聖家族_(ミケランジェロ)とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 聖家族_(ミケランジェロ)の意味・解説 

聖家族 (ミケランジェロ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/26 03:45 UTC 版)

聖家族』(せいかぞく、: La Sacra Famiglia con san Giovannino, または Tondo Doni)は、ルネサンス盛期イタリア人芸術家ミケランジェロ・ブオナローティが1507年ごろに描いた絵画油彩テンペラで描かれたパネル絵で、現存しているわずか3枚のミケランジェロのパネル絵のなかの1枚であり、かつ唯一完成している作品である[1][2]フィレンツェウフィツィ美術館所蔵で、当時のままの額装がなされている。この作品は、トスカーナの有力な家庭の娘マッダレーナとの結婚を記念して、フィレンツェの商人アニョロ・ドーニ (Agnolo Doni) の依頼で描かれた作品とされている[3][4]。円形の絵画 (en:tondo)で、これはルネサンス期によく見られたスタイルである[5][6]




  1. ^ en:The Torment of Saint Anthony (Michelangelo), a copy, was done when he was twelve or thirteen
  2. ^ Hayum,209
  3. ^ Hayum,211
  4. ^ 他にミケランジェロはアニョロ・ドーニの肖像画も描いている
  5. ^ a b c Hayum,210
  6. ^ イタリア語の題名「Tondo Doni」は「ドーニ家の円形画」という意味になり、日本では『ドーニ家の聖家族』と呼ばれることもある
  7. ^ a b Painted Devotional Tondi, 219
  8. ^ a b c d d’Ancona, 43
  9. ^ a b d’Ancona, 44
  10. ^ a b c Buzzegoli, 408
  11. ^ a b c d d’Ancona, 45
  12. ^ a b c d e f Hartt and Wilkins, 506
  13. ^ a b c Hayum, 214
  14. ^ ミケランジェロ自身が制作したという説もある
  15. ^ a b c d Painted Devotional Tondi, 220
  16. ^ a b Smith,85
  17. ^ a b d’Ancona, 48
  18. ^ Lost and Partially Found, 31
  19. ^ Zimmer, 60
  20. ^ Hartt and Wilkins, 507
  21. ^ Grove, 442
  22. ^ 現在『聖アンナと聖母子』はパリのルーブル美術館所蔵で制作年度は1510年頃だが、ロンドンのナショナル・ギャラリーに所蔵されているものなど、下絵は1500年以前から制作されている
  23. ^ a b Smith, 84
  24. ^ d’Ancona, 46
  25. ^ d’Ancona, 46–47
  26. ^ Barolsky, 11
  27. ^ Barolsky, 8
  28. ^ Hayum, 218
  29. ^ Hayum 217-218
  30. ^ Hayum, 216
  31. ^ Painted Devotional Tondi, 226
  32. ^ a b Painted Devotional Tondi, 221
  33. ^ Painted Devotional Tondi, 224-225


「聖家族 (ミケランジェロ)」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「聖家族_(ミケランジェロ)」の関連用語

聖家族_(ミケランジェロ)のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



聖家族_(ミケランジェロ)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの聖家族 (ミケランジェロ) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS