フェイルセーフとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 情報 > コンピュータ > システム > フェイルセーフの意味・解説 

フェイル‐セーフ【fail-safe】

読み方:ふぇいるせーふ

機械などで、一部故障誤操作があっても、安全なほうに作動する仕組み

戦略核戦力配備にあたって偶発戦争防止するためにとられている安全対策


フェイルセーフ

【英】fail safe

フェイルセーフとは、装置機器システムなどが誤動作したり異常な状態などに陥ったでも、安全に停止できるように設計しよう、という設計思想、またはそうした設計のことである。

企業活動のほかの用語一覧
コンピュータシステム:  ブレードPC  フルバックアップ  物理マシン  フェイルセーフ  ITIL  IAサーバー  インターオペラビリティ

フェイルセーフ

フェイルセーフとは、機器など故障生じた場合において、それが波及して事故発展することのないよう、安全側に機能するような設計思想のことをいう。 この設計思想取り入れたシステムをフェイルセーフシステムといい、原子力発電所では、制御棒駆動電源失われても水圧または重力自動的に制御棒炉心挿入され原子炉の運転が停止されるシステムとなっている。

フェイルセーフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/16 04:53 UTC 版)

フェイルセーフ(フェールセーフ、フェイルセイフ、英語: fail safe)とは、なんらかの装置・システムにおいて、誤操作・誤動作による障害が発生した場合、常に設計時に想定した安全側に動作するようにすること。またはそう仕向けるような設計手法で信頼性設計のひとつ。これは装置やシステムが『必ず故障する』ということを前提にしたものである。


  1. ^ 株式会社南山堂発行 「TEXT 麻酔・蘇生学」(1995年2月10日 第1版発行、ISBN 4-525-30841-9、p.301 「【臨床実習メモ】 フールプールとフェイルセーフ」より。2020年6月11日閲覧


「フェイルセーフ」の続きの解説一覧

フェイル・セーフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/16 02:53 UTC 版)

アロハ航空243便事故」の記事における「フェイル・セーフ」の解説

737型機の構造は、型式証明取得した当時フェイル・セーフ設計基準を満たすよう設計されていた。このフェイル・セーフの要求では、構造一部損傷して残り構造で安全を確保し、その損傷容易に発見され修復されることが求められた。 この要求を満たすため、亀裂成長一定範囲に留め補強材(ティア・ストラップ)が胴体外板貼り付けられていた。補強材一定間隔配置して外板に格子状の区画作る円筒軸方向亀裂成長すると、ストラップにより区画内の応力分布変化して亀裂成長方向円周方向変わる。すると、缶の蓋をあけるように外板がめくれ上がり与圧空気そこから放出され穏やかな減圧起きる。この減圧胴体残留強度に影響与えない程度であり、めくれた外板容易に発見できる考えられていた。 737型機の場合は開発時に試験が行われ、胴体外板40インチ(約1メートル)の亀裂生じても、亀裂2区内に留まり穏やかな減圧起きることが実証されていた。 しかし、この基準737型機が型式証明された1967年当時のもので、広範に無数の亀裂生じてそれらが結合することまでは考慮されていなかった。事故機では複数区画同時多発的に疲労亀裂生じたことでフェイル・セーフが機能しなかった。また、737型機の疲労試験には胴体全体ではなく、かまぼこの上半分構造のみが用いられた。 事故機の残存部アロハ航空残り737型機を調査した結果リベット周辺から多数疲労亀裂発見されたほか、ティア・ストラップの接着不良があったことも確認された事故調査委員会は、事故機にはティア・ストラップが機能しなくなるほどの疲労亀裂あったかティア・ストラップが剥離していた、あるいはその両方発生していたと結論付けた

※この「フェイル・セーフ」の解説は、「アロハ航空243便事故」の解説の一部です。
「フェイル・セーフ」を含む「アロハ航空243便事故」の記事については、「アロハ航空243便事故」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「フェイルセーフ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



フェイルセーフと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「フェイルセーフ」の関連用語

フェイルセーフのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



フェイルセーフのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2023 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリフェイルセーフの記事を利用しております。
文部科学省文部科学省
Copyright (C) 2023 文部科学省 All rights reserved.
環境防災Nネットホームページ原子力防災基礎用語集
日本オペレーションズ・リサーチ学会日本オペレーションズ・リサーチ学会
Copyright (C) 2023 (社)日本オペレーションズ・リサーチ学会 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのフェイルセーフ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのアロハ航空243便事故 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2023 GRAS Group, Inc.RSS