.itとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 旅行 > 旅行 > .itの意味・解説 

アイ‐ティー【IT】


アイ‐ティー【IT】

information technology情報技術。コンピューター・インターネット・携帯電話などを使う、情報処理通信に関する技術総合的指していう語。国際的には、ほぼ同じ意味でICT情報通信技術)が広く使われる。→アイ‐シー‐ティーICT


イット【it】


IT(あいてぃー)(Information Technology)

主にパソコン携帯電話などを利用した情報通信技術

インターネット技術確立により、世界中パソコン一つネットワークにつながるようになった。現在では、テキスト文字画像データはもちろん、高品質音楽動画など大容量デジタルデータやり取りすることも可能になった。iモードなどの携帯電話PHSをはじめ、冷蔵庫電子レンジなどの家電製品インターネット接続きるもの現れた。

企業ビジネスにおいては、IT投資によって大幅コスト削減が可能になり、電子商取引eコマース)を導入して経営効率化成功したところが増えている。また、最近になって、SOHOスモールオフィス・ホームオフィス)という新し勤務形態発生することになった。これらは、産業構造大きな変化もたらす考えられ、IT革命呼ばれる

パソコンなどの端末さえあれば、いつ、どこにいても株取引銀行口座へのアクセスが可能である。さらに、将来は、住民票届出納税申告といった行手続きインターネット媒介して行う電子政府(バーチャル・エージェンシー)構想もある。

しかし、金融取引や個人情報に関するセキュリティー強化新し技術使いこなせる人とそうではない人との間で発生する情報格差デジタル・ディバイド)など、解決すべき課題存在する。その他、従来法律では想定ていないネット犯罪インターネット通じ商取引対す課税方法音楽ビデオ映像などの知的所有権など、新し視点が必要とされる問題もある。

関連キーワード「IT基本法

(2000.07.09更新


情報技術

読み方じょうほうぎじゅつ
別名:Information Technology
【英】IT

情報技術とは、コンピュータネットワークといった情報処理関連技術総称である。英語の頭字をとってITと呼ぶことも一般的となっている。

情報処理という言葉は、日本国内では、計算機利用が始まった当初から使用されてきた。1990年代後半になると、米国において、コンピュータ通信関連した技術用いて従来事業概念大きく突き崩すような事例数多く登場しはじめた。これらは、単にコンピュータ情報を扱っているだけでなく、ビジネスモデルそれ自体大きな衝撃インパクト与えた。とりわけ2000年前後インターネット普及進み人々認識産業全体構造にも変化与えつつあった。このため産業革命倣ってIT革命などとも呼ばれた。

情報技術の顕著な例として、電子商取引Eコマース)を挙げることができる。電子商取引では、24時間稼動しているサーバー群、ユーザー所有するパソコン高速通信回線その上に構築されたインターネットその上で提供され交わされている諸々情報いうように、コンピュータ通信技術が複雑に絡み合った技術の上実現されている。

情報技術、すなわちITと同義的な言葉として、ICTInformation and Communication Technology)という表現一般的になりつつある。ICTは「情報通信技術」と訳されるが、ITに比べコンピュータ技術通信技術がより融合した形で考えられ用いられることが多い。

情報技術は社会生活インフラとして重要性増してきており、コンピュータインターネット携帯電話、あるいは、来るべきユビキタス社会など、今日社会にあってはいずれ無視できないものとしてある。日本の教育体系では高等学校教科となり、高等学校学習指導要領において「情報A」「情報B」「情報C」の各教科設置されている。


.it

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/05 15:49 UTC 版)

.itイタリア国別コードトップレベルドメイン(ccTLD)。IT-NICが管轄している。






「.it」の続きの解説一覧

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。

(.it から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/22 11:39 UTC 版)

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』(イット それがみえたらおわり、It)は、2017年アメリカ合衆国青春超自然的ホラー映画スティーヴン・キングの1986年の小説『IT』を原作としている。1990年のトミー・リー・ウォーレス監督のミニシリーズに続き、2度目の映画化である。監督はアンディ・ムスキエティ、脚本はチェイス・パーマー、キャリー・フクナガゲイリー・ドーベルマンが務め、ビル・デンブロウ役でジェイデン・リーバハーが、ペニーワイズ役でビル・スカルスガルドがそれぞれ主演を務める。


  1. ^ a b c IT” (英語). Box Office Mojo. 2017年10月3日閲覧。
  2. ^ 2017年興行収入10億円以上番組 (PDF) - 日本映画製作者連盟
  3. ^ Calfas, Jennifer (2017年9月10日). “It Shatters Box Office Records With Massive Opening Weekend”. Time. 2017年10月10日閲覧。
  4. ^ Sciretta, Peter (2009年3月12日). “Warner Bros Remaking Stephen King's It”. /Film. 2016年10月16日閲覧。
  5. ^ Opie, David (2009年3月13日). “It's coming, as Hollywood plans Stephen King adaptation”. The Guardian. 2016年10月16日閲覧。
  6. ^ Williams, Owen (2016年8月11日). “Stephen King's It – everything you need to know”. Empire. 2016年9月28日閲覧。
  7. ^ Williams, Owen (2016年8月11日). “Stephen King's It – everything you need to know”. Empire. 2016年9月28日閲覧。
  8. ^ McNary, Dave (2009年3月12日). “Warner Bros. taps Kajganich for 'It'”. Variety. 2016年6月27日閲覧。
  9. ^ Castina (2010年7月6日). “Stephen King's "It" Bound For Big Screen”. PopCrunch. 2016年6月27日閲覧。
  10. ^ Barton, Steve (2009年4月5日). “Exclusive: More on the IT Remake! Rated R?”. Dread Central. 2016年6月27日閲覧。
  11. ^ Evry, Max (2014年12月5日). “Stephen King's IT Will Shoot Next Summer”. Coming Soon. 2016年6月27日閲覧。
  12. ^ Wickman (2015年2月3日). “Cary Fukunaga on Adapting It, His Musical With Owen Pallett, and #TrueDetectiveSeason2”. Slate. 2016年6月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年6月28日閲覧。
  13. ^ Disgusting (2015年3月3日). “'It' Director Seeks "Perfect Pennywise" Clown”. Bloody Disgusting. 2016年6月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年6月27日閲覧。
  14. ^ P. Sullivan (2015年5月4日). “Will Poulter cast as Pennywise in Cary Fukunaga's It”. Entertainment Weekly. 2016年6月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年6月27日閲覧。
  15. ^ Kroll (2015年5月4日). “Will Poulter to Play the Evil Clown in 'It' Remake (EXCLUSIVE)”. Variety. 2016年6月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年6月27日閲覧。
  16. ^ Gallagher (2016年2月27日). “Jurassic World Interview with Ty Simpkins”. MovieWeb. 2016年10月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年10月27日閲覧。
  17. ^ Kroll, Justin (2015年5月25日). “'It' Loses Director Cary Fukunaga”. Variety. 2016年6月27日閲覧。
  18. ^ Geier, Thom (2015年5月25日). “Cary Fukunaga Out as Director of Stephen King's 'It' at New Line (Exclusive)”. The Wrap. 2016年6月27日閲覧。
  19. ^ Setoodeh, Ramin (2015年9月2日). “Cary Fukunaga Offers New Details on Why 'It' Remake Fell Apart”. Variety. 2016年6月27日閲覧。
  20. ^ Setoodeh, Ramin (2015年9月2日). “Cary Fukunaga Offers New Details on Why 'It' Remake Fell Apart”. Variety. 2016年6月27日閲覧。
  21. ^ P. Sullivan, Kevin (2015年8月17日). “Cary Fukunaga opens up about IT departure – Exclusive”. Entertainment Weekly. 2016年6月28日閲覧。
  22. ^ King, Stephen (2015年5月25日). “The remake of IT may be dead”. Twitter. 2016年6月28日閲覧。
  23. ^ Sky News Editors, Justin (2015年5月26日). “It Remake 'Dead' As Director Walks Away”. Sky News. 2016年6月28日閲覧。
  24. ^ Kit, Borys (2015年7月16日). “Stephen King's 'It' Finds New Director (Exclusive)”. The Hollywood Reporter. 2016年6月27日閲覧。
  25. ^ Kit, Borys (2015年7月16日). “Stephen King's 'It' Finds New Director (Exclusive)”. The Hollywood Reporter. 2016年6月27日閲覧。
  26. ^ Kroll, Justin (2016年4月22日). “Warner Bros. Announces Release Date for 'It'”. Variety. 2016年6月27日閲覧。
  27. ^ D'Alessandro, Anthony (2016年4月22日). “Warner Bros. Sets 'CHiPs', 'It' & Untitled PG-13 Comedy For 2017”. Deadline Hollywood. 2016年6月27日閲覧。
  28. ^ Mayorga (2015年10月30日). “Muschiettis to Produce Supernatural Thriller 'Shadows' (EXCLUSIVE)”. Variety. 2016年3月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年6月28日閲覧。
  29. ^ Disgusting (2015年10月31日). “Stephen King's 'It' to Film Next Summer!”. Bloody Disgusting. 2016年7月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年6月28日閲覧。
  30. ^ Jones (2016年2月19日). “Stephen King's It May Start Filming in 2016; Two Movies Still Planned”. Screen Rant. 2016年6月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年6月28日閲覧。
  31. ^ a b Page (2016年5月5日). “'A Bigger Splash' Writer David Kajganich on His Unique Approach to the Remake and 'It'”. Collider. 2016年7月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年6月27日閲覧。
  32. ^ 1iota Editors (2017年8月24日). “WORLD PREMIERE - IT”. 1iota. 2017年8月26日閲覧。
  33. ^ Warner Bros. Editors (2017年7月27日). “WORLDWIDE RELEASE DATES”. Warner Bros.. 2017年8月13日閲覧。
  34. ^ RT Staff (2017年9月6日). “IT Reviews: See What Critics Are Saying About the New Stephen King Adaptation” (英語). Rotten Tomatoes. https://editorial.rottentomatoes.com/article/it-reviews-see-what-critics-are-saying-about-the-new-stephen-king-adaptation/ 2021年9月21日閲覧。 
  35. ^ It” (英語). Rotten Tomatoes. Fandango Media. 2021年3月1日閲覧。
  36. ^ "It" (英語). Metacritic. Red Ventures. 2021年3月1日閲覧。


「IT/イット “それ”が見えたら、終わり。」の続きの解説一覧

ITmedia

(.it から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/08 08:56 UTC 版)

ITmedia(アイティメディア)は、ソフトバンクグループ傘下のアイティメディア株式会社: ITmedia Inc.[2])が運営するIT系ニュースサイトである。ソフトバンクグループ子会社で出版・ブロードバンドコンテンツ等のメディアやマーケティング事業を統括する純粋持株会社「SBメディアホールディングス」の傘下にある。


  1. ^ a b c d e f g h i j k アイティメディア株式会社 (2021-06-24). 第22期(2020年4月1日 - 2021年3月31日)有価証券報告書 (Report). 
  2. ^ アイティメディア株式会社 定款 第1章第1条
  3. ^ 平成13年3月期 決算短信 (連結)”. ソフトバンクグループ. 2018年12月17日閲覧。
  4. ^ アイティメディアとメディアセレクトが合併”. SBクリエイティブ株式会社. 2018年12月17日閲覧。
  5. ^ アイティメディア株式会社 (2006). アイティセレクト : ビジネスイノベーターのためのIT活用情報誌. 東京: アイティメディア. http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000008158266-00 
  6. ^ アイティメディア株式会社; メディアセレクト (2005). サーバセレクト : サーバ・ソリューション・マガジン. 東京: アイティメディア. http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000007688717-00 
  7. ^ ITmedia Gamezからの大切なお知らせ 2011年3月28日
  8. ^ 週間ソフト販売ランキング:ありがとう、そしてこれからもよろしくお願いいたします 2011年3月31日
  9. ^ 米国Ziff-Davis Publishing社の買収について, ソフトバンク, 1995年11月9日
  10. ^ インターネット上のコンピュータ専門誌「ZDNet Japan」を9月1日創刊, ソフトバンク, 1997年6月12日
  11. ^ IT専門家向けWebサイト「@IT」のサービスを5月22日より開始, アットマーク・アイティ, 2000年5月19日
  12. ^ IT系情報サイト「ジーディーネット」が新ブランド「ITmedia」に刷新, ソフトバンク・アイティメディア, 2004年1月8日
  13. ^ ソフトバンク・アイティメディアとアットマーク・アイティ合併に合意, ソフトバンク・アイティメディア, 2004年11月25日
  14. ^ 新生「アイティメディア株式会社」、正式に発足, アイティメディア, 2005年3月1日
  15. ^ アイティメディア、メディアセレクトとの合併統合により新体制をスタート, アイティメディア, 2006年2月1日
  16. ^ アイティメディア、IT製品/サービスの導入・購買を支援する「TechTargetジャパン」を正式オープン, アイティメディア, 2006年5月16日
  17. ^ アイティメディア、「ITmedia +D(プラスディ) PC USER」チャンネルをオープン, アイティメディア, 2006年6月1日
  18. ^ アイティメディア、ビジネスパーソンを対象とした新メディア「ITmedia Biz.ID(ビズアイディ)」をスタート, アイティメディア, 2006年6月27日
  19. ^ オンライン専業のアイティメディアがビジネス分野で新媒体 ITmedia ビジネスオンライン 公開, アイティメディア, 2015年4月1日
  20. ^ アイティメディア、「ITmedia」の主要記事全文を配信するiPhone 3G専用アプリを無償公開, アイティメディア, 2008年11月19日
  21. ^ アイティメディア、モノづくり分野の技術情報メディアを強化, アイティメディア, 2011年4月1日
  22. ^ 本社(本店)移転に関するお知らせ, アイティメディア, 2009年5月21日
  23. ^ 子会社の異動及び特別損失の発生に関するお知らせ, インプレスホールディングス, 2009年12月17日
  24. ^ 会員制サービス基盤「アイティメディアID」を提供開始, アイティメディア, 2010年4月16日
  25. ^ 話題のデジモノ情報を集約する「ITmedia ガジェット」を開設, アイティメディア, 2011年4月1日
  26. ^ アイティメディア、「EDN Japan」の譲り受けに関するお知らせ, アイティメディア, 2011年6月28日
  27. ^ スマートフォン上のキュレーションメディア「ONETOPI」を開設, アイティメディア, 2011年7月26日
  28. ^ 特別損失の計上に関するお知らせ, アイティメディア, 2014年6月19日
  29. ^ 子会社の解散に関するお知らせ, アイティメディア, 2011年9月22日
  30. ^ 本社(本店)移転に関するお知らせ, アイティメディア, 2012年1月26日
  31. ^ 国内初のスマホ向け専用ニュースサイト「ITmedia News スマート」開設,アイティメディア,2012年10月1日
  32. ^ “プロ”によるデジタル製品レビューが読める「ITmedia REVIEW」を開設 ~総勢20名のプロの採点で購入前のチェックをサポート~, アイティメディア, 2013年10月1日
  33. ^ 健康に役立つWebサイト「ITmedia ヘルスケア」を開設 Apple Watchなど、ITを活用した健康生活を提案, アイティメディア, 2015年1月29日
  34. ^ “アイティメディア、リクルート社のキーマンズネット事業を統合~法人向けIT製品選定サービスで圧倒的No.1に~, アイティメディア, 2014年12月17日
  35. ^ 製造業向けの新情報サイト「TechFactory」誕生 ~  製造業の製品・サービスの導入・購買を支援する会員制サイト ~, アイティメディア, 2016年4月5日
  36. ^ 東京証券取引所市場第一部への上場市場変更承認に関するお知らせ, アイティメディア, 2019年3月22日
  37. ^ データ分析によるトレンド情報サイト「ねとらぼ調査隊」を開設”. アイティメディア株式会社 (2019年10月1日). 2021年6月27日閲覧。
  38. ^ 「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ,アイティメディア株式会社,2020/09/07
  39. ^ 企業向け情報を強化し「ITmedia ニュース」としてリニューアル, アイティメディア, 2011年4月1日
  40. ^ シックス・アパートとアイティメディアが提携、国内初のビジネスブログ・メディアを開設, アイティメディア, 2005年6月13日
  41. ^ アイティメディア、IT業界志望の学生に向けて就職活動支援コーナーを開設, アイティメディア, 2009年6月1日
  42. ^ ネット上の旬な情報を幅広く紹介する「ねとらぼ」を開設, アイティメディア, 2011年4月7日
  43. ^ アイティメディア、ビジネスパーソンにオフタイムの話題を紹介する「誠 Style」を開設, アイティメディア, 2009年7月2日
  44. ^ ビジネスパーソンを対象としたブログメディア「誠ブログ」を開設, アイティメディア, 2010年4月20日
  45. ^ アイティメディア、「Twitter」と連動したニュース集約サイト「OneTopi」を開設, アイティメディア, 2009年10月20日
  46. ^ 注目のライブ動画を紹介する「ライブガイド」を開設, アイティメディア, 2010年9月28日
  47. ^ 電子書籍ポータルサイト「eBook USER」を新設, アイティメディア, 2010年4月20日
  48. ^ デジカメ活用法に特化した「ITmediaデジカメプラス」を新設, アイティメディア, 2010年4月1日
  49. ^ Q&Aコミュニティ「質問!ITmedia」を開設, アイティメディア, 2010年9月1日


「ITmedia」の続きの解説一覧

IT

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/19 21:42 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

IT, it

  • it - 英語における代名詞
  • 情報技術 (Information Technology)

その他

関連項目





.itと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

.itのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



.itのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2022 時事用語のABC All Rights Reserved.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ情報技術の記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの.it (改訂履歴)、IT/イット “それ”が見えたら、終わり。 (改訂履歴)、ITmedia (改訂履歴)、IT (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS