.itとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 旅行 > 旅行 > .itの意味・解説 

IT

別表記:アイティー

「IT」とは・「IT」の意味

ITとは、情報技術意味する英語「Information Technology」の略称であり、コンピューターインターネット通信関わる技術総称である。具体的には、コンピュータースマートフォンなどのデジタル機器そのものその中で動作する様々なソフトウェア、その機器使って利用できるSNSゲームなどサービス全般を示す

ITは現代社会において欠かせない存在であり、意識無意識を問わず日常生活の中の様々な場面にて用いられ社会的インフラストラクチャー一角を担う技術となっている。経済産業の観点でも需要極めて高く重要視されている分野あるため2020年度から小中学校プログラミング学習必修化2022年度から高等学校プログラミング等の学習含んだ教科情報」が必修化、更に大学入試共通テストにおいて2025年より「情報」が追加されるなど、より多くの人がITに関する知識深めていくことが推進されている。

「IT」の熟語・言い回し

IT企業とは


IT企業とは、コンピューター関連する技術・サービス扱っている企業のことであり、後述する「IT業界」に属している企業のことを示す世界的に有名なIT企業であるGoolge、AppleFacebookAmazonMicrosoft五つは、「ビッグ・テック」、あるいは頭文字並べたGAFAM」などと呼ばれ資産規模従業員数多さ各社提供する製品やサービス利用率の高さから、各国経済社会少なからず影響を与えることもあり、世界けん引する存在となっている。今後技術革新と共に様々な発展によるメリット期待される分野ではあるが、1990年末期から2000年代初頭にかけて世界各地発生したIT企業特化したバブル景気インターネットバブル」が発生するなど、社会的な混乱生む原因にもなったこともある。

IT業界とは


IT業界とは、コンピューターなどデジタル機器によって、情報技術利用者提供することを目的としている仕事の総称である。日本標準産業分類においては情報通信業」の一部含まれている。業界は「通信業界」「インターネットWEB業界」「情報処理サービス業界」「ソフトウェア業界」「ハードウェア業界」の五つ大別されるが、それらは独立する業界ではなく互いに複雑に関連していることが多い。

通信業界」とは、パソコン固定携帯電話等の通信環境提供する業界のことを示す電話回線インターネット接続などは、現代社会におけるインフラストラクチャー社会生活支え基盤)に含まれるため、24時間昼夜問わない安定稼働求められるなど責任の重い仕事が多い。また、より高速なやり取り可能な通信システム開発や、自動車家電無線接続して制御するスマート化推進など、非常に発展性がある業界と言える

インターネットWEB業界」とは、いわゆるWEBサイトWEBサービスなど、インターネットを通じて何らかのサービス提供する業界のことを示す検索サイトニュース等のポータルサイトSNSソーシャルゲーム電子書籍インターネットショッピングなどがこの業界含まれ前述の通信業界」の普及進んできた2000年以降急激に発展遂げている。

情報処理サービス業」とは、顧客希望するシステム設計・開発運用保守まで行う仕事のことを示す。別名、システムインテグレーションSI)業と呼ばれSI業を行う企業のことをエスアイアーSIer)とも呼ばれる業務に合わせたオーダーメイドシステム構築から、パッケージ化したサービスの提供、あるいは古く老朽化したシステム更改など、対応する分野多岐に渡っている。

ハードウェア業界」とは、パソコンその周辺機器、および通信を行うデジタル機器の設計開発・製造・販売手掛ける業界のことを示すパソコン本体や、マウスキーボードなど目に見える物品対象としているため、IT業界の中で一般ユーザー認識されやすい業界であると言える。ただし、業務用プリンタなど一般流通しないBtoB仕事も多い。

ソフトウェア業界」とは、ハードウェアの中で様々な理を行うものを設計・開発する業界のことを示すユーザー目視し、触れることの多いアプリケーションソフトウェア筆頭にコンピューター全て制御するオペレーティングシステムOS)、コンピューター内蔵されハードウェア制御するファームウェア外部接続部品デバイス)を制御するデバイスドライバなど、様々な部分手掛けている。

IT系とは


IT系とは、IT業界における職種総称である。分類方法複数あるため統一されてはいないが、「システムエンジニア」「ネットワークエンジニア」「データベースエンジニア」「プログラマ」「システムコンサルタント」「WEBデザイナー」など、様々な職種あげられる。これらをまとめてIT系表現することがあるが、求められる知識スキル経験大きく異なるという特徴があるまた、の上どのような製品・サービス関連して働いているかによって環境考え方大きく異なるため、単なるシステムエンジニア」「プログラマ」という職種に加えて、「金融系システムエンジニア」「メーカー系プログラマ」といった表現用いて区別されることも多い。

ITエンジニアとは


ITエンジニアとは、IT業界で働くIT系技術者総称である。前述の通りシステムエンジニア」「プログラマ」を筆頭に膨大な量のデータを処理するスキル求められる「データーベースエンジニア」、WEBサイトなどにおいてユーザー目に触れる部分手掛けるフロントエンジニア」、IT製品等顧客販売する営業職である「セールスエンジニア」、チーム進捗管理するプロジェクトマネージャー」、顧客業務改善などを目的とする「ITコンサルタント」、ビッグデータ解析を行う「データサイエンティスト」や「データアナリスト」など、その種類は非常に多いまた、職種専門性を示す国家資格などもあり、そういった有資格者長年経験者は「スペシャリスト」と呼ばれ優れたエンジニアとして期待されることが多い。

シャドーITとは


シャドーITとは、企業内部における公式な手続きa等を行わず現場判断などによって、独自に業務使用されているIT機器ソフトウェアなどのことを示す具体例としては、「業務の効率いいからと、社員個人的に所持しているノートパソコン業務行っている」や「チーム内のスケジュール管理をするため、インターネット上で配布されていたスケジュール管理ソフトウェア使っている」、「個人利用SNSメッセージアプリ業務連絡をしている」といった問題あげられるシャドーIT利用によって、様々な情報漏洩トラブル筆頭に会社内全体に関わるウイルス感染データ損失などのリスクが非常に高くなるため、企業として発生防止する必要がある

一方シャドーIT悪意などが原因で発生する可能性よりも、「現在のツールではタスク管理がうまくできない」「リモートワーク時のチームコミュニケーションツールがないので不便である」「社内情報システム部依頼するいつまで経っても対応してくれない」といった、組織業務における問題不満によって発生しやすい傾向があるとされるこのためシャドーIT改善発生防止のためには、まず問題不満に対して改善策講じていくことが望ましい。あわせて社員・従業員に対するセキュリティ教育行いつつ、私用パソコンスマートフォンなどの持ち込みをできなくするといったハード面での対策を行うことで、より徹底したシャドーIT防止対策となると考えられる

アイ‐ティー【IT】

読み方:あいてぃー

inclusive tour包括旅行パック旅行


アイ‐ティー【IT】

読み方:あいてぃー

information technology情報技術。コンピューター・インターネット・携帯電話などを使う、情報処理通信に関する技術総合的に指していう語。国際的には、ほぼ同じ意味でICT情報通信技術)が広く使われる。→アイ‐シー‐ティーICT


イット【it】

読み方:いっと

英語の代名詞で、それ。「ドゥユアセルフ

性的魅力セックスアピール。「―ガール

[補説] 2は、米国女流作家エリナグリーン原作米国女優クララボー主演映画「イット」(1927年)によって昭和初期流行した語。


IT(あいてぃー)(Information Technology)

主にパソコン携帯電話などを利用した情報通信技術

インターネット技術確立により、世界中パソコン一つネットワークにつながるようになった現在ではテキスト文字画像データはもちろん高品質音楽動画など大容量デジタルデータやり取りすることも可能になった。iモードなどの携帯電話・PHSをはじめ冷蔵庫電子レンジなどの家電製品インターネット接続できるものが現れた

企業ビジネスにおいては、IT投資によって大幅なコスト削減可能になり、電子商取引eコマース)を導入して経営効率化成功したところが増えている。また、最近になってSOHOスモールオフィス・ホームオフィス)という新し勤務形態発生することになった。これらは、産業構造大きな変化もたらす考えられIT革命呼ばれる

パソコンなどの端末さえあれば、いつ、どこにいても株取引銀行口座へのアクセス可能である。さらに、将来は、住民票届出納税申告といった行手続きインターネット媒介して行う電子政府(バーチャル・エージェンシー)構想もある。

しかし、金融取引個人情報に関するセキュリティー強化新し技術使いこなせる人とそうではない人との間で発生する情報格差デジタル・ディバイド)など、解決すべき課題存在する。その他、従来法律では想定していないネット犯罪インターネットを通じ商取引に対する課税方法音楽ビデオ映像など知的所有権など、新し視点必要とされる問題もある。

関連キーワード「IT基本法

(2000.07.09更新


情報技術

読み方じょうほうぎじゅつ
別名:Information Technology
【英】IT

情報技術とは、コンピュータネットワークといった情報処理関連の技術総称である。英語の頭字をとってITと呼ぶことも一般的となっている。

情報処理という言葉は、日本国内では、計算機利用始まった当初から使用されてきた。1990年代後半になると米国においてコンピュータと通信関連した技術用いて従来事業概念大きく突き崩すような事例数多く登場しはじめた。これらは、単にコンピュータ情報扱っているだけでなく、ビジネスモデルそれ自体大きな衝撃インパクト与えたとりわけ2000年前後インターネットの普及進み人々認識産業全体構造にも変化与えつつあった。このため産業革命倣ってIT革命などとも呼ばれた

情報技術の顕著な例として電子商取引Eコマース)を挙げることができる。電子商取引では、24時間稼動しているサーバー群、ユーザー所有するパソコン高速な通信回線その上に構築されインターネットその上で提供され交わされている諸々の情報というように、コンピュータと通信技術複雑に絡み合った技術の上実現されている。

情報技術、すなわちITと同義的言葉としてICTInformation and Communication Technology)という表現一般的になりつつある。ICTは「情報通信技術」と訳されるが、ITに比べコンピュータ技術通信技術がより融合した形で考えられ用いられることが多い。

情報技術は社会生活インフラとして重要性増してきており、コンピュータインターネット携帯電話、あるいは、来るべきユビキタス社会など、今日社会にあってはいずれ無視できないものとしてある。日本の教育体系では高等学校教科となり、高等学校学習指導要領において「情報A」「情報B」「情報C」の各教科設置されている。


.it

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/05 15:49 UTC 版)

.itイタリア国別コードトップレベルドメイン(ccTLD)。IT-NICが管轄している。






「.it」の続きの解説一覧

ITmedia

(.it から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/12/19 15:03 UTC 版)

ITmedia(アイティメディア)は、ソフトバンクグループ傘下のアイティメディア株式会社: ITmedia Inc.[3])、および同社が運営するIT系ニュースサイトである。 アイティメディア株式会社は、ソフトバンクグループ子会社で出版・ブロードバンドコンテンツ等のメディアやマーケティング事業を統括する純粋持株会社「SBメディアホールディングス」の傘下にある。


  1. ^ コーポレート・ガバナンス方針 - アイティメディア株式会社
  2. ^ a b c d e f g h i j k アイティメディア株式会社 (2021-06-24). 第22期(2020年4月1日 - 2021年3月31日)有価証券報告書 (Report). 
  3. ^ アイティメディア株式会社 定款 第1章第1条
  4. ^ インターネット上のコンピュータ専門誌「ZDNet Japan」を9月1日創刊, ソフトバンクグループ株式会社, 1997年6月12日
  5. ^ 平成13年3月期 決算短信 (連結)”. ソフトバンクグループ. 2018年12月17日閲覧。
  6. ^ 松尾公也・山川晶之「ヤマーとマツの、ねえこれ知ってる? エンガジェット、TechCrunch日本版の終了を惜しむ 海外メディアの運営って結構大変という話」『ITmedia NEWS』 ITmedia、2022年2月16日、2ページ
  7. ^ アイティメディアとメディアセレクトが合併”. SBクリエイティブ株式会社. 2018年12月17日閲覧。
  8. ^ アイティメディア株式会社 (2006). アイティセレクト : ビジネスイノベーターのためのIT活用情報誌. 東京: アイティメディア. https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000008158266-00 
  9. ^ アイティメディア株式会社; メディアセレクト (2005). サーバセレクト : サーバ・ソリューション・マガジン. 東京: アイティメディア. https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000007688717-00 
  10. ^ ITmedia Gamezからの大切なお知らせ 2011年3月28日
  11. ^ 週間ソフト販売ランキング:ありがとう、そしてこれからもよろしくお願いいたします 2011年3月31日
  12. ^ 米国Ziff-Davis Publishing社の買収について, ソフトバンク, 1995年11月9日
  13. ^ インターネット上のコンピュータ専門誌「ZDNet Japan」を9月1日創刊, ソフトバンク, 1997年6月12日
  14. ^ IT専門家向けWebサイト「@IT」のサービスを5月22日より開始, アットマーク・アイティ, 2000年5月19日
  15. ^ IT系情報サイト「ジーディーネット」が新ブランド「ITmedia」に刷新, ソフトバンク・アイティメディア, 2004年1月8日
  16. ^ ソフトバンク・アイティメディアとアットマーク・アイティ合併に合意, ソフトバンク・アイティメディア, 2004年11月25日
  17. ^ 新生「アイティメディア株式会社」、正式に発足, アイティメディア, 2005年3月1日
  18. ^ アイティメディア、メディアセレクトとの合併統合により新体制をスタート, アイティメディア, 2006年2月1日
  19. ^ 運営メディア紹介 アイティメディア株式会社 報道倫理綱領のご紹介, アイティメディア
  20. ^ アイティメディア、IT製品/サービスの導入・購買を支援する「TechTargetジャパン」を正式オープン, アイティメディア, 2006年5月16日
  21. ^ アイティメディア、「ITmedia +D(プラスディ) PC USER」チャンネルをオープン, アイティメディア, 2006年6月1日
  22. ^ アイティメディア、ビジネスパーソンを対象とした新メディア「ITmedia Biz.ID(ビズアイディ)」をスタート, アイティメディア, 2006年6月27日
  23. ^ オンライン専業のアイティメディアがビジネス分野で新媒体 ITmedia ビジネスオンライン 公開, アイティメディア, 2015年4月1日
  24. ^ アイティメディア、「ITmedia」の主要記事全文を配信するiPhone 3G専用アプリを無償公開, アイティメディア, 2008年11月19日
  25. ^ アイティメディア、モノづくり分野の技術情報メディアを強化, アイティメディア, 2011年4月1日
  26. ^ 本社(本店)移転に関するお知らせ, アイティメディア, 2009年5月21日
  27. ^ 子会社の異動及び特別損失の発生に関するお知らせ, インプレスホールディングス, 2009年12月17日
  28. ^ 会員制サービス基盤「アイティメディアID」を提供開始, アイティメディア, 2010年4月16日
  29. ^ 話題のデジモノ情報を集約する「ITmedia ガジェット」を開設, アイティメディア, 2011年4月1日
  30. ^ アイティメディア、「EDN Japan」の譲り受けに関するお知らせ, アイティメディア, 2011年6月28日
  31. ^ スマートフォン上のキュレーションメディア「ONETOPI」を開設, アイティメディア, 2011年7月26日
  32. ^ 特別損失の計上に関するお知らせ, アイティメディア, 2014年6月19日
  33. ^ 子会社の解散に関するお知らせ, アイティメディア, 2011年9月22日
  34. ^ 本社(本店)移転に関するお知らせ, アイティメディア, 2012年1月26日
  35. ^ 国内初のスマホ向け専用ニュースサイト「ITmedia News スマート」開設,アイティメディア,2012年10月1日
  36. ^ “プロ”によるデジタル製品レビューが読める「ITmedia REVIEW」を開設 ~総勢20名のプロの採点で購入前のチェックをサポート~, アイティメディア, 2013年10月1日
  37. ^ 運営メディア紹介 ねとらぼ憲章, アイティメディア
  38. ^ 健康に役立つWebサイト「ITmedia ヘルスケア」を開設 Apple Watchなど、ITを活用した健康生活を提案, アイティメディア, 2015年1月29日
  39. ^ “アイティメディア、リクルート社のキーマンズネット事業を統合~法人向けIT製品選定サービスで圧倒的No.1に~, アイティメディア, 2014年12月17日
  40. ^ 製造業向けの新情報サイト「TechFactory」誕生 ~  製造業の製品・サービスの導入・購買を支援する会員制サイト ~, アイティメディア, 2016年4月5日
  41. ^ ITmediaの「マストドン」公式インスタンスができたんす”. ITmedia. アイティメディア (2017年4月27日). 2022年2月12日閲覧。
  42. ^ ITmedia「マストドン」公式インスタンス終了のお知らせ”. ITmedia. アイティメディア. 2022年2月12日閲覧。
  43. ^ 東京証券取引所市場第一部への上場市場変更承認に関するお知らせ, アイティメディア, 2019年3月22日
  44. ^ データ分析によるトレンド情報サイト「ねとらぼ調査隊」を開設”. アイティメディア株式会社 (2019年10月1日). 2021年6月27日閲覧。
  45. ^ 「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ,アイティメディア株式会社,2020/09/07
  46. ^ 企業向け情報を強化し「ITmedia ニュース」としてリニューアル, アイティメディア, 2011年4月1日
  47. ^ シックス・アパートとアイティメディアが提携、国内初のビジネスブログ・メディアを開設, アイティメディア, 2005年6月13日
  48. ^ アイティメディア、IT業界志望の学生に向けて就職活動支援コーナーを開設, アイティメディア, 2009年6月1日
  49. ^ ネット上の旬な情報を幅広く紹介する「ねとらぼ」を開設, アイティメディア, 2011年4月7日
  50. ^ アイティメディア、ビジネスパーソンにオフタイムの話題を紹介する「誠 Style」を開設, アイティメディア, 2009年7月2日
  51. ^ ビジネスパーソンを対象としたブログメディア「誠ブログ」を開設, アイティメディア, 2010年4月20日
  52. ^ アイティメディア、「Twitter」と連動したニュース集約サイト「OneTopi」を開設, アイティメディア, 2009年10月20日
  53. ^ 注目のライブ動画を紹介する「ライブガイド」を開設, アイティメディア, 2010年9月28日
  54. ^ 電子書籍ポータルサイト「eBook USER」を新設, アイティメディア, 2010年4月20日
  55. ^ デジカメ活用法に特化した「ITmediaデジカメプラス」を新設, アイティメディア, 2010年4月1日
  56. ^ Q&Aコミュニティ「質問!ITmedia」を開設, アイティメディア, 2010年9月1日



IT

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/08 09:53 UTC 版)

IT, it, イット




「IT」の続きの解説一覧

IT

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/15 23:52 UTC 版)

偽装」の記事における「IT」の解説

偽装セキュリティツール - セキュリティソフト装って表示しユーザーから金銭だまし取るマルウェアファイル偽装

※この「IT」の解説は、「偽装」の解説の一部です。
「IT」を含む「偽装」の記事については、「偽装」の概要を参照ください。


IT

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/08 08:42 UTC 版)

テストベッド」の記事における「IT」の解説

システム開発において、現実環境に近い状態で試験的に稼働させる際に用いプラットフォームを指す。テストベッドを使うことで運用されているシステム影響与えず実際に運用された際の問題洗い出すことが出来る

※この「IT」の解説は、「テストベッド」の解説の一部です。
「IT」を含む「テストベッド」の記事については、「テストベッド」の概要を参照ください。


IT

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/23 00:31 UTC 版)

プロメトリック」の記事における「IT」の解説

EXIN ITIL(R) ドットコムマスター XMLマスター など。

※この「IT」の解説は、「プロメトリック」の解説の一部です。
「IT」を含む「プロメトリック」の記事については、「プロメトリック」の概要を参照ください。


IT

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/10 01:30 UTC 版)

パンくん」の記事における「IT」の解説

パンくんジェームズ ゆびにんぎょう」 - ブログパーツ。 「宮沢厚月刊パンくん通信」 - 2011年6月2日から約1年間配信されiOS向けのアプリ

※この「IT」の解説は、「パンくん」の解説の一部です。
「IT」を含む「パンくん」の記事については、「パンくん」の概要を参照ください。


IT

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/30 19:28 UTC 版)

国立台湾大学」の記事における「IT」の解説

杜奕瑾 - ソフトウェアエンジニア在学中PTT創設卒業後米国マイクロソフト経て人工知能研究機関台湾人智慧実験室Taiwan AI Labs)」を創設洪任諭 - ソフトウェア開発者

※この「IT」の解説は、「国立台湾大学」の解説の一部です。
「IT」を含む「国立台湾大学」の記事については、「国立台湾大学」の概要を参照ください。


IT

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/14 02:00 UTC 版)

佐渡市」の記事における「IT」の解説

2005年平成17年)より、お笑いインターネット活用した民間主導による地域情報化・地活性のための多角的な取組みとして佐渡、お笑い島計画導入実施2005年から2008年まで3年間にお笑い芸人半年佐渡住みながら島内行脚し交流模様動画ブログにて発信することで、佐渡魅力継続的に伝えていった。

※この「IT」の解説は、「佐渡市」の解説の一部です。
「IT」を含む「佐渡市」の記事については、「佐渡市」の概要を参照ください。


IT

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/13 17:55 UTC 版)

渋谷」の記事における「IT」の解説

IT関連ベンチャー企業駅南桜丘町中心に集っており、国土交通省調査によるとソフト系IT産業事業所数は、千代田区港区次いで3位であり、駅別で渋谷駅は、秋葉原駅次いで2位であったこうしたことなどにより1999年初、「渋」(bitter) と「谷」(valley) を1文字ずつ英語に訳した "bitter valley"と、情報量単位の「ビット」から、アメリカ合衆国シリコンバレーなぞらえてビットバレー」と呼ばれるようになった2001年にはGoogle日本法人渋谷東急セルリアンタワー)に進出したが、手狭になったことなどから2010年六本木移転2012年にはAmazon.co.jp本社渋谷から目黒移した渋谷地区基盤とする東急グループは、再開発に合わせてIT産業の再集積企図2012年完成渋谷ヒカリエにはディー・エヌ・エー (DeNA) が入居したほか、Google日本法人渋谷ストリームへの2019年移転決めた2019年にはミクシィ渋谷スクランブルスクエアへのオフィス集約予定している。東急はこうしたIT大手誘致だけでなく、スタートアップベンチャー企業)を支援する東急アクセラレートプログラム (TAP) を2015年開始したこのようにして東急グループは「ITの街渋谷」の復権目指している。

※この「IT」の解説は、「渋谷」の解説の一部です。
「IT」を含む「渋谷」の記事については、「渋谷」の概要を参照ください。


IT

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/28 13:27 UTC 版)

ベンダー」の記事における「IT」の解説

IT業界では、ハードウェアや・ソフトウェア供給元企業を「ITベンダーと呼ぶ対義語は「ユーザー企業」。

※この「IT」の解説は、「ベンダー」の解説の一部です。
「IT」を含む「ベンダー」の記事については、「ベンダー」の概要を参照ください。


IT

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 01:51 UTC 版)

ウクライナ」の記事における「IT」の解説

1990年代には賃金低さ開発能力の高さから西側諸国相手にするITアウトソーシング企業誕生し、「東欧シリコンバレー」と呼ばれるほどIT産業成長した開発能力の高さはITの基礎となる数学教育力を入れた結果であるとされるITインフラ整備進んでおり、公共サービス多くデジタル化されスマートフォン操作完結するという。

※この「IT」の解説は、「ウクライナ」の解説の一部です。
「IT」を含む「ウクライナ」の記事については、「ウクライナ」の概要を参照ください。


IT

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/29 21:45 UTC 版)

要件」の記事における「IT」の解説

ソフトウェア要件」とは、あるソフトウェア必要な機能性能のこと。「システム要件」とは、あるシステム情報システム)に必要な機能性能のこと。 ソフトウェア開発システム開発においては、「要件定義」とは、そのソフトウェアシステム必要な機能性能明らかにしてゆく作業のこと。IT関係の開発では「上流工程」と呼ばれている作業・工程一部にあたり実際の具体的な開発作業プログラミング言語使ったコーディング作業など)や実装作業を始める前に行う作業のひとつ。 また「要件定義」は(開発依頼のあったソフトウェアシステムについて顧客望んでいる機能仕様などについて、その概略まとめた文章文書を指すこともある。ただしこうしたことをまとめた文書通常は「要件定義書」と呼ばれるIT 関連項目 要求分析 システム開発ライフサイクル

※この「IT」の解説は、「要件」の解説の一部です。
「IT」を含む「要件」の記事については、「要件」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「.it」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「IT」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



.itと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



.itのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2023 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2023 時事用語のABC All Rights Reserved.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2023 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ情報技術の記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの.it (改訂履歴)、ITmedia (改訂履歴)、IT (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの偽装 (改訂履歴)、テストベッド (改訂履歴)、プロメトリック (改訂履歴)、パンくん (改訂履歴)、国立台湾大学 (改訂履歴)、佐渡市 (改訂履歴)、渋谷 (改訂履歴)、ベンダー (改訂履歴)、ウクライナ (改訂履歴)、要件 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS