.lrとは? わかりやすく解説

L/R 【Left/Right】


ローレンシウム


ローレンシウム


物質
ローレンシウム
英語名
Lawrencium
元素記号
Lr
原子番号
103
分子量
260
発見
1961年


.lr

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/12/01 15:59 UTC 版)

.lr国別コードトップレベルドメインccTLD)の一つで、リベリアに割り当てられている。






「.lr」の続きの解説一覧

LR

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/11 08:18 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

LR

学術

社会

企業・団体

  • ランドローバー (land rover) - 自動車メーカー、およびその商標。
  • 北日本放送 (JOLR(-DTV)) - 日本のテレビ局。
  • ロイズ船級協会 (Lloyd's Register of Shipping) - 船舶などの検査を行う船級協会のひとつ。

製品・商標

芸術・芸能・スポーツ



L + R

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/03/05 19:08 UTC 版)

L+R』(エル・プラス・アール)はL⇔Rのベスト・アルバム。






「L + R」の続きの解説一覧

L/R

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/12/18 02:52 UTC 版)

L/R(エル・アール)




「L/R」の続きの解説一覧

LR

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/11 18:30 UTC 版)

「リステッド・リストリクテッド・レース(Listed Restricted race制限されリステッド競走)」のこと。略記号は「LR」。 「リストリクテッド・レース」(R)該当するも、ブルーブックセリ名簿への記載認められている競走のこと。 日本国内では、中央競馬地方競馬行われる競走のうち、生産国所属などの制限によって正式G表記が行えず、独自にJpnI」などの格付け表記を行っている競走には、国際的にはこの格付与えられている。ただし、2010年までICSCは、日本国内競走を「L」と「LR」に区別せず、「L」表記のみ行ってきた。2011年からは「LR」と「L」が区別されている。 例えば、外国調教馬地方競馬所属馬が出走可能な2018年のアンドロメダステークス(京都競馬場国際)(特指))は「L」(リステッド)格付け与えられている一方外国調教馬出走できない2018年アネモネステークス中山競馬場)は「LR」(リステッド・リストリクテッド)格付け与えられている。どちらの競走も、主催者であるJRAは「オープン特別OP)」として施行していた。なお後者は2019年より外国調教馬出走を可能としたうえで「L」(リステッド)格付け与えている。 同じ2018年JRA京都競馬場行われたJBCクラシックJBCスプリントJBCレディスクラシック3競走は、国内向けには「JpnI表記行われた。この3競走も「ブルーブック上は「L」(リステッド競走に格付けされている地方競馬にて施行されるJpn表記重賞競走はすべて「LR」格付となっている。なお、2010年ジャパンダートダービー大井競馬場)は外国調教馬出走できないため国内的には「JpnI格付け実施されているが、「ブルーブック」では「L」格付けが行われていた。しかし2011年以降は「LR」格付け表になっている全日本2歳優駿2018年以降国際競走として施行されているため、この年より従来までの「LR」格付から「L」格付変更となっている。

※この「LR」の解説は、「リステッド競走」の解説の一部です。» 「リステッド競走」の概要を見る


LR

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/06 08:22 UTC 版)

1984年CDM後継として登場車体長は普通尺(J尺)、短尺(F尺)のバリエーションがあり、型式末尾記号判別できる車体標準では川重車体(→アイ・ケイ・コーチ)で、モノコックからスケルトンボディにフルモデルチェンジされた。キュービックと同様直線的なデザインだが、前面のデザインキュービック異なっている。 LRには富士重工業製西日本車体工業製のボディ架装した例もある。富士重工業製1994年まで16型(6Eまたは6B)、その後18型(8Eまたは8B)を架装する。西日本車体工業製は58MC型、その後96MC型を架装する。

※この「LR」の解説は、「いすゞ・ジャーニーK」の解説の一部です。» 「いすゞ・ジャーニーK」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「L + R」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



.lrと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

.lrのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



.lrのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
社団法人日本映像ソフト協会社団法人日本映像ソフト協会
Copyright © 2000-2022 Japan Video Software Association
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの.lr (改訂履歴)、LR (改訂履歴)、L + R (改訂履歴)、L/R (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのリステッド競走 (改訂履歴)、いすゞ・ジャーニーK (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS