消費者間取引とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > 消費者間取引の意味・解説 

C2C

フルスペル:Consumer to Consumer
別名:C to C,消費者間取引,個人間取引

C2Cとは、商取引形態のうち、主に一般消費者どうしの売買・取引を扱う形態のことである。

商取引では売り手買い手それぞれ法人・個人のどちらに該当するかによって「B2B」や「B2C」などに区分される。「B2B」は「B to B」の略であり、「Business to Business」、つまり法人対法人の取引企業間取引)を示す。「B2C」は法人一般消費者に対して販売や提供を行うものであり、C2Cは売り手買い手も共に一般消費者である。ちなみにB2EB2Gなどの区分もある。

従来実店舗世界では、C2Cはフリーマーケットのような一部の例を除けば類例稀だったが、インターネット電子商取引発展普及したことによって、一般的な取引形態となったといえる。C2Cの典型的な例としてはインターネットオークション挙げられることが多い。他にも、個人作成したハンドメイド雑貨販売するEtsy」やアマチュア画家作品販売するART-Meterのようなイーマーケットプレイス、「ココナラ」のように物品の売買ではなくスキルサービスとして出品するサービスなど、オンラインのC2Cサービスの内容多様化しつつある。最近では、モバイル端末使用してクレジットカード決済可能なSquare」「PayPal Here」などのツール登場し実世界でC2Cが実現しやすくなる環境整いつつある。


消費者間取引

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/14 08:30 UTC 版)

消費者間取引: customer to customer, C2C)は、顧客が互いに対話できる革新的な方法を提供する。従来の市場では、顧客が企業から製品やサービスを購入するという企業対顧客の関係が必要であった。顧客対顧客市場では、企業は顧客が互いに商品やサービスを販売できる環境を促進する[1]


  1. ^ "Customer To Customer - C To C." investopedia.com. 2009. investopedia. 24 Apr 2009.
  2. ^ Kyōkai, Nihon Rōdō . Migration and the labor market in Asia By Organization for Economic Co-operation and Development. Japan: OECD Publishing, 2003. Digital.
  3. ^ Ecommerce definition and types of ecommerce”. 2020年12月21日閲覧。


「消費者間取引」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「消費者間取引」の関連用語

消費者間取引のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



消費者間取引のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2024 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリC2Cの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの消費者間取引 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS