eコマースとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > eコマースの意味・解説 

イー‐コマース【eコマース】

読み方:いーこまーす

electronic commerce》⇒電子商取引


Eコマース

読み方イーコマース
別名:EC電子商取引
【英】electronic commerce

Eコマースとは、インターネット専用回線といった通信ネットワークWebテクノロジーなどを利用して商取引を行うことである。

Eコマースは、店舗事務所構えて行われる従来商取引比較した場合利点として、実店舗維持コストがほぼ不要であること、地方在住といった地理的に不利な要素を克服しやすいこと、商品検索掲示板システムといったWeb上の技術活かした取引可能であること、などの点を挙げることができる。インターネットの普及により、一般消費者向けの物販サービス定着し成熟しつつある。

Eコマースは、初期の段階では、主に企業間取引の手段として利用された。EDI電子データ交換)による受発注や、CALSによる資材調達人材派遣などが行われた。その後Webサイト窓口とした物品販売するオンラインショップデジタルコンテンツオンライン販売、、株券などの金融商品売買取引Web上で済ませオンライントレードなど、多種多様な形態のEコマースが登場し始めた

インターネットの普及に加えてECサイト構築ソフトウェアや、「楽天市場のような出店サービスの充実により、中小企業個人商店などでも比較容易にオンラインショップ構築できるようになり、Eコマースの浸透進んだ。さらに、今日ではYahoo!オークションビッダーズなどのオークションサイト見られるように、サービスを通じてエンドユーザー同士取引を行うCtoC取引一般的となっている。


電子商取引

(eコマース から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/12/02 21:28 UTC 版)

(でんししょうとりひき)あるいは(イーコマース、: e-commerceあるいはelectronic commerce 、略称:EC)とは、コンピュータネットワーク上での電子的な情報通信によって商品やサービスを売買したり分配したりすること。「イートレード」とも言い、消費者側からは「ネットショッピング」とも呼ばれている。


注釈

  1. ^ 複数の業者が同一のドメインで運営するもの。
  2. ^ : Atalla Technovation
  3. ^ : Thomson Holidays UK
  4. ^ : Sequoia Data Corp.
  5. ^ B to C。「Business to Consumer」の略。卸売取次といった中間流通が効率化もしくは省略された、という文脈においても用いられることがある。これと同じ方式で企業間取引を呼ぶ場合は「B2B」あるいは「BTB」(=B to B、Business to Business)と呼ばれる。
  6. ^ 「シー・トゥー・シー」と読む。C to C、「consumer to consumer」(「消費者から消費者へ」を意味する)の略。

出典




「Eコマース」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「eコマース」の関連用語

eコマースのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



eコマースのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
広告転職.com広告転職.com
Copyright(C) 2022 Total Brain co., ltd. All Rights Reserved.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリEコマースの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの電子商取引 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS