.etとは?

イー‐ティー【ET】


イー‐ティー【ET】

enterostomal therapist》⇒エンテロストマールセラピスト


イー‐ティー【ET/E.T.】


イー‐ティー【ET】


ET effective temperature

有効温度をみよ!

ET(Enterostomal Therapist)


.et

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/12 18:40 UTC 版)

.et国別コードトップレベルドメインccTLD)の一つで、エチオピアに割り当てられている。"et"はフランス語およびラテン語でandを表す接続詞にあたる。セカンドレベルドメイン[1]の登録を受け付けており、ドメインハックにも利用可能となっている。[2]




  1. ^ example.com.et, example.org.et等
  2. ^ [1]
  3. ^ Welcome to EthioInternet


「.et」の続きの解説一覧

E.T.

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/23 06:16 UTC 版)

E.T.』(イーティー、E.T. The Extra-Terrestrial)は、1982年公開のアメリカ合衆国SF映画。ならびに、同作品に登場する、架空の地球外生命体の名称である。




  1. ^ a b c E.T. The Extra Terrestrial (1982)” (英語). Box Office Mojo. 2010年4月28日閲覧。
  2. ^ 歴代ランキング - CINEMAランキング通信” (2014年9月29日). 2014年10月5日閲覧。
  3. ^ 1983年配給収入10億円以上番組 - 日本映画製作者連盟
  4. ^ 日経産業新聞』1982年12月8日付、14頁。
  5. ^ 『日経産業新聞』1983年7月26日付、12頁。
  6. ^ ふきカエルインタビュー浪川大輔さん”. ふきカエル. 2020年5月5日閲覧。
  7. ^ 皆神龍太郎・志水一夫・加門正一『新・トンデモ超常現象56の真相』(太田出版、2001年)。この企画"Night Skies"は『未知との遭遇』に続いてコロンビア映画が配給し、アニマトロニクス部門でリック・ベイカーが『狼男アメリカン』と並行して技術開発を行っていた。セイルズの脚本そのものは映画化されなかったが、『グレムリン』などにアイディアが転用されている。この経緯は「幻に終わった傑作映画(ISBN:4801916902)」に詳しい。ベイカーをアニマトロニクスのスタッフに推薦したのは『狼男~』を監督したジョン・ランディス。同じく監督仲間のロバート・ゼメキスはE.T.がクローゼットでぬいぐるみの間に隠れるアイディアを提供した(「アクターズ・スタジオ・インタビュー」等でスピルバーグ自身が述懐している)。
  8. ^ AFI選出 アメリカ映画 勇気と感動ベスト100」のインタビュー
  9. ^ 曲自体人気がありウィリアムズ本人も気に入っている楽曲の一つであり、若干短縮されたアレンジがボストン・ポップスとウィリアムズが共演する演奏会ではかなりの頻度で演奏され、Alfred社から「地上の冒険」(Adventure on Earth)のタイトルで管弦楽用の楽譜が出版されている。
  10. ^ スクール・オブ・フィルム #19
  11. ^ 「『E.T.』ビデオ、日米で快進撃」『日経産業新聞』1988年11月7日、2面。
  12. ^ 視聴率 E.T.が「極道の妻」に敗れる 空前の放送権料でTV初登場したが…読売新聞、1991年10月17日付東京夕刊。(インターネットアーカイブのキャッシュ)
  13. ^ 視聴者リクエスト第3弾にて『プラダを着た悪魔』と共に選出された。
  14. ^ 『E.T.』『プラダを着た悪魔』の放送が決定!「金曜ロードSHOW!」リクエスト企画第3弾 - ライブドアニュース
  15. ^ a b c スピルバーグ、過去作の改変「二度とやらない」”. THE RIVER. 2020年5月4日閲覧。
  16. ^ SCREEN 1991年11月号 「E・T」なんでも事典



ET

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/10 06:13 UTC 版)

ET, et, Et




「ET」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「.et」の関連用語

.etのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



.etのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ダイキン工業ダイキン工業
Copyright (C) 2020 DAIKIN INDUSTRIES, ltd. All Rights Reserved.
日本オストミー協会日本オストミー協会
Copyright (C) JAPAN OSTOMY ASSOCIATION, INC. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの.et (改訂履歴)、E.T. (改訂履歴)、ET (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS