTask から継承されます。)
参照参照

アルミニウム(Al)

アルミニウム(Aluminium アルミニューム、略してアルミと言うこともある)元素記号 Alで表され、原子番号13原子量は約26.98比重は2.70(g/cc)である。酸やアルカリに侵されやすいが、空気中では表面酸化被膜ができ、内部は侵されにくくなる。 また、液体窒素液体酸素(-183)でも脆性破壊がない。
軽量で、耐食性(←酸化被膜による)があり、快削性に優れる為、アルミニウムのままだけでなく、合金などの形でも広く利用されている。比較良い熱伝導性電気伝導性を持つ金属
ステンレス鋼添加されると、強力なフェライト元素で、Niと金属間化合物をつくり、析出硬化強度を増す。

ジヒドリドアルミニウム

分子式Al
その他の名称:Dihydridealuminum
体系名:ジヒドリドアルミニウム


ヒドリドアルミニウム

分子式Al
その他の名称:Hydridealuminum
体系名:ヒドリドアルミニウム


トリヒドリドアルミニウム

分子式Al
その他の名称:アルミニウムヒドリド、Aluminum hydride、Trihydridealuminum、アランAlane
体系名:トリヒドリドアルミニウム


アルミニウム

分子式Al
その他の名称:Aluminium、Al、Aluminum
体系名:アルミニウム


アルミニウム(Al)

アルミニウムは、銀白色金属軽く加工しやすく、電気や熱を良く伝えるなどの特徴あります地殻中に約8.2%、海水中には約0.001mg/リットル含まれています。用途は、航空機車両建築資材家庭用品電気部品などとあらゆるところに使われています。水道関係では、硫酸アルミニウムポリ塩化アルミニウム水中汚濁物質凝集剤として使用されています。快適水質項目の目標値は「0.2mg/リットル以下」とされています。

AL

作者山川健一

収載図書ヴァーチャル・エクスタシー
出版社幻冬舎
刊行年月1998.3


Al-

名前 アル

Al

名前 アッアーレアン; ル; アル; ア; アリ; エ; エル

.al

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/05/10 07:26 UTC 版)

.al
アルバニアの旗
施行 1992年
TLDの種類 国別コードトップレベルドメイン
現在の状態 利用可
管理団体 Institute of Informatics and Applied Mathematics (INIMA)
後援組織 Authority for Regulations of Telecommunication in Albania (ART)
利用地域 アルバニア
使用状況 アルバニア国内でいくつかの使用。
登録の制限 アルバニアに関連のある団体でなければならない。1団体につき1ドメイン。適当なサブドメインが必要。
階層構造 カテゴリ分けされた第2レベルの下での第3レベルでの登録。
関連文書 登録用紙 (PDF)
方針 論争は登録者のみで行わなければならない。NICは全ての法的責任を放棄する。
ウェブサイト .al DNS登録
テンプレートを表示

.alドメインは、インターネットにおける国別コードトップレベルドメイン (ccTLD)の一つで、アルバニアに割り当てられている。Telecommunications Regulatory Authority of Albaniaが管理を行う。

第二レベルメイン [編集]

第2レベル直下への登録は許可されていないが、いくつかの既存名は除外される。uniti.altirana.alsoros.alupt.alinima.alがそれに当たる。

第三レベルメイン [編集]

現在の登録は組織の種類を表す第2レベルの下で行わなければならない。現在は以下のものがある。

  • .gov.al 政府
  • .edu.al 大学および研究開発機関
  • .org.al 非営利組織
  • .com.al 企業および営利組織
  • .net.al ネットワーク関連の組織

外部リンク [編集]


アール (化学)

(.al から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/10/10 03:11 UTC 版)

-アール(-al)は、有機化合物の命名において、-COH基、即ちアルデヒド基を表すのに用いられる接尾辞である。アルデヒド(aldehyde)という言葉に由来する。

関連項目

  • 有機化合物のIUPAC命名法

出典

  • International Union of Pure and Applied Chemistry, Commission on Nomenclature of Organic Chemistry (1993). Panico R, Powell WH, Richer JC. ed. A guide to IUPAC nomenclature of organic compounds: recommendations 1993. Oxford: Blackwell Scientific Publications. ISBN 0-632-03702-4. 

AL

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/08/28 01:50 UTC 版)

ALAlal

記号

作品名

バンド名

略語・略称

コード・形式名

文字転記

関連項目


アラビア語の冠詞

(.al から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/09/01 05:23 UTC 版)

この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字(アラビア文字)が含まれています詳細

この項ではアラビア語の文法のうち、冠詞について解説する。

目次

全般

アラビア語には الـ という定冠詞があり、綴りの上では接頭語の形をとる。定冠詞という性質上、名詞限定させ、修飾語となるときは先行する名詞もまとめてひとつの限定構文をなす。

読みは正則アラビア語であるフスハーではal、エジプト方言などではelになる。また、定冠詞と後続する名詞、およびこれに接続する前置詞接続詞、さらにその直前の語尾は特殊な音便となることがある。シャッダの項を参照。

なお、 الله (。→アッラーフ)は多神における神 إله に定冠詞のついた形とされる。このため الله には接続指示代名詞がつくことは原則としてない。

用法

イダーファ

名詞Aに続けて名詞Bをおくと、この名詞Bは名詞Aを修飾する語となり、これをイダーファ構文と言う。たとえば موسوعة الحرة といった場合、後続の定冠詞をともなった名詞 حرة は、その直前の名詞 موسوعة を修飾しており、全体として「自由な事典」という意味を構成している。

このとき、修飾語となる名詞が定冠詞をともない、先行する名詞の属格となることで全体を限定している。イダーファの詳細についてはアラビア語の文法で解説する。

固有名詞化

一般名詞に付くことで固有名詞になる。たとえば半島を意味する جزيرة に定冠詞がつくことで الجزيرة (→アルジャジーラ)になり、基地を意味する قاعدة ならば القاعدة (→アルカーイダ)になる。

さらに、固有名詞になることでその名詞が象徴的にされるので、とくにイスラームにおける用語に使う。この「イスラーム」という語 إسلام も文法的には動詞の名詞形だ。定冠詞 الـ を伴った الإسلام の形でいわゆるイスラム教を特に示すことになる。同様に、をあらわす一般名詞 كتاب に定冠詞が付いた الكتاب はイスラームの聖典である القرآن (→クルアーン)をさし、をあらわす مدينة に定冠詞が付いた المدينة は聖地 المدينة المنورة (→マディーナ)のことをさす。また、神聖さを意味するقدسに定冠詞がつけられたالقدسは聖地であるエルサレムを意味する。これは「数多くの本の中の特に際立った本」、「数多くの町の中で特別な町」という意味合いにある。なお、 كتاب も مدينة も、その単語のみであれば一般名詞であり、定冠詞が付いても文法の上では限定されたという以上の意味はない。したがって文脈によってはイスラームとは無関係に本や町を限定する目的で定冠詞が付くことは珍しくなく、 الكتاب と言ったからといって、必ずしもクルアーンをさしているわけではない。英語でthe White Houseといえばアメリカの大統領府「ホワイトハウス」をさすが、アラビア語における定冠詞は英語ほど強い固有名詞化の作用を持たないとみることもできる。

現在時制化

時制をあらわす名詞につくと「現在の~」という意味を帯びる。を意味する名詞 آن に定冠詞 الـ が付くと الآن になり、これはまさに「」や「現代」といった意味になる。を意味する يوم ならば اليوم すなわち「今日」をあらわす。同様に شهر であれば今月 الشهر に、 سنة であれば今年 السنة になる。

なお الآن は日常的によく使われる表現であり、慣用句化している。そのため、時制をあらわす名詞に定冠詞を付すことによる時の限定化は混同をまねく。「そのとき」というような場合は前置詞 عند を用いたり、時間の意である وقت を用いて ذلك الوقت のようにする。

原則として定冠詞を伴うもの

国名や都市名など、一部の地名は原則として定冠詞を伴い、この中には日本をあらわす اليابان も含まれる。こうした地名の多くは現代アラビア語、もしくは古アラビア語で当該地名以外の字義を持ち、そのために固有名詞化としての定冠詞を付している。

اليابان の場合、定冠詞 الـ を除いた يابان は古語の「砂漠」と同じ綴り、同じ読みになり、イランなどのペルシア語圏では現代でも使われている地域がある。またバーレーンをあらわす البحرين は定冠詞を除くと بحرين になり、これは「2つの海」という一般名詞双数形属格になる。

一方、口語ではこうした地名に付された定冠詞は省略されることも珍しくはなく、文脈の判断に任されることは少なくない。

特殊な接続

接頭語の付加

定冠詞 الـ をともなう名詞が、さらにほかの接頭語、たとえば前置詞が付くような場合、一部の語ではかたちが変化する。

前置詞 بـ が付くときは بالـ のかたちになり、bil-と発音される。また、前置詞 لـ が付くときは表記の上からも定冠詞の ا が欠如し للـ のかたちをとり、lil-と発音される。

接続詞 و は表記上は接頭語となるが ا の欠如は起こらない。定冠詞 الـ の اハムザをともなわないが発音される。

関係詞 يا は通常、人に対して用いられるが、一般名詞地名が続くこともある。この、後続する語が定冠詞 الـ をともなう場合、発音上は省略されることはあっても表記の上では変化しない。ただし感動詞として用いられる成句 يا الله は全体としてyallāhと発音され、 يا لله もしくは يلله と綴られることも多い。

非アラビア文字への付加

冒頭で説明したように接頭語の形をとり、名詞とつながったひとつの文節として構成される。定冠詞に続く後がアラビア語であるならば何の問題も起きないが、たとえばラテン文字による名詞を限定化する場合、 الـ をつなげることができない。

このような場合、前置詞と同様に الـ までを綴り、その先に当該外来語を続ける。軽く空白をおいて続けることも多い。ただし電子文書では左から右に綴る言語圏の環境では理想とする語順で並ばないことがある。

関連項目


アル

(.al から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/16 19:45 UTC 版)

Jump to navigation Jump to search

アル (Al、ar、Aru)

al
ar


中国語、漢字の音写
  • 金王朝の皇族の阿魯(アル)  →阿魯


  • かつて(数十年ほど前)中国人が日本語を正式に学校で学ばず簡易的に話そうとした時に特徴的だった語尾。[要出典]「彼、中国人アル」のような文の語尾。「です」というべきところの誤用。古い中国人風日本語(や、そうした日本語を話す昔の中国人)。近年では日本語学校があり正しい文法を学んでおり、滅多なことでは聞かれない。→協和語を参照。

関連項目




.alと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「.al」の関連用語

.alのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



.alのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2018 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリALの記事を利用しております。
日本マイクロソフト株式会社日本マイクロソフト株式会社
© 2018 Microsoft.All rights reserved.
丸ヱム製作所丸ヱム製作所
© 1998-2018 Maruemu Works Co,. Ltd. All rights reserved.
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
京浜河川事務所京浜河川事務所
Copyright (C) 2018 京浜河川事務所 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの.al (改訂履歴)、アール (化学) (改訂履歴)、AL (改訂履歴)、アラビア語の冠詞 (改訂履歴)、アル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS