凝集剤とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 状態 > 凝集 > 凝集剤の意味・解説 

ぎょうしゅう‐ざい〔ギヨウシフ‐〕【凝集剤】


凝集剤

汚水中に懸濁する固形物大きさが1μ(ミュー程度以下になると通常の沈殿濾過どの物理的方法だけでは分離が困難となるので凝集沈殿法採用する

懸濁している微粒子まとめて大きな固まりにして沈降させるために用い薬剤を凝集剤といい、自然沈降の場1時間1~2mm沈降速度のものが、薬剤使用により10~20mmの速度得られる有機系と無機系とがある。

無機系には硫酸アルミニウム硫酸バンド)、塩化第二鉄ポリ塩化アルミニウムPAC)等があるが、最近有機合成高分子凝集剤広く用いられている。



凝集剤と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

凝集剤のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



凝集剤のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
九州環境管理協会九州環境管理協会
財団法人 九州環境管理協会(以下、「当協会」とします)ホームページに記載されている全ての文章、写真その他の画像等の著作権は、すべて当協会に帰属します。これらを無断で転載・複製することは、私的使用または引用として使用する場合を除き、著作権法で禁止されています。
建機プロ建機プロ
Copyright (c) 2022 SHIN CATERPILLAR MITSUBISHI LTD.All rights reserved.
キャタピラージャパン建機プロ -次世代の砕石業研究会-

©2022 GRAS Group, Inc.RSS