ルーブル美術館とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 建物・施設 > 施設 > 景勝地・観光地 > 世界遺産 > ルーブル美術館の意味・解説 

ルーブル‐びじゅつかん〔‐ビジユツクワン〕【ルーブル美術館】

読み方:るーぶるびじゅつかん

musée du Louvreルーブル宮殿内にあるフランス国立美術館1793年諸芸術中央美術館」として開館。「ミロのビーナス」「モナリザをはじめとする数々の名作所蔵する

ルーブル美術館の画像
パリのルーブル美術館

ルーヴル美術館

(ルーブル美術館 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/21 09:11 UTC 版)

ルーヴル美術館(ルーヴルびじゅつかん、: Musée du Louvre)は、パリにあるフランスの国立美術館。世界最大級の美術館(博物館)であるとともに世界最大級の史跡のひとつで、パリ中心部1区セーヌ川の右岸に位置する。収蔵品38万点以上。先史時代から19世紀までのさまざまな美術品3万5,000点近くが、総面積6万600平方メートルの展示場所で公開されている。世界でもっとも入場者数の多い美術館で、毎年800万人を超える入場者が訪れ[2]、2018年は初めて1,000万人を超えた[3]。フランスの世界遺産であるパリのセーヌ河岸にも包括登録されている[4]


注釈

  1. ^ ジョルジョ・ヴァザーリの『画家・彫刻家・建築家列伝』には、ミケランジェロの『レダと白鳥』(現存せず)は、フランソワ1世が購入したと書かれている。

出典

  1. ^ The Art Newspaper Ranking VISITOR FIGURES 2016 (PDF)”. The Art Newspaper. 2017年10月16日閲覧。
  2. ^ Travel + Leisure. “World's Most-Visited Museums”. 2012年10月31日閲覧。
  3. ^ 「仏ルーブル入館者 最高の1000万人超/18年。前年比25%増/テロ落ち込み回復 ビヨンセさん効果も」東京新聞』夕刊2019年1月7日(2面)掲載の共同通信配信記事。2019年1月20日閲覧。
  4. ^ UNESCO. “Paris, Banks of the Seine”. 2013年1月11日閲覧。
  5. ^ 一例として、2018年に日本で開催された「ルーヴル美術館展 肖像芸術 ―人は人をどう表現してきたか」(2019年1月20日閲覧)。
  6. ^ Louvre Website- Chateau to Museum, 1672 and 1692”. Louvre.fr. 2011年8月21日閲覧。
  7. ^ Louvre Website- Chateau to Museum 1692”. Louvre.fr. 2011年8月21日閲覧。
  8. ^ a b コレクションと学芸部門”. ルーヴル美術館. 2013年1月11日閲覧。
  9. ^ a b Mignot, p. 32
  10. ^ a b Edwards, pp. 193–94
  11. ^ 『ルーヴル美術館の歴史』, pp. 17-18.
  12. ^ 『ルーヴル美術館の歴史』, p. 17, 23.
  13. ^ 『ルーヴル美術館の歴史』, p. 23.
  14. ^ a b 『ルーヴル美術館の歴史』, p. 24.
  15. ^ 『ルーヴル美術館の歴史』, pp. 22-23.
  16. ^ In Larousse Nouveau Dictionnaire étymologique et historique, Librairie Larousse, Paris, 1971, p. 430: ***loup 1080, Roland (leu, forme conservée dans à la queue leu leu, Saint Leu, etc.); du lat. lupus; loup est refait sur le fém. louve, où le *v* a empêché le passage du *ou* à *eu* (cf. Louvre, du lat. pop. lupara)*** the etymology of the word louvre is from lupara, feminine (pop. Latin) form of lupus.
  17. ^ In Lebeuf (Abbé), Fernand Bournon, Histoire de la ville et de tout le diocèse de Paris par l'abbé Lebeuf, Vol 2, Paris: Féchoz et Letouzey, 1883, p. 296: "Louvre".
  18. ^ 『ルーヴル美術館の歴史』, p. 26.
  19. ^ a b Edwards, p. 198
  20. ^ a b Chaundy, Bob (2006年9月29日). “Faces of the Week”. BBC. http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/magazine/5392000.stm 2007年10月5日閲覧。 
  21. ^ 『ルーヴル美術館の歴史』, pp. 30-31.
  22. ^ 『ルーヴル美術館の歴史』, pp. 37-38.
  23. ^ 『ルーヴル美術館の歴史』, pp. 42-47.
  24. ^ 『ルーヴル美術館の歴史』, p. 53.
  25. ^ Mignot, p. 42
  26. ^ Nore, p. 274
  27. ^ a b Carbonell, p. 56
  28. ^ a b c d e Nora, p. 278
  29. ^ Oliver, p. 21–22
  30. ^ Monaghan, Sean M.; Rodgers, Michael (2000年). “French Sculpture 1800–1825, Canova”. 19th Century Paris Project. School of Art and Design, San Jose State University. 2008年4月20日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年4月24日閲覧。
  31. ^ Oliver, p. 35
  32. ^ a b c d Alderson, p.24, 25
  33. ^ a b c d Mignot, pp. 68, 69
  34. ^ McClellan, p. 7
  35. ^ Mignot, p. 52
  36. ^ a b Alderson, p.25
  37. ^ Mignot, p. 69.
  38. ^ a b Mignot, pp. 52–54
  39. ^ a b Mignot, pp. 70–71
  40. ^ Alan Riding, And the Show Went On: Cultural Life in Nazi-Occupied Paris. Alfred A Knopf, New York: 2010. p34.
  41. ^ Simon, p. 23[誰?]
  42. ^ Simon, p. 177
  43. ^ Mignot, p. 13
  44. ^ Mignot, p. 66
  45. ^ a b Online Extra: Q&A with the Louvre's Henri Loyrette”. Business Week Online (2002年6月17日). 2008年9月25日閲覧。
  46. ^ Œuvres”. Musée du Louvre. 2008年4月27日閲覧。
  47. ^ a b c “New Boss at Louvre's helm”. BBC News. (2002年6月17日). http://news.bbc.co.uk/2/hi/entertainment/1249145.stm 2008年9月25日閲覧。 
  48. ^ a b Gareth Harris (13 September 2012), Islamic art, covered Financial Times.
  49. ^ Carol Vogel (19 September 2012), The Louvre’s New Islamic Galleries Bring Riches to Light New York Times.
  50. ^ a b c Gumbel, Peter (2008年7月31日). “Sacre Bleu! It's the Louvre Inc.”. Time Magazine. http://www.time.com/time/magazine/article/0,9171,1828324-1,00.html 2008年9月25日閲覧。 
  51. ^ a b c d e f Baum, Geraldine (2006年5月14日). “Cracking the Louvre's code — Los Angeles Times”. Los Angeles Times. http://articles.latimes.com/2006/may/14/entertainment/ca-louvre14 2008年9月25日閲覧。 
  52. ^ Louvre, Organization Chart”. Louvre.fr Official Site. 2008年5月24日閲覧。
  53. ^ Matlack, Carol (2008年7月28日). “The Business of Art: Welcome to The Louvre Inc.”. Der Spiegel Online. 2008年9月25日閲覧。
  54. ^ Lunn, p. 137
  55. ^ Scarlet Cheng (15 November 2012), Louvre and San Francisco museums sign five-year deal The Art Newspaper.
  56. ^ a b Gentleman, Amelia (2004年12月1日). “Lens puts new angle on the Louvre”. Guardian (UK). http://www.guardian.co.uk/world/2004/dec/01/france.arts 2008年2月27日閲覧。 
  57. ^ SARA HAMDAN (2012年9月26日). “After a Sputtering Start, the Louvre Abu Dhabi Project Gathers Pace”. nytimes (The New York Times Company). http://www.nytimes.com/2012/09/27/world/middleeast/27iht-m27-gulf-louvre.html?_r=0 2013年1月10日閲覧。 
  58. ^ Riding, Alan (2007年3月6日). “The Louvre's Art: Priceless. The Louvre's Name: Expensive.”. The New York Times. http://www.nytimes.com/2007/03/07/arts/design/07louv.html 2008年4月24日閲覧。 
  59. ^ Rapport Matteoli, Le pillage de l'art en France pendant l'occupation et la situation des 2000 oeuvres confiées aux Musées nationaux, p. 50, 60, 69 (PDF)”. 2011年8月21日閲覧。
  60. ^ Rickman, p. 294
  61. ^ Merryman, abstract
  62. ^ Le Louvre se dit "satisfait" de la restitution des fresques égyptiennes - Culture - Nouvelobs.com”. Tempsreel.nouvelobs.com. 2011年8月21日閲覧。
  63. ^ 35,000 works of art”. Musée du Louvre. 2008年9月27日閲覧。
  64. ^ a b c Mignot, p. 92
  65. ^ a b c d e f g h i Nave, pp.42–43
  66. ^ a b c d Mignot, pp 76, 77
  67. ^ a b Egyptian Antiquities”. Musée du Louvre. 2008年4月30日閲覧。
  68. ^ コレクションと学芸部門 古代オリエント美術部門”. Musée du Louvre. 2013年1月11日閲覧。
  69. ^ a b Mignot, pp. 119–21
  70. ^ Decorative Arts”. Musée du Louvre. 2008年5月20日閲覧。
  71. ^ “Forgotten Empire: The World of Ancient Persia”. University of California Press. (2006年). http://arthistory.about.com/library/weekly/sp/bl_forgottenempcat_rev.htm 2007年11月12日閲覧。 
  72. ^ a b c Greek, Etruscan, and Roman Antiquities”. Musée du Louvre. 2008年4月30日閲覧。
  73. ^ a b Mignot, pp. 155–58
  74. ^ Hannan, p.252
  75. ^ a b Islamic Art”. Musée du Louvre. 2008年4月30日閲覧。
  76. ^ a b Ahlund, p. 24
  77. ^ a b c Sculptures”. Musée du Louvre. 2008年4月23日閲覧。
  78. ^ a b c d Mignot, 397–401
  79. ^ a b c Nave, p 130
  80. ^ a b Mignot, pp. 451–54
  81. ^ Decorative Arts”. Musée du Louvre. 2008年4月30日閲覧。
  82. ^ Lasko, p. 242
  83. ^ Pierre Rosenberg, Dictionnaire amoureux du Louvre, Plon, Paris, 2007, p. 229.
  84. ^ Hannan, p. 262
  85. ^ a b Mignot, pp. 199–201, 272–73, 333–35
  86. ^ Paintings”. Musée du Louvre. 2008年4月23日閲覧。
  87. ^ Mignot, p. 201
  88. ^ Hannan, p. 267
  89. ^ Mignot, p. 378
  90. ^ Hannan, pp. 270–278
  91. ^ www.louvre.fr – Musée du Louvre – Exhibitions – Past Exhibitions – The La Caze Collection. Retrieved 23 May 2009.
  92. ^ a b Mignot, 496
  93. ^ a b 素描・版画部門”. ルーヴル美術館. 2013年1月11日閲覧。
  94. ^ Prints and Drawings”. Musée du Louvre. 2008年4月23日閲覧。
  95. ^ Mroue, p. 176
  96. ^ Rogers, p. 159
  97. ^ How to get here”. Louvre Museum. 2008年9月28日閲覧。
  98. ^ “'Bad taste' cries as McDonald's moves into 'Mona Lisa' museum”. CNN. (2009年10月7日). http://www.cnn.com/2009/WORLD/europe/10/06/mcdonalds.louvre/ 2010年5月11日閲覧。 
  99. ^ Fernando da Silva, Alexandre (2021年4月8日). “O Louvre ao alcance de todos!” [誰もが手の届くところにあるルーブル美術館!] (Portuguese). Jornal O Maringá. 2021年7月28日閲覧。
  100. ^ (4513) Louvre = 1971 QW1 = 1989 CS3”. MPC. 2021年10月9日閲覧。



「ルーブル美術館」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



ルーブル美術館と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ルーブル美術館」の関連用語

ルーブル美術館のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ルーブル美術館のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
近畿日本ツーリスト近畿日本ツーリスト
Copyright(C) All rights reserved by Kinki Nippon Tourist.
近畿日本ツーリスト世界遺産
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのルーヴル美術館 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS