E.T. 反響

E.T.

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 07:55 UTC 版)

反響

公開

1982年のカンヌ国際映画祭のクロージング・ガラでプレミア上映され、1982年6月11日にアメリカで公開された[44][45]。その後、10月までは1位と2位の間を行き来し、12月のホリデーシーズンに再公開された際に最後の1位に返り咲いた[46]。 2週目の週末には、1981年の『スーパーマンII』が記録した10,765,687ドルを上回り、歴代最高の2週目の週末興行収入を記録した[47]。4週目の週末には、『ロッキー3』が記録した1,670万6,592ドルを上回り、歴代最高の週末興行収入を記録した[48]。また、『ホーム・アローン』(1990年)までは達成できなかった1,000万ドル以上の週末興行が8回も記録され 、16週連続で1位を獲得するという記録を樹立した[49]

この映画は1982年11月26日にオーストラリアで国際展開を開始し、最初の10日間で9つの劇場から83万9992ドルの興行収入を上げ、5つの週間ハウスレコードと43のデイリーレコードを記録した。南アフリカでは11月下旬に公開され、14スクリーンで8日間に724,340ドルの興行収入を記録し、週間最高記録を13回更新しました。フランスでは12月1日に公開され、最初の5日間で250スクリーンから93万人が入場し、パリでの1日あたりの入場者数の歴代最高記録を更新しました(12月4日土曜日)。日本では1982年12月4日(土)に公開され、11都市の35館で2日間で1,757,527ドルの興行収入を記録し、土曜日に10、日曜日に14のハウスレコードを更新した。イギリスでは、木曜日のロンドンでのチャリティ公演を経て、12月9日に公開された。日本では12月11日にさらに138スクリーンを追加し、130万枚の前売り券が販売された[50]

1983年、『E.T.』は『スター・ウォーズ』を抜いて歴代最高の興行収入を記録し、劇場公開終了時には、北米で3億5,900万ドル、全世界で6億1,900万ドルの興行収入を記録した[51]。Box Office Mojoは、この映画が最初の劇場公開時にアメリカで1億2,000万枚以上のチケットを販売したと推定している[52]。スピルバーグは利益の分け前から1日50万ドルを得ていたが[53][54]ザ・ハーシー・カンパニーはリーシーズの使用が目立ったために利益が65%増加した。E.T.公式ファンクラブ」では、写真、読者が「映画の忘れられない瞬間(やお気に入りのシーン)を追体験できる」ニュースレター、「テレフォン・ホーム」などのサウンドクリップを収録したレコードなどが提供された[55]

この映画はアメリカで1500万台以上のVHSを販売し[56]、ビデオ販売収入は2億5000万ドルを超えた[57]。また、VHSカセットは1988年の最初の2週間で600万回以上レンタルされ、この記録は翌年の『バットマン』のVHSリリースまで『E.T.』が保持していた[58]。 2012年にリリースされた『E.T.』のDVDとBlu-rayは、米国で2017年時点で2,440万ドルの販売収入を記録した。

評価

この映画は世界中で絶賛された。ロジャー・エバートはこの映画に4つ星を与え、「これは単に良い映画ではない。我々の警戒心を払いのけ、我々の心を掴む映画の一つである」と書いている。後に彼はこの映画を自分の「偉大な映画」リストに加え、孫に初めてこの映画を見たときのことを手紙にして書いている[59]ローリング・ストーン誌のマイケル・スラゴウはスピルバーグを「宇宙時代のジャン・ルノワール」と呼んだ。ガーディアン誌のデレク・マルコムは、「『E.T.』は、ポピュラー映画の最高傑作だ。子供の頃の夢を、子供だけでなく、子供の頃を覚えている人なら誰でも参加できるように見事に演出されている」と書いている[60]。レナード・マルティンは「20世紀の必見映画100選」の中で、1980年代に製作された2本の映画のうちの1本としてこの映画を挙げている。政治評論家のジョージ・ウィルは、この映画が子供時代や科学についての破壊的な概念を広めていると感じ、この映画を批判した数少ない人物の1人である[61]

この映画はRotten Tomatoesで129件のレビューに基づいて98%の「認定された新鮮さ」支持率を得ており、平均評価は9.23/10となっている。同サイトの批評家の意見はこうだ。「スティーブン・スピルバーグ監督の感動的な宇宙人の物語は、老若男女を問わず映画の魔法のような作品である」[62]Metacriticでは、30件のレビューをもとに加重平均91/100点を獲得しており、「普遍的な評価」を示している[63]。CinemaScoreは、公開週末に行われた観客の投票では、この映画が知られている映画の中で初めて、珍しい「A+」の評価を得たとした[64]

称賛

ロンドンのマダム・タッソー蝋館のE.T.の蝋人形

第55回アカデミー賞では、作品賞を含む9部門にノミネートされた。作品賞・監督賞・脚本賞・撮影賞・編集賞5部門は『ガンジー』が受賞したが、監督のリチャード・アッテンボローは「E.T.が勝つというだけでなく、勝つべきだと確信していました。独創的で、パワフルで、素晴らしい作品でした。私はもっと平凡な映画を作っている」と述べた[65]。アカデミー賞では、作曲賞、音響賞(ロバート・クヌッドソン、ロバート・グラス、ドン・ディジローラモ、ジーン・カンタメッサ)、音響効果編集賞(チャールズ・L・キャンベル、ベン・バレット)、視覚効果賞(カルロ・ランバルディデニス・ミューレンケネス・F・スミス)の4部門を受賞した[66]第40回ゴールデングローブ賞では、ドラマ部門の作品賞と作曲賞を受賞し、監督賞、脚本賞、ヘンリー・トーマスの新人男優賞にもノミネートされた[67]サターン賞のSF映画賞、脚本賞、特殊効果賞、音楽賞、ポスターアート賞を受賞し、ヘンリー・トーマス、ロバート・マクトン、ドリュー・バリモアはヤング・アーティスト賞を受賞した。作曲家のジョン・ウィリアムズは、ゴールデングローブ賞とサターン賞に加え、グラミー賞2部門、BAFTAを受賞した。また、日本のブルーリボン賞、スペインのシネマライターズサークル賞、フランスのセザール賞、イタリアのダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞で最優秀外国語映画賞を受賞するなど、海外でも高い評価を受けた[68]

アメリカン・フィルム・インスティチュートの調査では、この映画は史上最高の映画の24番目[69]、最も心を打つ映画の44番目[70]、最も感動的な映画の6番目に選ばれている[71]。他のAFI調査では、この映画は最高の音楽スコアの14番目[72]、最高のSFスコアの3番目と評価されている[73]。 「E.T. phone home」というセリフは、AFIの「100年...100の映画の名言」で15位[74]プレミア誌の「トップムービー名言」で48位にランクインしている[75]。2005年、イギリスのチャンネル4が行った「100の偉大なファミリー映画」の投票でトップになり[76]タイム誌では「史上最高の映画100本」のひとつに挙げられている[77]

2003年、エンターテインメント・ウィークリー誌はこの映画を8番目に「涙を誘う」作品とした[78]。2007年、同誌は映画とテレビシリーズの両方を対象とした調査で、過去25年間のSFメディアの中で7番目に素晴らしい作品とした[76]。また、タイムズ紙は映画の中で9番目に好きなエイリアンとし、「大衆文化の中で最も愛されている非人間の一人」とした。 また、1994年には「文化的、歴史的、美学的に重要な作品」としてアメリカ国立フィルム登録簿に登録された[79]


注釈

  1. ^ この企画"Night Skies"は『未知との遭遇』に続いてコロンビア映画が配給し、アニマトロニクス部門でリック・ベイカーが『狼男アメリカン』と並行して技術開発を行っていた。セイルズの脚本そのものは映画化されなかったが、『グレムリン』などにアイディアが転用されている。この経緯は「幻に終わった傑作映画(ISBN 4801916902)」に詳しい。ベイカーをアニマトロニクスのスタッフに推薦したのは『狼男~』を監督したジョン・ランディス。同じく監督仲間のロバート・ゼメキスはE.T.がクローゼットでぬいぐるみの間に隠れるアイディアを提供した(「アクターズ・スタジオ・インタビュー」等でスピルバーグ自身が述懐している)。
  2. ^ 曲自体人気がありウィリアムズ本人も気に入っている楽曲の一つであり、若干短縮されたアレンジがボストン・ポップスとウィリアムズが共演する演奏会ではかなりの頻度で演奏され、Alfred社から「地上の冒険」(Adventure on Earth)のタイトルで管弦楽用の楽譜が出版されている。
  3. ^ 視聴者リクエスト第3弾にて『プラダを着た悪魔』と共に選出された。

出典

  1. ^ a b c E.T. The Extra Terrestrial (1982)” (英語). Box Office Mojo. 2010年4月28日閲覧。
  2. ^ 歴代ランキング - CINEMAランキング通信” (2014年9月29日). 2014年10月5日閲覧。
  3. ^ 1983年配給収入10億円以上番組 - 日本映画製作者連盟
  4. ^ 「ジュラシック・パーク」シリーズ全6作解説 あらすじ、キャラクター、興行収入ランキング 【金曜ロードショー「ジュラシック・パークIII」放送記念】】”. 映画.com (2022年6月10日). 2022年6月16日閲覧。
  5. ^ ふきカエルインタビュー浪川大輔さん”. ふきカエル. 2020年5月5日閲覧。
  6. ^ McBride 1997, p. 72
  7. ^ a b c d Brode 1995, pp. 114–127
  8. ^ a b c McBride 1997, pp. 323–38
  9. ^ E.T. the Extra-Terrestrial: The 20th Anniversary Celebration (DVD). Universal, directed by Laurent Bouzereau. (2002年) 
  10. ^ a b c McBride, Joseph (2011). Steven Spielberg: A Biography, Second Edition. University Press of Mississippi. pp. 323–38. ISBN 978-1-604-73836-0 
  11. ^ Caulfield, Deborah (1982年7月18日). “E.T. Gossip: The One That Got Away?”. Los Angeles Times 
  12. ^ a b E.T. the Extra-Terrestrial: Production Notes (DVD booklet)
  13. ^ Worsley 1997, p. 179
  14. ^ Biography”. QRZ.com. 2014年2月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年5月19日閲覧。
  15. ^ Brode 1995, p. 117
  16. ^ Pierce, Tony (2014年11月3日). “How Steven Spielberg chose Henry Thomas to play Elliott in E.T.”. オリジナルの2015年12月23日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20151223044646/http://www.oscars.org/news/how-steven-spielberg-chose-henry-thomas-play-elliott-et 2015年12月22日閲覧。 
  17. ^ Daly, Steve (2002年3月22日). “Starry Role”. Entertainment Weekly. オリジナルの2010年9月24日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100924002430/http://www.ew.com/ew/gallery/0,,20036782_20037403_218829,00.html 2010年4月17日閲覧。 
  18. ^ E.T. — The Reunion (DVD). Universal, directed by Laurent Bouzereau. (2002年) 
  19. ^ "The Making of E.T.: The Extra-Terrestrial"--from the "E.T. Signature Collection LaserDisc", MCA/Universal Home Video, 1996
  20. ^ Jamieson, Natalie (2008年7月16日). “The man who brings movies to life”. Newsbeat. オリジナルの2012年4月4日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120404025051/http://news.bbc.co.uk/newsbeat/hi/entertainment/newsid_7509000/7509441.stm 2008年7月17日閲覧。 
  21. ^ Bush, Kimberly (2019年12月28日). “Why Harrison Ford's 'E.T.' Scene Was Cut From the Final Film”. Showbiz Cheat Sheet. 2019年12月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年12月30日閲覧。
  22. ^ a b David E. Williams (1983年1月). “An Exceptional Encounter”. American Cinematographer: pp. 34–7 
  23. ^ Patel, Varun (2020年5月30日). “Where Was ET Filmed? Extra-Terrestrial Filming Locations”. The Cinemaholic. オリジナルの2020年7月31日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200731015125/https://www.thecinemaholic.com/extra-terrestrial-filming-locations/ 2020年5月31日閲覧。 
  24. ^ The Worldwide Guide To Movie Locations”. Movie-Locations.com. 2015年2月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年7月28日閲覧。
  25. ^ James Lipton (host). (2001). Inside the Actors Studio: Steven Spielberg. [Documentary]. Bravo.
  26. ^ John Williams (2002年). A Conversation with John Williams (DVD). Universal 
  27. ^ Karlin, Fred, and Rayburn Wright. On the Track: A Guide to Contemporary Film Scoring. New York: Schirmer Books, 1990.
  28. ^ a b Taylor, Charles (2002年3月22日). “You can go home again”. Salon. オリジナルの2008年8月2日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080802152730/http://dir.salon.com/story/ent/movies/feature/2002/03/22/et/index.html 2008年9月11日閲覧。 
  29. ^ Arnold, Gary (1982年6月6日). “E.T. Steven Spielberg's Joyful Excursion, Back to Childhood, Forward to the Unknown”. The Washington Post. オリジナルの2017年11月27日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20171127041359/http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2005/06/22/AR2005062201424.html 2017年12月30日閲覧。 
  30. ^ McBride 1997, p. 13
  31. ^ Thomas A. Sebeok. "Enter Textuality: Echoes from the Extra-Terrestrial." In Poetics Today (1985), Porter Institute for Poetics and Semiotics. Published by Duke University Press.
  32. ^ a b Ilsa J. Beck, "The Look Back in E.T.," Cinema Journal 31(4) (1992): 25–41, 33.
  33. ^ Scott, A. O. (2002年3月22日). “Loss and Love, A Tale Retold.”. The New York Times. オリジナルの2008年6月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080621032356/http://query.nytimes.com/gst/fullpage.html?res=9404EED71138F931A15750C0A9649C8B63 2008年4月11日閲覧。 
  34. ^ Wuntch, Philip (1985年7月19日). “Return of E.T.”. The Dallas Morning News 
  35. ^ a b Sheehan, Henry (May–June 1992). “The Panning of Steven Spielberg”. Film Comment. オリジナルの2007年7月3日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20070703105619/http://www.henrysheehan.com/essays/stuv/spielberg-1.html 2007年7月16日閲覧。 
  36. ^ Rubin 2001, p. 53
  37. ^ Kauffmann, Stanley (1982年7月27日). “The Gospel According to St. Steven”. The New Republic. オリジナルの2019年7月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190708142203/https://newrepublic.com/article/76829/the-gospel-according-st-steven 2017年12月17日閲覧。 
  38. ^ Anton Karl Kozlovic. "The Structural Characteristics of the Cinematic Christ-figure," Archived February 23, 2005, at the Wayback Machine. Journal of Religion and Popular Culture 8 (Fall 2004).
  39. ^ Nigel Andrews. "Tidings of comfort and joy." Financial Times (December 10, 1982), I11
  40. ^ Crist, Judith (1984年). “Take 22: Moviemakers on Moviemaking”. Viking 
  41. ^ a b Andrew Gordon. "E.T. as a Fairy Tale," Science Fiction Studies 10 (1983): 298–305.
  42. ^ Rubin 2001, p. 22
  43. ^ Richard Schickel (interviewer) (2007年7月9日). Spielberg on Spielberg. Turner Classic Movies 
  44. ^ Ebert, Roger (1985年8月9日). “E.T.: The Second Coming”. Movieline 
  45. ^ Festival de Cannes: E.T. the Extra-Terrestrial”. festival-cannes.com. 2014年1月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年6月13日閲覧。
  46. ^ E.T.: The Extra-Terrestrial — Weekend Box Office”. Box Office Mojo. 2013年9月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年4月18日閲覧。
  47. ^ Murphy, A.D. (October 27, 1982). “Biggest North American Film Boxoffice Weekends in History”. Daily Variety: 46. 
  48. ^ Domestic 1982 Weekend 27”. Box Office Mojo. 2020年7月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年5月14日閲覧。
  49. ^ BEST RANKING MOVIES by Weekend Rank, 1982–Present”. Box Office Mojo. 2018年10月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年5月14日閲覧。
  50. ^ “E.T. Taking Over the World”. Daily Variety: 1. (December 7, 1982). 
  51. ^ E.T.: The Extra-Terrestrial (Re-issue)”. Box Office Mojo. 2013年5月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年3月6日閲覧。
  52. ^ E.T.:The Extra-Terrestrial (1982)”. Box Office Mojo. 2016年8月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年5月31日閲覧。
  53. ^ “Spielberg's Creativity”. The New York Times. (1982年12月25日). オリジナルの2009年6月5日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090605190909/http://www.nytimes.com/1982/12/25/business/spielberg-s-creativity.html 2010年4月17日閲覧。 
  54. ^ Callo, Jim (1982年8月23日). “Director Steven Spielberg Takes the Wraps Off E.T., Revealing His Secrets at Last”. People 
  55. ^ “Yours Free From E.T. With Membership”. Ahoy!: p. 91. (1984年1月). オリジナルの2016年3月16日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160316052336/https://archive.org/stream/Ahoy_Issue_01_1984-01_Ion_International_US#page/n89/mode/2up 2014年6月27日閲覧。 
  56. ^ Hall, Sheldon (2010). Epics, Spectacles, and Blockbusters: A Hollywood History. Wayne State University Press. p. 238. ISBN 978-0814336977. https://books.google.com/books?id=Ro0hASPfC68C&pg=PA238 
  57. ^ “VCR: a boon for the bargain hunter”. United Press International. (1988年10月24日). オリジナルの2018年9月5日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180905215004/https://www.upi.com/Archives/1988/10/24/VCR-a-boon-for-the-bargain-hunter-Electronics/4030899165864/ 2018年9月5日閲覧。 
  58. ^ “Batman' sets video rental record”. United Press International. (1989年12月13日). オリジナルの2018年6月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180612140918/https://www.upi.com/Archives/1989/12/13/Batman-sets-video-rental-record/5316629528400/ 2018年8月16日閲覧。 
  59. ^ Ebert, Roger. “E.T. The Extra Terrestrial (2002)”. RogerEbert.com. 2016年1月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年2月9日閲覧。
  60. ^ Sragow, Michael (1982年7月8日). “Extra-Terrestrial Perception”. Rolling Stone 
  61. ^ Will, George (1982年7月19日). “Well, I Don't Love You, E.T.”. Newsweek 
  62. ^ E.T. The Extra-Terrestrial (1982)”. Rotten Tomatoes. Fandango Media. 2013年12月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年12月9日閲覧。
  63. ^ E.T. the Extra-Terrestrial (re-release) Reviews”. Metacritic. CBS Interactive. 2013年10月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年10月16日閲覧。
  64. ^ McClintock, Pamela (2011年8月19日). “Why CinemaScore Matters for Box Office”. The Hollywood Reporter. 2014年4月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年9月14日閲覧。
  65. ^ Shay & Duncan 1993, p. 122
  66. ^ The 55th Academy Awards (1983) Nominees and Winners”. Academy of Motion Picture Arts and Sciences. 2012年9月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年10月9日閲覧。
  67. ^ E.T. Awards”. AllMovie. 2009年3月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年4月17日閲覧。
  68. ^ Awards for E.T. the Extra-Terrestrial (1982)”. Internet Movie Database. 2013年3月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年5月12日閲覧。
  69. ^ AFI's 100 Years...100 Movies”. American Film Institute. 2007年4月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年4月4日閲覧。
  70. ^ America's Most Heart-Pounding Movies”. American Film Institute. 2013年12月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年4月4日閲覧。
  71. ^ America's Most Uplifting Movies”. American Film Institute. 2016年3月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年4月4日閲覧。
  72. ^ AFI's 100 Years of Film Scores”. American Film Institute. 2013年12月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年10月10日閲覧。
  73. ^ “AFI Crowns Top 10 Films in 10 Classic Genres”. American Film Institute. (2008年6月17日). オリジナルの2013年10月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131012033350/http://www.comingsoon.net/news/movienews.php?id=46072 2008年6月18日閲覧。 
  74. ^ AFI's 100 Years...100 Movie Quotes”. American Film Institute. 2007年2月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年2月15日閲覧。
  75. ^ “The 100 Greatest Movie Lines”. Premiere. オリジナルの2007年12月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20071213051918/http://www.premiere.com/gallery.aspx?section_id=66&webtrends_section=best&article_id=3713&section_prefix=best&window_id=1&gallery_id=298&page_number=1&seq=53&cnt=49 2007年4月26日閲覧。 
  76. ^ a b Kirschling, Gregory (2007年5月7日). “The Sci-Fi 25”. Entertainment Weekly. オリジナルの2007年5月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20070508050722/http://www.ew.com/ew/article/0,,20036782_20037403_20037541_19,00.html 2007年5月7日閲覧。 
  77. ^ Corliss, Richard (2005年2月12日). “E.T. The Extra-Terrestrial (1982)”. Time. オリジナルの2011年8月31日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110831093529/http://www.time.com/time/specials/packages/0%2C28757%2C1953094%2C00.html 2010年4月17日閲覧。 
  78. ^ “#8 E.T. The Extra-Terrestrial”. Entertainment Weekly. (2003年11月19日). オリジナルの2014年1月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140108083423/http://www.ew.com/ew/article/0%2C%2C547069%2C00.html 2007年5月11日閲覧。 
  79. ^ Films Selected to The National Film Registry, Library of Congress 1989–2006”. National Film Registry of the Library of Congress. 2008年5月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年2月15日閲覧。
  80. ^ 皆神龍太郎・志水一夫・加門正一『新・トンデモ超常現象56の真相』(太田出版、2001年)。
  81. ^ AFI選出 アメリカ映画 勇気と感動ベスト100」のインタビュー
  82. ^ スクール・オブ・フィルム #19
  83. ^ a b c スピルバーグ、過去作の改変「二度とやらない」”. THE RIVER. 2020年5月4日閲覧。
  84. ^ 「『E.T.』ビデオ、日米で快進撃」『日経産業新聞』1988年11月7日、2面。
  85. ^ 視聴率 E.T.が「極道の妻」に敗れる 空前の放送権料でTV初登場したが…読売新聞、1991年10月17日付東京夕刊。(インターネットアーカイブのキャッシュ)
  86. ^ SCREEN 1991年11月号 「E・T」なんでも事典
  87. ^ a b 「E.T.」に登場した自転車”. SHIFT 日本語版 (2002年9月29日). 2020年11月28日閲覧。
  88. ^ 30年を経て蘇った、KUWAHARAの「E.T.」モデルBMX KE-01”. geared (2013年1月30日). 2020年11月28日閲覧。
  89. ^ SCREEN 1999年9月号 特別座談会 「SWE1」の魅力を大いに語ろう!
  90. ^ SCREEN 2005年10月号 「スター・ウォーズ」シリーズ トリビア30連発
  91. ^ 竹書房文庫『スター・ウォーズ 偽りの仮面』。現在この作品はレジェンズ扱いだが、名前はその後正史のコンテンツで再登場している。



ET

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/31 14:29 UTC 版)

ET, et, Et




「ET」の続きの解説一覧

.et

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/12 18:40 UTC 版)

.et国別コードトップレベルドメインccTLD)の一つで、エチオピアに割り当てられている。"et"はフランス語およびラテン語でandを表す接続詞にあたる。セカンドレベルドメイン[1]の登録を受け付けており、ドメインハックにも利用可能となっている。[2]




  1. ^ example.com.et, example.org.et等
  2. ^ [1]
  3. ^ Welcome to EthioInternet


「.et」の続きの解説一覧




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「E.T.」に関係したコラム

  • FXの口座明細の証拠金や維持率とは

    FX(外国為替証拠金取引)の口座明細には、証拠金や維持率のような専門用語が使われています。ここでは、それらの用語の意味や計算方法について解説します。建玉可能金額(たてぎょくかのうきんがく)新規に建玉(...

  • FXのトレンドとは

    FX(外国為替証拠金取引)のトレンド(trend)とは、為替レートがしばらくの間、ある決まった方向へ推移している状態のことです。トレンドの種類には、上昇トレンド、下降トレンド、レンジの3つの種類があり...

  • FXやCFDの三角形移動平均とは

    FXやCFDの三角形移動平均とは、移動平均の移動平均のことです。つまり、移動平均値を算出して、さらにその数値の移動平均値を算出します。なお、移動平均には単純移動平均を用います。三角形移動平均は、三角移...

  • FXでダウ理論を用いるには

    ダウ理論(Dow Theory)とは、ダウ・ジョーンズの創設者のチャールズ・ダウ(Charles Henry Dow)が提唱した相場理論のことです。ダウ理論には以下の6つの基本法則があります。ファンダ...

  • FXやCFDで相場のトレンドが継続するかどうかを調べるには

    FXやCFDで相場のトレンドが継続するかどうかを調べるにはいくつかの方法があります。ここでは、テクニカル指標のボリンジャーバンドとボラティリティを使って相場のトレンドが継続するかどうかを調べてみます。

  • FXのチャート分析ソフトMT4で表示できる通貨ペア以外のレートは

    FX(外国為替証拠金取引)のチャート分析ソフトMT4(Meta Trader 4)では、外国為替市場で取引される通貨ペア以外のチャートも表示できます。以下はそのリストです。なお、MT4のダウンロード先...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

E.T.のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



E.T.のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのE.T. (改訂履歴)、ET (改訂履歴)、.et (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS