ITILとは? わかりやすく解説

ITIL


Information Technology Infrastructure Library

(ITIL から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/16 16:41 UTC 版)

Information Technology Infrastructure Library(ITIL)とは、ITサービスマネジメントにおけるベストプラクティス(成功事例)をまとめた書籍群。1989年にイギリス政府のCCTA[1]によって公表された。ITILの読み方は「アイティル」、「アイティーアイエル」などがある。ITサービス全体においてデファクトスタンダードとなりつつあり、重要な位置付けとなっている[2][3]


  1. ^ Cental Computer and Telecommunication Agency(中央コンピュータ電気通信局)の略で、イギリス政府商務庁の下部組織。現OGCOffice of Government Commerce(イギリス政府商務省))。
  2. ^ ThinkIT-ITIL実践のポイント
  3. ^ 2018年10月現在、出典とされている1つ前の注のリンク先を見ても、『ITサービス全体において「デファクトスタンダード」』あるいは『重要な位置付け』というような文字列は見当たらないようである。
  4. ^ ITサービスを提供するために必要となるソフトウェアハードウェア、技術力などを提供する取引企業のこと。
  5. ^ 欧州におけるITILの適用事例(PDF)
  6. ^ ITmediaエンタープライズ:知らないと恥ずかしい、ITIL超基礎
  7. ^ The Stationary Office(イギリス出版局)の略。
  8. ^ ITIL ver3が正式リリース参照。
  9. ^ : I.T. service management forum
  10. ^ EnterpriseWatch-「ITIL V3ではサービスライフサイクルを重視」
  11. ^ 日本HP-HP Servicesを支えるプロフェッショナルたち
  12. ^ なお、日本語化されているのはサービスサポート、サービスデリバリ、サービスマネジメント導入計画立案、ビジネスの観点、アプリケーション管理の5冊。
  13. ^ a b c @IT情報マネジメント編集部 (2004年4月11日). “情報マネジメント用語辞典:ITIL”. ITmedia エンタープライズ. 2021年11月16日閲覧。
  14. ^ Continuous Service Improvement Programの略。継続的サービス改善プログラム。
  15. ^ 組織風土とも。目に見えないがそこに所属する全員が感じる空気のようなしきたりや慣例。
  16. ^ Critical Success Factor。日本語では「重要成功要因」と呼ばれ、目標達成のために何が重要な成功要因かを明確化すること。
  17. ^ Key Performance Indicators。日本語では「重要業績評価指標」と呼ばれ、企業目標を実現するために設定した具体的な業務プロセスを客観的観点から計るための指標。
  18. ^ COBITの成熟度モデルでITILを裏付ける
  19. ^ ICTはInformation and Communications Technologyの略で情報と通信技術を意味する。
  20. ^ ComputerWorldの記事より。
  21. ^ 小渕淳二 (2019年6月12日). “DX時代のアジャイルITSM変革アプローチ第1回:ITILの歴史とITILv3/2011が抱えている問題”. システム管理者の会. 2021年11月16日閲覧。
  22. ^ AXELOS launches ITIL 4 Foundation”. AXELOS. 2021年2月12日閲覧。
  23. ^ ITIL Foundation: 4th edition. AXELOS. (2019). ISBN 9780113316076. https://itil.press/ 
  24. ^ Transition to ITIL 4”. AXELOS. 2021年2月12日閲覧。


「Information Technology Infrastructure Library」の続きの解説一覧

イティル

(ITIL から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/09/19 23:52 UTC 版)

イティル(Itil)、またはアティル(آتل Ātil)は8世紀半ばから10世紀末までハザール首都として栄えた町。イティル(アティル)とは「大きな川」の意味であり、トルコ語ではヴォルガ川のことを指す言葉でもある。




「イティル」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ITIL」の関連用語

ITILのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ITILのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2023 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリITILの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのInformation Technology Infrastructure Library (改訂履歴)、イティル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2023 GRAS Group, Inc.RSS