ラオコーン像とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ラオコーン像の意味・解説 

ラオコーン像

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/05/18 08:09 UTC 版)

ラオコーン像』(ラオコーンぞう、: Gruppo del Laocoonte)は、バチカン美術館のピオ・クレメンティーノ美術館に所蔵されている古代ギリシア大理石製の彫像。ギリシア神話トロイアの神官ラオコーンとその2人の息子が海蛇に巻き付かれている情景を彫刻にした作品である。古代ローマの博物家プリニウスによると、この彫像の作者はロドス島出身のアゲサンドロス、アテノドロス、ポリュドロスの三人の彫刻家であるとしている。




  1. ^ William Smith, Dictionary of Greek and Roman Biography and Mythology, Taylor and Walton, 1846, p. 776.
  2. ^ Stewart, Andrew W. (1996), "Hagesander, Athanodorus and Polydorus", in Hornblower, Simon, Oxford Classical Dictionary, Oxford: Oxford University Press.
  3. ^ Richard Brilliant, My Laocoön - alternative claims in the interpretation of artworks, University of California Press, 2000, p. 29.
  4. ^ Rose, Herbert Jennings (1996), “Laocoön”, in Hornblower, Simon, Oxford Classical Dictionary, Oxford: Oxford University Press 
  5. ^ Catterson, Lynn, "Michelangelo's 'Laocoön?'" Artibus et historiae. 52 2005: 29
  6. ^ An Ancient Masterpiece Or a Master's Forgery?, New York Times, April 18, 2005
  7. ^ See Beard, Mary (2 February 2001), “Arms and the Man: The restoration and reinvention of classical sculpture”, Times Literary Supplement, http://tls.timesonline.co.uk/article/0,,25829-2465943_2,00.html . Beard, in fact, is highly sceptical of the identification, noting that ‘the new arm does not directly join with the father's broken shoulder (a wedge of plaster has had to be inserted); it appears to be on a smaller scale and in a slightly differently coloured marble’.
  8. ^ 池上英洋『神のごときミケランジェロ』新潮社、2013年、62頁。ISBN 978-4-10-602247-0
  9. ^ (BANDINELLI, Baccio. Web Gallery of Art. Retrieved on March 27, 2009.
  10. ^ Pliny The Laocoon in Antiquity. Institute of Design + Culture, Rome. Retrieved on March 27, 2009.
  11. ^ Blake's comments


「ラオコーン像」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ラオコーン像」の関連用語

ラオコーン像のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ラオコーン像のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのラオコーン像 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS