アメリカン・フィルム・インスティチュートとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > ウィキペディア小見出し辞書 > アメリカン・フィルム・インスティチュートの意味・解説 

アメリカン・フィルム・インスティチュート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/20 06:20 UTC 版)

アメリカン・フィルム・インスティチュートAmerican Film Institute、AFI)は、映画製作者を教育し、アメリカの映画芸術の遺産を尊重するアメリカの映画団体。民間資金と一般会員の会費によって運営されている。


  1. ^ Howe, Desson (1987年6月5日). “Film Notes”. The Washington Post. https://www.washingtonpost.com/archive/lifestyle/1987/06/05/film-notes/82ed3751-36da-40aa-9f5f-108eb47bc697/ 2017年6月10日閲覧. "And the AFI was born June 5, 1967 -- exactly 20 years ago." 
  2. ^ Ford, Rebecca (2014年8月27日). “AFI Fest to Honor Sophia Loren”. The Hollywood Reporter. 2014年8月29日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h AFI Conservatory”. American Film Institute. 2014年8月29日閲覧。
  4. ^ 『映画と政治』 ストーリー構成から観た政治 『月刊 自由民主』 原稿、衆議院議員・伊藤信太郎
  5. ^ “映画美術監督、リュ・ソンヒ”. KBS WOLRD Radio. (2016年6月21日). http://world.kbs.co.kr/service/contents_view.htm?lang=j&menu_cate=people&id=&board_seq=3000&page=3&board_code=mindsofkorea 2018年7月12日閲覧。 


「アメリカン・フィルム・インスティチュート」の続きの解説一覧

アメリカン・フィルム・インスティチュート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/07 17:22 UTC 版)

王様と私 (1956年の映画)」の記事における「アメリカン・フィルム・インスティチュート」の解説

アメリカン・フィルム・インスティチュートによる以下のランキング認定された。 情熱的な映画ベスト100 – #31 アメリカ映画100年のヒーローと悪役ベスト100:アンナデボラ・カー) – ヒーロー部ノミネート アメリカ映画主題歌ベスト100:"Getting to Know You" – ノミネート シャル・ウィ・ダンス? "Shall We Dance?" – #54 アメリカ映画の名セリフベスト100:"Et cetera, et cetera, et cetera." – ノミネート ミュージカル映画ベスト – #11 アメリカ映画ベスト100(10周年エディション)ノミネート

※この「アメリカン・フィルム・インスティチュート」の解説は、「王様と私 (1956年の映画)」の解説の一部です。
「アメリカン・フィルム・インスティチュート」を含む「王様と私 (1956年の映画)」の記事については、「王様と私 (1956年の映画)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「アメリカン・フィルム・インスティチュート」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

アメリカン・フィルム・インスティチュートのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



アメリカン・フィルム・インスティチュートのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアメリカン・フィルム・インスティチュート (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの王様と私 (1956年の映画) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS