生い立ちとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 場所 > 過程 > 生い立ちの意味・解説 

おい‐たち〔おひ‐〕【生(い)立ち】

読み方:おいたち

育ってゆくこと。成長すること。「子供の―を見守る

成人するまで過程経歴。「―を語る」


生い立ち

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

生い立ち

作者池宮正行

収載図書天涯と孤独零下百度の隼戦闘機
出版社文芸社
刊行年月2006.1


生い立ち

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/07 03:55 UTC 版)

ウィキペディアには「生い立ち」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「生い立ち」を含むページの一覧/「生い立ち」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「生い立ち」が役に立つかもしれません。

関連項目



生い立ち(1952-1976)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/02 02:10 UTC 版)

ジョー・ストラマー」の記事における「生い立ち(1952-1976)」の解説

トルコアンカラ生まれる。父親外交官母親看護師父の海外転に伴いカイロメキシコシティボン幼少期過ごした10歳の時、ジョー兄のデヴィッドと共にロンドン近郊サリーにある私立学校、シティ・オブ・ロンドン・フリーメンズ・スクールに寄宿生として入学学生時代両親会うことはほとんど無かったこの頃ビートルズビーチ・ボーイズローリング・ストーンズウッディ・ガスリーレコード聴くようになり、ロックへの興味持ち始めたこの影響からか、彼はクラッシュ結成して名前を“ジョー・ストラマー”に改めるまで、“ウッディ”と名乗っていた時期もあった)。在学中兄のデヴィッド自殺。彼とデヴィッド兄弟として決し親しい間柄ではなかったようだが、デヴィッド自殺彼の人生観を決定的に変えた出来事であったデヴィッド白人至上主義標榜するイギリス国民戦線入党していたことから、それが何らかの形で彼の自殺つながったではないか当時ジョー感じていた。このことが、後にクラッシュ反ファシズム姿勢明確に打ち出す一因になった考えられている。1970年私立学校卒業した彼はプロ風刺漫画家を目指し、ロンドン・セントラル・スクール・オブ・アート&デザイン入学在学中は、ロンドン北部のパルマーズ・グリーンでクライヴ・ティンパレイ(Clive Timperley)とタイモン・ドッグフラットシェアをしている。 1973年ウェールズにあるニューポート転居し、ニューポート・カレッジ・オブ・アートに入学するが、まもなく退学になるこの頃彼は友人たちとザ・ヴァルチャーズというバンド結成正式なメンバーとしてではなく、時々ヴォーカルリズム・ギターとして活動していたが、1974年解散この間彼は墓掘り仕事をしていた。バンド解散後ロンドン戻りドッグ再会しばらくの間路上で演奏をしていたが、当時ルームメイトたちと新たなバンド "The 101'ers" を結成するバンド名は、彼らの無断居住していた住所がウォルタートン通り101番地であったことに由来するバンドは主にロンドン市内のパブR&Bブルースカバー曲演奏していた。1975年それまでは“ウッディ”・メラーだった通名を“ジョー・ストラマー”に改め友人にもその名で呼ぶよう強要した。この“ストラマー (Strummer)”という呼び名サイドギターという彼のポジションを示すものだが、自虐的な面もある(左利き彼にドッグ右利きとしてギター演奏方法教えたため、結局コードかき鳴らす (strum) 程度にしか上達しなかった)。バンドではリード・ヴォーカルだった彼はこの頃から作詞・作曲を始める。その中一曲 "Keys to Your Heart" は、後にスリッツドラマーとなるパルモリヴことパロマ・ロマーノとの恋愛触発されたものであり、この曲は "The 101'ers" の1stシングルとなった

※この「生い立ち(1952-1976)」の解説は、「ジョー・ストラマー」の解説の一部です。
「生い立ち(1952-1976)」を含む「ジョー・ストラマー」の記事については、「ジョー・ストラマー」の概要を参照ください。


生い立ち(1993年 - 2011年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/27 14:18 UTC 版)

カネコアヤノ」の記事における「生い立ち(1993年 - 2011年)」の解説

カネコアヤノ1993年1月30日生まれた出身地神奈川県横浜市で、あまり音楽聞かない家庭両親6歳上の姉)で育った幼少時恥ずかしがり屋で、親の前でも歌を歌うことはなかったという。ギター中学3年生のころにチャットモンチーなどの影響で始め高校1年生のころまで熱心に練習をしたという。高校時代POLYSICS毛皮のマリーズSEBASTIAN Xシャムキャッツ東京カランコロン傾倒し2年生のころから下北沢新宿インディーズ・バンドライヴに足を運ぶようになる。そこで知り合った友人影響など町田康はっぴいえんど戸川純なども聴くようになった高校卒業直前にはライブハウス知り合った友人バンド組みこのころ作曲開始したバンド長続きせず、以降はエレキ・ギター弾き語りというスタイル演奏するうになる

※この「生い立ち(1993年 - 2011年)」の解説は、「カネコアヤノ」の解説の一部です。
「生い立ち(1993年 - 2011年)」を含む「カネコアヤノ」の記事については、「カネコアヤノ」の概要を参照ください。


生い立ち(1930年 - 1955年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/14 22:47 UTC 版)

多田智満子」の記事における「生い立ち(1930年 - 1955年)」の解説

銀行員だった父の転勤に伴い幼少期京都東京などで過ごす。小学校5、6年で『プルタルコス英雄伝』や『平家物語』愛読し15歳滋賀県愛知川沿いに戦争疎開た際にプラトンエピクテトスセネカなどを携えるなど、少女時代から異才放っていた。また、謡曲歌舞伎にも親しんだ桜蔭高等女学校卒業後東京女子大学外国語科学び矢川澄子親交を結ぶ卒業後慶應義塾大学文学部英文科編入学するも、結核罹り半年休学病床での思索自らの文学的出発点となった。矢川澄子岩淵達治らと同人誌未定』を創刊、同誌にはのちに澁澤龍彦生田耕作らも参加する

※この「生い立ち(1930年 - 1955年)」の解説は、「多田智満子」の解説の一部です。
「生い立ち(1930年 - 1955年)」を含む「多田智満子」の記事については、「多田智満子」の概要を参照ください。


生い立ち (1965-1986)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/27 03:49 UTC 版)

クリス・ノヴォセリック」の記事における「生い立ち (1965-1986)」の解説

1965年5月16日アメリカ合衆国カリフォルニア州コンプトン生まれる。1歳の頃に、同じ州のサンペドロ移ったその後家族の都合で1979年ワシントン州アバディーン引っ越すが、この土地馴染めなかったクリス1980年一年間親戚の住むクロアチア当時はユーゴスラビア一部)のザダル過ごしたアメリカ戻り高校卒業した後、弟の友人であったカート・コバーン出会うクリスセックス・ピストルズラモーンズ好んで聴くことに関心したカートは、一緒にバンドを組むことを持ちかけたが、気乗りしなかったクリスはこの申し出を断った。しかし、カートから渡されバンドのデモテープ聴き彼の音楽的才能感銘を受けたことで遂にバンド結成同意した。これがニルヴァーナ始まりである。

※この「生い立ち (1965-1986)」の解説は、「クリス・ノヴォセリック」の解説の一部です。
「生い立ち (1965-1986)」を含む「クリス・ノヴォセリック」の記事については、「クリス・ノヴォセリック」の概要を参照ください。


生い立ち(出生〜中学時代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/26 07:14 UTC 版)

袁犀」の記事における「生い立ち(出生中学時代)」の解説

1919年遼寧省瀋陽市出生する。維廉(克異)は五、六歳の頃より私塾に通い啓蒙教育を受ける。性格寡黙で、本好きであった。七歳のとき奉天省第一小学校入学する奉直戦争奉天派勝利に伴い、父が北平大元帥上校副官任命され、維廉は母と共に移住し関内小学校に移る。北伐後、父と共に瀋陽戻り奉天省第三小学校に就学する小学校時代成績は常に優秀であり、低学年から高学年までの成績毎回トップであったと言われるこの頃から、読書没頭し当時流行していた文学週刊誌『紫羅蘭』『礼拜六』を読む。高学年時には武侠小説人情本耽読し『三国志』水滸伝』『紅楼夢』は繰り返し通読していた。維廉が11歳のとき母袁氏亡くなる。連夜慟哭する維廉と対照的に夜半笑い声をこぼす女系親族たちを目の当たりにした維廉は、このことを契機に不可解な事柄について独自に思索深めることを始める。また、母の苗字記念するために、後に筆名袁犀とする。1931年秋、柳条湖事件端を発し満州事変起こる。日本の侵略により瀋陽市占拠され、維廉は退学余儀なくされた。実際に日本軍による住民殺害目睹した維廉は、彼に最も影響与えた国語教師の康氏に曽て手紙を書くが、罵倒され終わった。維廉が12歳の時、独学の末、優秀な成績瀋陽西関奉天省第二初級中学飛び級して入学この頃文芸愛好者同級生と「一角社」を作り、小雑誌の刊行を始める。中二時に国語教師戴復初に出会う。戴氏は白話作文をすることを主張した人物であり、当時としては極めて珍しかった。戴氏は維廉に魯迅の『狂人日記』と周作人の『沢潟集』を貸す。この二冊を読んだ維廉は続いて兪平伯の『雑拌児』や郁逹夫の沈淪』と『懺悔集』を耽読したこの中でも特に郁逹夫を敬愛していた維廉は、郁逹夫の文体真似努力をしていた。二学期始まって間も無く、戴氏は腹水により世を去った新任教師白話による作文禁止したため、維廉や白話文好きな同級生たち国語教師入れ替え学校当局要求するも、失敗また、この時期すでに日本人教官学校にいた。秋に学校で行われた日本語演説会」で、維廉ともう一人の学生は「日本語対話」に参加することを日本人教官強いられたが、打ち合わせ通り壇上沈黙五分間貫き通し日本語使用拒否する最終的に二人大笑いし始め日本人教官怒らせる。この出来事原因となって維廉は退学させられる

※この「生い立ち(出生〜中学時代)」の解説は、「袁犀」の解説の一部です。
「生い立ち(出生〜中学時代)」を含む「袁犀」の記事については、「袁犀」の概要を参照ください。


生い立ち(1892年-1912年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/03 02:52 UTC 版)

ジューナ・バーンズ」の記事における「生い立ち(1892年-1912年)」の解説

バーンズは、ニューヨーク州コーンウォール=オン=ハドソンに近いストーム・キング山の丸太小屋生まれた父方の祖母は、ゼイデル・ターナー・バーンズという作家ジャーナリスト女性参政権活動家あり、かっては影響力ある文学サロン主宰していた。父ウォルド・バーンズ(1934年没)は、売れない作曲家音楽家画家であった1889年バーンズの母エリザベス1945年没)と結婚したが、ウォルド一夫多妻唱道者であり、バーンズ5歳1897年愛人のファニー・クラークを同居させた。子供は8人うまれたが、ウォルド家計支え努力はほとんどしなかった。祖母ゼイデルは息子真価認められない芸術天才であると信じており、家計支えるためにもがき、収入減ってきた時は友人知人金の無心の手紙を書いて補充していた。 バーンズ第2子として、子供時代大半弟妹異母弟世話をすることですごした初期教育家庭内で、おもに父と祖母からで、二人書くこと芸術音楽教えたが、数学綴りについておろそかだった。バーンズは、自分正規の学校教育を全く受けなかったと主張したが、10歳以降にしばらく公立学校入学した形跡はある。ただし出席状況良くなかったようだ。 バーンズ16歳時に強姦された。恐らくは父の同意得た隣人か、あるいは父その人によってであったバーンズ最初の小説『ライダー』遠まわしにこの強姦ことに触れており、過激で知られた最後の戯曲『交唱』ではより直接的に言及している。何年も同じベッド寝ていた祖母ゼイデルからの手紙には性的にあけすけな言及があり、祖母との近親相姦的な関係をも暗示している(しかしゼイデルは『交唱』書かれる40年前死んでおり、その真偽のほど問えない)。祖母との性的関係研究者の間でも意見分かれるところだが、のちにバーンズパートナーとして知られたテルマ・ウッドのことをバーンズは「祖母思い出させる存在語っている。 バーンズ18歳誕生日少し前にファニー・クラークの兄弟パーシー・フォークナーと、結婚に関する教会承認儀式なしという私的な儀式のみで心進まない結婚」をした。その時フォークナー52歳だった。この縁組みは父と祖母、母、兄弟によって強く進められたものだったが、バーンズは彼と、わずか二か月間同居したのみで、家族の住むロングアイランドのハンティントン・タウンシップに戻った

※この「生い立ち(1892年-1912年)」の解説は、「ジューナ・バーンズ」の解説の一部です。
「生い立ち(1892年-1912年)」を含む「ジューナ・バーンズ」の記事については、「ジューナ・バーンズ」の概要を参照ください。


生い立ち(1873-1895)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 15:28 UTC 版)

梁啓超」の記事における「生い立ち(1873-1895)」の解説

1873年広東農村現在の広東省江門市新会区郊外)に生まれる。貧しいながら向学心旺盛な家族のもと、四書五経史記読んで幼年期過ごす。 15歳の時、阮元によって建設され広東屈指の書院学海堂」に入学し戴震段玉裁王念孫由来する考証学訓詁名物制度の学)を修める17歳の時、科挙郷試に合格し挙人となった極めて成績優秀だったことからこの時試験官李端棻従妹との縁談もちかけられ婚約している。中挙後、梁啓超新会東甲郷祖祠に戻って祖先拝礼し、祝した18歳の時(光緒16年)の春、李端棻旅費援助し、父が同行して入京し、宣武門外の永光寺西街新会会館住み試験を受ける。朝中の守旧勢力新し思潮排斥したので、中に落ちない梁啓超広東路を経由して上海経由して地図「瀛寰志略」を購入世界五大陸各国あることを初め知った康有為広東省南海帰郷すると、友人の陳千秋とともに面会歓談し康有為勧めて私塾万木草堂」を開かせた。 それから数カ月間、万木草堂康有為から公羊学を学ぶと同時に彼の説く大同思想感銘を受け学海堂にもどって宣伝し老師学友論戦した。こうして梁啓超は、康有為出会って以後、その片腕として活動していくことになる。また、何度か北京上京した際に譚嗣同交流し大同思想王夫之学問について語り合った同時に雲台広州衛辺街に学館設立し自分の学術的な見解発表した。さらに、学海堂、菊坂精舎、紅綿草堂及び鎮海学生広く連絡を取り数百人の友人作った万木草堂育成した学生は、後日維新変法基幹となる。

※この「生い立ち(1873-1895)」の解説は、「梁啓超」の解説の一部です。
「生い立ち(1873-1895)」を含む「梁啓超」の記事については、「梁啓超」の概要を参照ください。


生い立ち(略歴)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/04 00:00 UTC 版)

中藤敦」の記事における「生い立ち(略歴)」の解説

中藤敦旧姓山口)は1902年広島市生まれ広島県工業学校卒業後就職した病を得療養生活中にキリスト教出会い1922年大正11年)10月洗礼受けたその後セブンスデー・アドベンチスト教団神学校天沼学院」を卒業し札幌伝道生活を送る1923年(大正12年)の関東大震災では東京教会にて被災結婚後、東京市外大森町にある大森講義所伝道師として従事する1929年昭和4年)~1931年門司教会副牧師として働いた七年間の伝道生活の後、大阪砲兵工廠に就職。職場にあった写真クラブO.C.G.(小石清指導)に顔を出し写真接点を持つ。プラモデル屋、豆乳屋、などを営む。浪華写真倶楽部入会後、同会展も含めていくつかの写真展入選果たし戦後の同倶楽部で、指導員、浪展審査員として後輩育成したその中には津田洋甫、高田誠三などがいる。また独自の暗室技術によりカラーゴム印画制作に取組んだ報道写真風景写真などの作品写真雑誌等多数発表。「アサヒカメラ」では撮影地案内などを、「カメラ毎日」では、指名質問というコーナー交代で愛読者からの質問答え撮影コツなどを回答した写真画店の経営もしていた。戦後日本報道写真連盟創設参加して昭和37年まで理事として活躍カラー写真展では日本先鞭をつけた。関西カラーラボ協会理事長、また毎日広告デザイン賞で審査員務め大阪府職業補導所講師大阪写真材料組合理事などを歴任した浪華写真倶楽部で、戦後間もない時期代表格一人として活躍し関西写壇に欠かせない写真家一人であった。キリスト者としては1948昭和23)年、日本基督教団玉出教会転入会し1966年64歳召天した。死後妻の中藤まつゑも写真家となった

※この「生い立ち(略歴)」の解説は、「中藤敦」の解説の一部です。
「生い立ち(略歴)」を含む「中藤敦」の記事については、「中藤敦」の概要を参照ください。


生い立ち(政治的活動を除く)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/30 14:06 UTC 版)

ニコラオス・ミハロリアコス」の記事における「生い立ち(政治的活動を除く)」の解説

ミハロリアコスは、1957年アテネ出生した彼の所属政党黄金の夜明けによればアテネ大学数学部で学業修了したとしている。

※この「生い立ち(政治的活動を除く)」の解説は、「ニコラオス・ミハロリアコス」の解説の一部です。
「生い立ち(政治的活動を除く)」を含む「ニコラオス・ミハロリアコス」の記事については、「ニコラオス・ミハロリアコス」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「生い立ち」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

生い立ち

出典:『Wiktionary』 (2021/09/03 12:25 UTC 版)

和語の漢字表記

  1. おいたち参照

「生い立ち」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



生い立ちと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「生い立ち」の関連用語

生い立ちのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



生い立ちのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの生い立ち (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのジョー・ストラマー (改訂履歴)、カネコアヤノ (改訂履歴)、多田智満子 (改訂履歴)、クリス・ノヴォセリック (改訂履歴)、袁犀 (改訂履歴)、ジューナ・バーンズ (改訂履歴)、梁啓超 (改訂履歴)、中藤敦 (改訂履歴)、ニコラオス・ミハロリアコス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの生い立ち (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS