アダムの創造とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 芸術・創作物 > 絵画作品 > 絵画作品 > アダムの創造の意味・解説 

アダムの創造

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/26 03:44 UTC 版)

『アダムの創造』(アダムのそうぞう、(: Creazione di Adamo))は、ルネサンス盛期の芸術家ミケランジェロが、ヴァチカンシスティーナ礼拝堂の天井に描いたフレスコ画の一部。1511年ごろの作品で、旧約聖書の『創世記』に記されたが、最初の人類たるアダムに生命を吹き込む場面を表現しているとされている。システィーナ礼拝堂天井画のうち、『旧約聖書』を題材として描かれた九つのエピソードの4番目にあたる作品である。『アダムの創造』は一連のシスティーナ礼拝堂内装壁画のなかでももっとも有名な作品で、その名声に比肩するのはレオナルド・ダ・ヴィンチが描いた『モナ・リザ』(1503年 - 1519年頃、ルーヴル美術館)だけだともいわれる。神とアダムの指先が今にも触れようとしている場面は、人間性を表すもっとも有名なアイコンとなり、いままでに無数の模倣やパロディ作品が制作されている[1]。宗教画としては、レオナルド・ダ・ヴィンチの『最後の晩餐』と並んで、『アダムの創造』を初めとするシスティーナ礼拝堂のフレスコ画群がもっとも広く模倣された絵画である。




  1. ^ 池上英洋 『神のごときミケランジェロ』 新潮社2013年、73頁。ISBN 978-4-10-602247-0
  2. ^ s:創世記(口語訳)#1:26
  3. ^ Leo Steinberg, Who's who in Michelangelo's Creation of Adam, in Art Bulletin, December 1992, pp. 553-554.
  4. ^ s:創世記(口語訳)#1:27
  5. ^ Veni, Creator Spiritus / Come Holy Spirit, Creator Blest. Preces-latinae.org.
  6. ^ Meshberger, Frank Lynn (1990年10月10日). “An Interpretation of Michelangelo's Creation of Adam Based on Neuroanatomy”. JAMA 264 (14): 1837-41. doi:10.1001/jama.1990.03450140059034. PMID 2205727. http://jama.jamanetwork.com/article.aspx?articleid=383532 2012年9月24日閲覧。.  Pdf.
  7. ^ Appler, Mark Lee (1991年3月6日). “The Creation of Adam: Divine Funster Decrees We Are What We Eat: Chicken?”. Letters in comment: JAMA 265 (9): 1111. doi:10.1001/jama.1991.03460090059025. PMID 1995993. http://jama.jamanetwork.com/article.aspx?articleid=385198 2012年9月24日閲覧。. 
  8. ^ http://www.mentalhealthandillness.com/creation_fr.html, Mental Health & Illness.com, Retrieved September 21, 2010.
  9. ^ Stokes, p. 89
  10. ^ Bruschini, p. 112.
  11. ^ Bruschini, p. 112.


「アダムの創造」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「アダムの創造」の関連用語

アダムの創造のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



アダムの創造のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアダムの創造 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS