E.T. テーマ

E.T.

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/15 03:37 UTC 版)

テーマ

スピルバーグは、この映画のストーリーを両親の離婚から描いた[27]ワシントン・ポスト紙のゲイリー・アーノルドは、この映画を「本質的にはスピリチュアルな自叙伝であり、並外れて熱烈で神秘的な想像力によって隔てられた典型的な郊外の子供としての映画監督の肖像である」と評している[28]。随所に彼の子供時代への言及が見られる。エリオットはランプの電球に体温計を当てて病気を装うが、これは若き日のスピルバーグがよく使っていたトリックである[29]。マイケルがエリオットをいじめるのは、スピルバーグが妹たちをからかっていたことを反映しているし、マイケルがいじめる側から守る側になるのは、父親が去った後にスピルバーグが妹たちの面倒を見なければならなかったことを反映している。

批評家はE.T.の人生と父親を失って「疎外された」エリオットとの類似性に注目している[30][31]ニューヨーク・タイムズ紙のA・O・スコットは、E.T.が「より明白で絶望的な孤児である」のに対し、エリオットは「家が欲しくて自分なりに苦しんでいる」と書いている[32]。E.T.はエリオットの名前の最初と最後の文字である[33]。この映画の中心にあるのは、成長というテーマである。評論家のヘンリー・シーハンは、この映画を迷子(エリオット)の視点から『ピーター・パン』を再演したものと表現している[34]。パンがネバーランドで精神的に生きられなかったように、E.T.は地球で物理的に生きられず、政府の科学者がネバーランドの海賊の代わりをしている。さらに、映画の中でメアリーがガーティーに「ピーターパン」を読み聞かせるシーンがある[34]。ニューヨーク・タイムズ紙のヴィンセント・キャンビーも同様に、この映画が「『ピーターパン』や『オズの魔法使い』の要素を自由に再利用している」と述べている[35]。一部の批評家は、スピルバーグによる郊外の描写は、一般的な信念に反して非常に暗いと指摘している。A・O・スコットによれば、「郊外の環境は、監視されていない子供や不幸な両親、壊れたおもちゃやブランド物のジャンクフードなど、レイモンド・カーヴァーの物語から出てきたようなものである」。 Salon.comのチャールズ・テイラーは、「スピルバーグの映画は、しばしば特徴づけられる方法にもかかわらず、家族や郊外に対するハリウッドの理想化ではない。ここに出てくる家々は、文化評論家のカラル・アン・マーリングが『使い込んだ痕跡』と呼んだものを残している」[27]

他の批評家はE.T.とイエスの間に宗教的な類似性を見出した[36][37]。アンドリュー・ナイジェルズはE.T.の物語を「軍事科学による磔刑」と「愛と信仰による復活」と表現してた[38]。スピルバーグの伝記作家であるジョセフ・マクブライドによれば、ユニバーサル・ピクチャーズはミケランジェロの『アダムの創造』を彷彿とさせるポスター(特に「指が触れる」というディテール)と「Peace」と書かれたロゴで、キリスト教市場に直接アピールしていた。スピルバーグは、この映画が宗教的なたとえ話であることを意図していないと答え、次のように冗談を言った。「もし僕が母のところに行って、『お母さん、僕はこの映画をキリスト教的なたとえ話にしました』と言ったら、母は何と言うと思う?彼女はロサンゼルスのPico and Dohenyでコーシャ(イスラエル料理)レストランを経営しているんだよ」[39]

この映画をめぐっては、映画評論が充実してきたこともあり、多くの作家が他の方法でも分析している。現代のおとぎ話として解釈されたり[40]、精神分析の観点から解釈されたりしている[31][40]。プロデューサーのキャスリーン・ケネディは、『E.T.』の重要なテーマは寛容であり、それは『シンドラーのリスト』のような将来のスピルバーグ作品の中心になるだろうと述べている。ティーンエイジャーの頃に一匹狼だったスピルバーグは、この作品を「マイノリティの物語」と表現している[41]。スピルバーグの特徴的なテーマであるコミュニケーションは、相互理解の理想と組み合わされている。彼は、物語の中心となるエイリアンと人間の友情は、現実世界の敵対者がどのように違いを克服することを学ぶことができるかのアナロジーであると示唆している[42]


注釈

  1. ^ この企画"Night Skies"は『未知との遭遇』に続いてコロンビア映画が配給し、アニマトロニクス部門でリック・ベイカーが『狼男アメリカン』と並行して技術開発を行っていた。セイルズの脚本そのものは映画化されなかったが、『グレムリン』などにアイディアが転用されている。この経緯は「幻に終わった傑作映画(ISBN 4801916902)」に詳しい。ベイカーをアニマトロニクスのスタッフに推薦したのは『狼男~』を監督したジョン・ランディス。同じく監督仲間のロバート・ゼメキスはE.T.がクローゼットでぬいぐるみの間に隠れるアイディアを提供した(「アクターズ・スタジオ・インタビュー」等でスピルバーグ自身が述懐している)。
  2. ^ 曲自体人気がありウィリアムズ本人も気に入っている楽曲の一つであり、若干短縮されたアレンジがボストン・ポップスとウィリアムズが共演する演奏会ではかなりの頻度で演奏され、Alfred社から「地上の冒険」(Adventure on Earth)のタイトルで管弦楽用の楽譜が出版されている。
  3. ^ 視聴者リクエスト第3弾にて『プラダを着た悪魔』と共に選出された。

出典

  1. ^ a b c E.T. The Extra Terrestrial (1982)” (英語). Box Office Mojo. 2010年4月28日閲覧。
  2. ^ 歴代ランキング - CINEMAランキング通信” (2014年9月29日). 2014年10月5日閲覧。
  3. ^ 1983年配給収入10億円以上番組 - 日本映画製作者連盟
  4. ^ ふきカエルインタビュー浪川大輔さん”. ふきカエル. 2020年5月5日閲覧。
  5. ^ McBride 1997, p. 72
  6. ^ a b c d Brode 1995, pp. 114–127
  7. ^ a b c McBride 1997, pp. 323–38
  8. ^ E.T. the Extra-Terrestrial: The 20th Anniversary Celebration (DVD). Universal, directed by Laurent Bouzereau.. (2002年) 
  9. ^ a b c McBride, Joseph (2011). Steven Spielberg: A Biography, Second Edition. University Press of Mississippi. pp. 323–38. ISBN 978-1-604-73836-0 
  10. ^ Caulfield, Deborah (1982年7月18日). “E.T. Gossip: The One That Got Away?”. Los Angeles Times 
  11. ^ a b E.T. the Extra-Terrestrial: Production Notes (DVD booklet)
  12. ^ Worsley 1997, p. 179
  13. ^ Biography”. QRZ.com. 2012年5月19日閲覧。
  14. ^ Brode 1995, p. 117
  15. ^ Pierce, Tony (2014年11月3日). “How Steven Spielberg chose Henry Thomas to play Elliott in E.T.”. http://www.oscars.org/news/how-steven-spielberg-chose-henry-thomas-play-elliott-et 2015年12月22日閲覧。 
  16. ^ Daly, Steve (2002年3月22日). “Starry Role”. Entertainment Weekly. https://www.ew.com/ew/gallery/0,,20036782_20037403_218829,00.html 2010年4月17日閲覧。 
  17. ^ E.T. — The Reunion (DVD). Universal, directed by Laurent Bouzereau.. (2002年) 
  18. ^ "The Making of E.T.: The Extra-Terrestrial"--from the "E.T. Signature Collection LaserDisc", MCA/Universal Home Video, 1996
  19. ^ Jamieson, Natalie (2008年7月16日). “The man who brings movies to life”. Newsbeat. http://news.bbc.co.uk/newsbeat/hi/entertainment/newsid_7509000/7509441.stm 2008年7月17日閲覧。 
  20. ^ Bush, Kimberly (2019年12月28日). “Why Harrison Ford's 'E.T.' Scene Was Cut From the Final Film”. Showbiz Cheat Sheet. 2019年12月30日閲覧。
  21. ^ a b David E. Williams (1983年1月). “An Exceptional Encounter”. American Cinematographer: pp. 34–7 
  22. ^ Patel, Varun (2020年5月30日). “Where Was ET Filmed? Extra-Terrestrial Filming Locations”. The Cinemaholic. https://www.thecinemaholic.com/extra-terrestrial-filming-locations/ 2020年5月31日閲覧。 
  23. ^ The Worldwide Guide To Movie Locations”. Movie-Locations.com. 2021年7月28日閲覧。
  24. ^ James Lipton (host). (2001). Inside the Actors Studio: Steven Spielberg. [Documentary]. Bravo.
  25. ^ John Williams (2002年). A Conversation with John Williams (DVD). Universal. 
  26. ^ Karlin, Fred, and Rayburn Wright. On the Track: A Guide to Contemporary Film Scoring. New York: Schirmer Books, 1990.
  27. ^ a b Taylor, Charles (2002年3月22日). “You can go home again”. Salon. http://dir.salon.com/story/ent/movies/feature/2002/03/22/et/index.html 2008年9月11日閲覧。 
  28. ^ Arnold, Gary (1982年6月6日). “E.T. Steven Spielberg's Joyful Excursion, Back to Childhood, Forward to the Unknown”. The Washington Post. https://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2005/06/22/AR2005062201424.html 2017年12月30日閲覧。 
  29. ^ McBride 1997, p. 13
  30. ^ Thomas A. Sebeok. "Enter Textuality: Echoes from the Extra-Terrestrial." In Poetics Today (1985), Porter Institute for Poetics and Semiotics. Published by Duke University Press.
  31. ^ a b Ilsa J. Beck, "The Look Back in E.T.," Cinema Journal 31(4) (1992): 25–41, 33.
  32. ^ Scott, A. O. (2002年3月22日). “Loss and Love, A Tale Retold.”. The New York Times. https://www.nytimes.com/2002/03/22/movies/critic-s-notebook-loss-and-love-a-tale-retold.html 2008年4月11日閲覧。 
  33. ^ Wuntch, Philip (1985年7月19日). “Return of E.T.”. The Dallas Morning News 
  34. ^ a b Sheehan, Henry (May–June 1992). “The Panning of Steven Spielberg”. Film Comment. http://www.henrysheehan.com/essays/stuv/spielberg-1.html 2007年7月16日閲覧。 
  35. ^ Rubin 2001, p. 53
  36. ^ Kauffmann, Stanley (1982年7月27日). “The Gospel According to St. Steven”. The New Republic. https://newrepublic.com/article/76829/the-gospel-according-st-steven 2017年12月17日閲覧。 
  37. ^ Anton Karl Kozlovic. "The Structural Characteristics of the Cinematic Christ-figure," Archived February 23, 2005, at the Wayback Machine. Journal of Religion and Popular Culture 8 (Fall 2004).
  38. ^ Nigel Andrews. "Tidings of comfort and joy." Financial Times (December 10, 1982), I11
  39. ^ Crist, Judith (1984年). “Take 22: Moviemakers on Moviemaking”. Viking 
  40. ^ a b Andrew Gordon. "E.T. as a Fairy Tale," Science Fiction Studies 10 (1983): 298–305.
  41. ^ Rubin 2001, p. 22
  42. ^ Richard Schickel (interviewer) (2007年7月9日). Spielberg on Spielberg. Turner Classic Movies. 
  43. ^ Ebert, Roger (1985年8月9日). “E.T.: The Second Coming”. Movieline 
  44. ^ Festival de Cannes: E.T. the Extra-Terrestrial”. festival-cannes.com. 2009年6月13日閲覧。
  45. ^ E.T.: The Extra-Terrestrial — Weekend Box Office”. Box Office Mojo. 2007年4月18日閲覧。
  46. ^ Murphy, A.D. (October 27, 1982). “Biggest North American Film Boxoffice Weekends in History”. Daily Variety: 46. 
  47. ^ Domestic 1982 Weekend 27”. Box Office Mojo. 2020年5月14日閲覧。
  48. ^ BEST RANKING MOVIES by Weekend Rank, 1982–Present”. Box Office Mojo. 2020年5月14日閲覧。
  49. ^ “E.T. Taking Over the World”. Daily Variety: 1. (December 7, 1982). 
  50. ^ E.T.: The Extra-Terrestrial (Re-issue)”. Box Office Mojo. 2012年3月6日閲覧。
  51. ^ E.T.:The Extra-Terrestrial (1982)”. Box Office Mojo. 2016年5月31日閲覧。
  52. ^ “Spielberg's Creativity”. The New York Times. (1982年12月25日). https://www.nytimes.com/1982/12/25/business/spielberg-s-creativity.html 2010年4月17日閲覧。 
  53. ^ Callo, Jim (1982年8月23日). “Director Steven Spielberg Takes the Wraps Off E.T., Revealing His Secrets at Last”. People 
  54. ^ “Yours Free From E.T. With Membership”. Ahoy!: p. 91. (1984年1月). https://archive.org/stream/Ahoy_Issue_01_1984-01_Ion_International_US#page/n89/mode/2up 2014年6月27日閲覧。 
  55. ^ Hall, Sheldon (2010). Epics, Spectacles, and Blockbusters: A Hollywood History. Wayne State University Press. p. 238. ISBN 978-0814336977. https://books.google.com/books?id=Ro0hASPfC68C&pg=PA238 
  56. ^ “VCR: a boon for the bargain hunter”. United Press International. (1988年10月24日). https://www.upi.com/Archives/1988/10/24/VCR-a-boon-for-the-bargain-hunter-Electronics/4030899165864/ 2018年9月5日閲覧。 
  57. ^ “Batman' sets video rental record”. United Press International. (1989年12月13日). https://www.upi.com/Archives/1989/12/13/Batman-sets-video-rental-record/5316629528400/ 2018年8月16日閲覧。 
  58. ^ Ebert, Roger. “E.T. The Extra Terrestrial (2002)”. RogerEbert.com. 2016年2月9日閲覧。
  59. ^ Sragow, Michael (1982年7月8日). “Extra-Terrestrial Perception”. Rolling Stone 
  60. ^ Will, George (1982年7月19日). “Well, I Don't Love You, E.T.”. Newsweek 
  61. ^ E.T. The Extra-Terrestrial (1982)”. Rotten Tomatoes. Fandango Media. 2019年12月9日閲覧。
  62. ^ E.T. the Extra-Terrestrial (re-release) Reviews”. Metacritic. CBS Interactive. 2008年10月16日閲覧。
  63. ^ McClintock, Pamela (2011年8月19日). “Why CinemaScore Matters for Box Office”. The Hollywood Reporter. 2016年9月14日閲覧。
  64. ^ Shay & Duncan 1993, p. 122
  65. ^ The 55th Academy Awards (1983) Nominees and Winners”. Academy of Motion Picture Arts and Sciences. 2011年10月9日閲覧。
  66. ^ E.T. Awards”. AllMovie. 2010年4月17日閲覧。
  67. ^ Awards for E.T. the Extra-Terrestrial (1982)”. Internet Movie Database. 2007年5月12日閲覧。
  68. ^ AFI's 100 Years...100 Movies”. American Film Institute. 2007年4月4日閲覧。
  69. ^ America's Most Heart-Pounding Movies”. American Film Institute. 2007年4月4日閲覧。
  70. ^ America's Most Uplifting Movies”. American Film Institute. 2007年4月4日閲覧。
  71. ^ AFI's 100 Years of Film Scores”. American Film Institute. 2019年10月10日閲覧。
  72. ^ “AFI Crowns Top 10 Films in 10 Classic Genres”. American Film Institute. (2008年6月17日). https://www.comingsoon.net/news/movienews.php?id=46072 2008年6月18日閲覧。 
  73. ^ AFI's 100 Years...100 Movie Quotes”. American Film Institute. 2007年2月15日閲覧。
  74. ^ “The 100 Greatest Movie Lines”. Premiere. http://www.premiere.com/gallery.aspx?section_id=66&webtrends_section=best&article_id=3713&section_prefix=best&window_id=1&gallery_id=298&page_number=1&seq=53&cnt=49 2007年4月26日閲覧。 
  75. ^ a b Kirschling, Gregory (2007年5月7日). “The Sci-Fi 25”. Entertainment Weekly. https://www.ew.com/ew/article/0,,20036782_20037403_20037541_19,00.html 2007年5月7日閲覧。 
  76. ^ Corliss, Richard (2005年2月12日). “E.T. The Extra-Terrestrial (1982)”. Time. http://www.time.com/time/specials/packages/0,28757,1953094,00.html 2010年4月17日閲覧。 
  77. ^ “#8 E.T. The Extra-Terrestrial”. Entertainment Weekly. (2003年11月19日). https://www.ew.com/ew/article/0,,547069,00.html 2007年5月11日閲覧。 
  78. ^ Films Selected to The National Film Registry, Library of Congress 1989–2006”. National Film Registry of the Library of Congress. 2007年2月15日閲覧。
  79. ^ 皆神龍太郎・志水一夫・加門正一『新・トンデモ超常現象56の真相』(太田出版、2001年)。
  80. ^ AFI選出 アメリカ映画 勇気と感動ベスト100」のインタビュー
  81. ^ スクール・オブ・フィルム #19
  82. ^ a b c スピルバーグ、過去作の改変「二度とやらない」”. THE RIVER. 2020年5月4日閲覧。
  83. ^ 「『E.T.』ビデオ、日米で快進撃」『日経産業新聞』1988年11月7日、2面。
  84. ^ 視聴率 E.T.が「極道の妻」に敗れる 空前の放送権料でTV初登場したが…読売新聞、1991年10月17日付東京夕刊。(インターネットアーカイブのキャッシュ)
  85. ^ SCREEN 1991年11月号 「E・T」なんでも事典
  86. ^ a b 「E.T.」に登場した自転車”. SHIFT 日本語版 (2002年9月29日). 2020年11月28日閲覧。
  87. ^ 30年を経て蘇った、KUWAHARAの「E.T.」モデルBMX KE-01”. geared (2013年1月30日). 2020年11月28日閲覧。



ET

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/31 14:29 UTC 版)

ET, et, Et




「ET」の続きの解説一覧

.et

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/12 18:40 UTC 版)

.et国別コードトップレベルドメインccTLD)の一つで、エチオピアに割り当てられている。"et"はフランス語およびラテン語でandを表す接続詞にあたる。セカンドレベルドメイン[1]の登録を受け付けており、ドメインハックにも利用可能となっている。[2]




  1. ^ example.com.et, example.org.et等
  2. ^ [1]
  3. ^ Welcome to EthioInternet


「.et」の続きの解説一覧




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「E.T.」に関係したコラム

  • FXの口座明細の証拠金や維持率とは

    FX(外国為替証拠金取引)の口座明細には、証拠金や維持率のような専門用語が使われています。ここでは、それらの用語の意味や計算方法について解説します。建玉可能金額(たてぎょくかのうきんがく)新規に建玉(...

  • FXのトレンドとは

    FX(外国為替証拠金取引)のトレンド(trend)とは、為替レートがしばらくの間、ある決まった方向へ推移している状態のことです。トレンドの種類には、上昇トレンド、下降トレンド、レンジの3つの種類があり...

  • FXやCFDの三角形移動平均とは

    FXやCFDの三角形移動平均とは、移動平均の移動平均のことです。つまり、移動平均値を算出して、さらにその数値の移動平均値を算出します。なお、移動平均には単純移動平均を用います。三角形移動平均は、三角移...

  • FXでダウ理論を用いるには

    ダウ理論(Dow Theory)とは、ダウ・ジョーンズの創設者のチャールズ・ダウ(Charles Henry Dow)が提唱した相場理論のことです。ダウ理論には以下の6つの基本法則があります。ファンダ...

  • FXやCFDで相場のトレンドが継続するかどうかを調べるには

    FXやCFDで相場のトレンドが継続するかどうかを調べるにはいくつかの方法があります。ここでは、テクニカル指標のボリンジャーバンドとボラティリティを使って相場のトレンドが継続するかどうかを調べてみます。

  • FXのチャート分析ソフトMT4で表示できる通貨ペア以外のレートは

    FX(外国為替証拠金取引)のチャート分析ソフトMT4(Meta Trader 4)では、外国為替市場で取引される通貨ペア以外のチャートも表示できます。以下はそのリストです。なお、MT4のダウンロード先...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「E.T.」の関連用語

E.T.のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



E.T.のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのE.T. (改訂履歴)、ET (改訂履歴)、.et (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS