JASとは? わかりやすく解説

ジャス【JAS】

読み方:じゃす

Japanese Agricultural Standard日本農林規格昭和25年1950制定の農林物資の規格化及び品質表示の適正化に関する法律」(JAS法に基づき農林物資品質改善取引の単純公正化、生産消費合理化図って制定され規格一般JAS規格特定JAS規格有機JAS規格生産情報公表JAS規格などがある。該当するものにはジャスマーク標示できる。JAS規格

[補説] JASマーク種類
JASマーク品位成分性能など、品質について一般JAS規格満たす食品林産物につけるマーク品質によって「特級」「上級」「標準」の等級を示すことができるものもある。
特定JASマーク特別な生産・製造方法についての特定JAS規格満たす食品などにつけるマーク熟成ハム・ソーセージ、手延べ干し麺、地鶏肉などが対象
有機JASマーク農薬化学肥料使用しない有機飼料与える、食品添加物使用控えるなどの有機JAS規格満たす農作物畜産物加工食品などにつけるマーク
生産情報公表JASマーク生産情報公表JAS規格満たす方法で、給餌動物用医薬品投与などの情報公表されている牛肉豚肉原材料製造過程などの情報公表されている加工食品豆腐など)につけるマーク
定温管理流通JASマーク製造から販売までの流通行程を一貫して一定温度保って流通させる加工食品弁当類につけるマーク


ジャス【JAS】


JAS(じゃすほう)

食品規格表示義務について定めた法律

食品表示制度充実強化する観点から消費者向けのすべての食料品に対して品質表示基準を定める生鮮食料品については原産地加工食品については原材料などの表示義務付けている。

例えば、有機農産物については、その規格定められている。このJAS規格適合するものであることを証明する検査に合格し、有機JASマークつけられたものでなければ有機栽培」や「オーガニック」といった表示してはならない

2001年 4月施行され改正JAS法によると、コメについて、精米表示完全に実施された。精米産地品種・産年などの表示を行う場合第三者による証明が必要となる。

また、遺伝子組み換え技術利用した食品についても、表示義務付けられた。表示対象となる農産物は、大豆トウモロコシじゃがいもなどだ。さらに、これらによって加工された豆腐納豆などの食品にも表示が必要となる。

品質保たれる期間が5日越えるものに表示される賞味期限」や、5日以内の「消費期限」の表示義務付けるのもJAS法役目だ。

ちなみにJAS法正式名称は、「農林物資の規格化及び品質表示の適正化に関する法律」だ。

関連キーワード「遺伝子組み換え
関連キーワード「DNA鑑定

(2001.05.02更新


Jas

名前 ジャス

JAS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/04 01:32 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

JAS



「JAS」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

JASのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



JASのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2022 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2022 時事用語のABC All Rights Reserved.
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
発泡スチロール協会発泡スチロール協会
Copyright (c) 2022 Japan Expanded Polystyrene Association All rights reserved.
リフォーム ホームプロリフォーム ホームプロ
Copyright(c)2001-2022 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのJAS (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS