フールプルーフとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > プルーフ > フールプルーフの意味・解説 

フールプルーフ

英語:foolproof

フールプルーフとは

フールプルーフ(foolproof)とは、機器利用する際に操作間違えたとしても危険な状況ならないような仕組みを、あらかじめ組み込んで設計しておく、という考え方のことである。および、そのような仕組みのことである。安全工学および設計思想に関する概念のひとつ。

フールプルーフの語源

フールプルーフは英語の foolproofカタカナ表記した語である。英語の foolprooffool愚か者proof(に耐える)という構成の語であり、「バカでも間違いなく扱える(くらい簡単だ)」という意味の表現である。

フールプルーフの実現例

フールプルーフの考え方に基づいた設計の例としては、家電製品場合、「ガス爆発避けるためにガスコンロ安全装置付ける」「コードに足を引っかけ火傷することを防ぐために電気ポットコードが簡単に外れるように設計する」といった例が挙げられる。また、医療現場においては、「医療機器を誤って操作した場合機能停止する」といった考え方がフールプルーフの例として挙げられる。

フール‐プルーフ【fool proof】

《「愚者向け試験」の意》工学分野における設計手法の一。使用者操作を誤ることを前提として、あらかじめ重大な事故問題が生じないよう設計段階対策を施すこと。また、知識がなくても誰でも簡単に操作できるようにすること。フールセーフティー

[補説] 洗濯機モーター高速回転している最中に誤って開けても、自動的回転停止する機能などの例が挙げられる。


フールプルーフ

【英】fool proof

フールプルーフとは、産業分野において、使用者が誤った操作をしても危険な状況を招かないように、あるいはそもそも誤った操作をさせないようにと、配慮して設計されていることである。

人間はものを熟知ていない状態(fool)で行動することも多く熟知している者でも集中力低下すればどうしても操作を誤ってしまいがちである。そうした場合にも安全性確保できるように、設計段階から対策を講じておこうとい考え方が、フールプルーフの考え方であるといえる

例えば、フタ閉めないと回転しない洗濯機脱水機、人が座っていない噴射されないウォシュレットギアパーキング位置させないとエンジンがからない自動車、あるいは、キャップがなくならないように、あるいは乳幼児飲み込ないように、ボトル一体化しているボトルキャップ、などがフールプルーフに該当する。


フールプルーフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/31 15:50 UTC 版)

フールプルーフ (: fool proof) とは、安全工学における用語のひとつで、工業製品やシステムを設計する際、誤操作や誤設定などの間違った使い方をしても、少なくとも使用者や周囲にとって危険な動作をしないように、あるいはそもそも間違った使い方ができないように配慮する設計手法のこと。英語では「壊したり間違えたりすることなく、誰でも簡単に使える」という意味を持つ、idiot-proofという言葉が使われることもある[1]。またフールプルーフと同じ概念として、日本語のポカヨケを直訳したpoka-yokeが用いられることもある[2]




「フールプルーフ」の続きの解説一覧



フールプルーフと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「フールプルーフ」の関連用語

フールプルーフのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



フールプルーフのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリフールプルーフの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのフールプルーフ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS