スレッド セーフとは?

スレッドセーフ

【英】thread safe

スレッドセーフとは、OS複数の処理を並行して行うための技法であるマルチスレッド環境において、処理単位であるスレッド複数同時にひとつのデータを扱っても、データが正常なまま保たれるような状態のことである。

マルチスレッド環境では、アプリケーション内で複数の処理(スレッド)が同時並行的に行われることとなるが、このとき、複数スレッドがひとつのデータ手続きに対して同時にアクセスようとする場合が生じる。すると、あるスレッドデータ操作したことによって他のスレッド利用するデータ影響が出てしまったり、あるいは同じ手続き同時に複数スレッド呼び出したことによって予期しない動作が行わてしまったりといった事態発生かねない。スレッドセーフの状態とは、こうした事態があらかじめ想定されていて、常に正常に動作するような対策設計上盛り込まれている状態を指している。

ただし、マルチスレッド環境においてデータ手続きアクセスした際の影響予測しきれないほど多彩なものなので、完璧にスレッドセーフであるような状態を実現することは難しい。実際には、どの程度スレッドセーフであるか、あるいはどの点においてスレッドセーフであるか、といった表現をとる他ない。


スレッドセーフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/09/11 02:06 UTC 版)

スレッドセーフThread-safe)は、マルチスレッドプログラミングにおける概念である。あるコードがスレッドセーフであるという場合、そのコードを複数のスレッドが同時並行的に実行しても問題が発生しないことを意味する。特に、ある共有データへの複数のスレッドによるアクセスがあるとき、一度に1つのスレッドのみがその共有データにアクセスするようにして安全性を確保しなければならない。




「スレッドセーフ」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「スレッド セーフ」の関連用語

スレッド セーフのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



スレッド セーフのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2020 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリスレッドセーフの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのスレッドセーフ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS