エラーとは? わかりやすく解説

エラー【error】

読み方:えらー

やりそこない失策

理論的に正し数値と、計算測定された値とのずれ。誤差

野球で、守備側捕球送球などに失敗してアウトにできたはず走者生かすこと。失策


エラー

作者アーサー・C.クラーク

収載図書明日にとどく
出版社早川書房
刊行年月1986.4
シリーズ名ハヤカワ文庫SF


エラー

名前 Eller

エラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/21 15:11 UTC 版)

エラー(Error)は、コンピュータにおいて、プログラムがそれらの実行が正常な動作でないと判断し、処理を中断または停止させる状態。




「エラー」の続きの解説一覧

エラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/01 03:16 UTC 版)

エリア88の登場人物」の記事における「エラー」の解説

コードネームのエラー(失敗作)は男性ありながら女性のような外見を持って生まれたことと、それによってこうむってきた不遇な生い立ちにちなむ。当初自分の事を棚に上げて女々しい見た目シンには反感を持っていたが、元エリア88メンバー聞き考え改めている。名狙撃手で、夜間でも100ヤード先にある直径3cm標的撃ち抜けるほど。作戦中は女装させられ大統領夫人と娘のライラ護衛に就くが、下着売り場などに同行させられ辟易としていた。逃避行中、追ってきたボッシュメンバー殺害して逃げようとしたところを足止めし、シンと共にボッシュ倒しシンライラローデと共に生きてバンバラ脱出する逃亡過程ライラとの間に愛が芽生えた

※この「エラー」の解説は、「エリア88の登場人物」の解説の一部です。
「エラー」を含む「エリア88の登場人物」の記事については、「エリア88の登場人物」の概要を参照ください。


エラー(Technical Error)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/03 02:22 UTC 版)

明日にとどく」の記事における「エラー(Technical Error)」の解説

超電導利用した世界初発電所造られた。技師機器点検中に過負荷かかった発電機大電流流れてスパークし、その技師倒れた幸いにも大きな怪我はなく意識正常だったが、彼の体内たんぱく質構造反転していた。これでは普通の食料どんなに食べても、消化吸収されずに餓死するのだ。初めは人工合成した食料使って男を生かしていたが、これでは経費がかかりすぎる。技師元通り身体反転させるため、あの日と同じように大電流を流す試みが行われる。その直前に、とある博士とんでもな危険に気付いたのだが・・。

※この「エラー(Technical Error)」の解説は、「明日にとどく」の解説の一部です。
「エラー(Technical Error)」を含む「明日にとどく」の記事については、「明日にとどく」の概要を参照ください。


エラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/10 21:03 UTC 版)

strtold」の記事における「エラー」の解説

オーバーフローもしくはアンダーフロー発生した場合、errnoに ERANGE が代入される

※この「エラー」の解説は、「strtold」の解説の一部です。
「エラー」を含む「strtold」の記事については、「strtold」の概要を参照ください。


エラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/07 02:23 UTC 版)

strtod」の記事における「エラー」の解説

オーバーフローもしくはアンダーフロー発生した場合、errnoに ERANGE が代入される

※この「エラー」の解説は、「strtod」の解説の一部です。
「エラー」を含む「strtod」の記事については、「strtod」の概要を参照ください。


エラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/07 02:23 UTC 版)

strtoul」の記事における「エラー」の解説

オーバーフローもしくはアンダーフロー発生した場合、errnoに ERANGE が代入される

※この「エラー」の解説は、「strtoul」の解説の一部です。
「エラー」を含む「strtoul」の記事については、「strtoul」の概要を参照ください。


エラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/07 02:23 UTC 版)

strtof」の記事における「エラー」の解説

オーバーフローもしくはアンダーフロー発生した場合、errnoに ERANGE が代入される

※この「エラー」の解説は、「strtof」の解説の一部です。
「エラー」を含む「strtof」の記事については、「strtof」の概要を参照ください。


エラー(error)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/16 05:20 UTC 版)

Yacc」の記事における「エラー(error)」の解説

解析表の空欄、すなわち次に現れてならない終端記号があったときマッチされるべく展開される。すなわち、構文解析器はエラーを検出すると、「errorトークン正常に合致する規則見つかるまでスタックポップアップしながら戻っていく(最後までみつからなければyyparse()から1で異常復帰する)。見つかるとそこに「error」というトークンがあったとみなして検出される規則アクション実行する。そして、先読みトークンはエラーを起こしたトークン進める(リセット)。Yaccはエラー多発防止のため、トークン3個の読込みおよびシフト成功するまではこのエラー状態にとどまるが、ユーザアクションでyyerrok(エラー回復マクロ実行すればその途中でも正常状態に戻る。

※この「エラー(error)」の解説は、「Yacc」の解説の一部です。
「エラー(error)」を含む「Yacc」の記事については、「Yacc」の概要を参照ください。


エラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/04 22:50 UTC 版)

ブート」の記事における「エラー」の解説

Windows では、ブート処理中解決できないエラーが発生すると、いわゆるブルースクリーン状態になる。

※この「エラー」の解説は、「ブート」の解説の一部です。
「エラー」を含む「ブート」の記事については、「ブート」の概要を参照ください。


エラー(誤差)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 17:06 UTC 版)

浮動小数点数」の記事における「エラー(誤差)」の解説

誤差#計算誤差種類」および「数値解析#誤差の発生と伝播」も参照 オーバーフロー/アンダーフロー 演算結果指数部表現できる範囲を超える場合があるが、最大値を超え場合オーバーフロー絶対値最小より小さい場合アンダーフローという。IEEE 754の場合、アンダーフローは、まず結果非正規化数となり精度低下し、さらに進むと結果が0になる。 桁落ち 絶対値ほぼ等しい異符号数値同士加算後や、同符号ほぼ等しい数値同士減算の後、正規化有効数字減少すること。詳細桁落ちを参照情報落ち 浮動小数点数値を加減算するときはまず指数揃えなければならない絶対値の非常に小さなと絶対値の非常に大きな値との浮動小数点数加減算を行うときは、まず指数絶対値大きい方揃え合わせ行ない、それから加減算行なうそのため絶対値小さな値は仮数部が右側に多くシフトされて下位部分反映されずに結果の値が丸められ情報欠落する情報欠落ともいう。詳細情報落ちを参照積み残し 情報落ち繰り返し起こる場合を言う。たとえば ∑ n = 0 100 1 1.5 n {\displaystyle \sum _{n=0}^{100}{\frac {1}{1.5^{n}}}} を n=0 の初項からn=100向かって順番に加えて計算しようとすると、ある項から先で情報落ち起こりそれ以降の項は無視されてしまうことになる。これを積み残しと呼ぶ。値の小さい項から大きい項に向かって加算をする(この例では逆順加算をする)ことで対処できる場合もある(必ずしもそうすれば全て完全にうまくいくと限らない)。対処としては、有理数演算などによって無誤差計算を行うか、カハンsummationアルゴリズムなどいくつかの効率的な手法提案されている。 丸め誤差 仮数部の桁数有限であるため、収まらない部分最上位四捨五入2進法では0捨1入)して仮数部の桁数丸めことによる誤差

※この「エラー(誤差)」の解説は、「浮動小数点数」の解説の一部です。
「エラー(誤差)」を含む「浮動小数点数」の記事については、「浮動小数点数」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「エラー」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

エラー

出典:『Wiktionary』 (2021/08/21 08:43 UTC 版)

名詞

エラー

  1. そこなうこと。失敗
  2. 誤差
  3. (野球) 野手失策によりアウトにできるはずの走者生かすこと。
  4. (情報技術) データプログラム誤りにより処理ができなくなること。

語源

英語 error

発音(?)

エ↘ラー

動詞

エラーする

  1. そこなう失敗する。
  2. 野球野手失策によりアウトにできるはずの走者生かす

活用

サ行変格活用
エラー-する

「エラー」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



エラーと同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「エラー」に関係したコラム

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

エラーのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



エラーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリエラーの記事を利用しております。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのエラー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのエリア88の登場人物 (改訂履歴)、明日にとどく (改訂履歴)、strtold (改訂履歴)、strtod (改訂履歴)、strtoul (改訂履歴)、strtof (改訂履歴)、Yacc (改訂履歴)、ブート (改訂履歴)、浮動小数点数 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのエラー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS