.gmとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > > .gmの意味・解説 

ジー‐エム【GM】


ジー‐エム【GM】

読み方:じーえむ

general manager総支配人


ジー‐エム【GM】

読み方:じーえむ

General Motors Corporation》「ゼネラルモーターズ」の略称。


ジー‐エム【GM】

読み方:じーえむ

genetically modification》⇒遺伝子組み換え


ジー‐エム【GM】


相互コンダクタンス (gm)

ドレイン電圧一定のとき、ゲート電圧変化に対する、ドレイン・ソース間電流変化分の比。

相互コンダクタンス

GM

フルスペル:General MIDI
読み方ジーエム

GMとは、MIDI音源規格一つで、1991年MIDI協議会MMAMIDI Manufacturers Association)によって策定されものである

音の強弱や、MIDIチャンネル音程などを、データとして扱うことが可能なように定義している。後、ローランドGS規格ヤマハXG規格などが提唱された。これらは、General MIDI互換性持ちながら、その機能音色拡張している。


GM

分子式C14H26O2
その他の名称フネモン、オルフラモン、Funemone、Orframone、Acetic acid(Z)-8-dodecenyl、Acetic acid (Z)-8-dodecenyl ester酢酸cis-8-ドデセニル、GM、Denacil、cis-8-Dodecenyl acetate、デナシル、(Z)-8-Dodecene-1-ol acetate
体系名:(Z)-8-ドデセン-1-オールアセタート、酢酸(Z)-8-ドデセニル


.gm

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/31 16:56 UTC 版)

.gm国別コードトップレベルドメインccTLD)の一つで、ガンビアに割り当てられている。






「.gm」の続きの解説一覧

GM

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/29 02:48 UTC 版)

GM, Gm, gm




「GM」の続きの解説一覧

GM

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/28 12:46 UTC 版)

R・C・ビュフォード」の記事における「GM」の解説

ビュフォード1988年、ラリー・ブラウンヘッドコート傘下サンアントニオ・スパーズに、アシスタントコーチとして、グレッグ・ポポヴィッチとともに雇用された。4シーズンアシスタントコーチとして務め198990シーズン199091シーズンとミッドウエストディビジョン優勝貢献した1992年ブラウンの第1アシスタントコーチとしてロサンゼルス・クリッパーズ移籍し1シーズン務めた199394シーズンは、フロリダ大学スタッフ務め1994年、GMとなっていたグレッグ・ポポヴィッチ招かれ、ヘッドスカウトとしてスパーズ戻ったその後1999年アシスタントGMおよび球団副社長昇進しその年優勝経験した2002年サンアントニオ・スパーズGMに就任し、GMとしては、2003年2005年2007年2014年4度優勝勝ち取っている。2014年2016年NBA最優秀役員賞NBAエグゼクティブ・オブ・ザ・イヤー)を受賞したビュフォードの最も成功した実績は、マヌ・ジノビリトニー・パーカーカワイ・レナード獲得であると言われている。

※この「GM」の解説は、「R・C・ビュフォード」の解説の一部です。
「GM」を含む「R・C・ビュフォード」の記事については、「R・C・ビュフォード」の概要を参照ください。


GM

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/13 23:14 UTC 版)

東京島」の記事における「GM」の解説

本名軍司彼の呼び名の由来漂着時に身に付けていた衣服イニシャルから。

※この「GM」の解説は、「東京島」の解説の一部です。
「GM」を含む「東京島」の記事については、「東京島」の概要を参照ください。


GM

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/28 07:56 UTC 版)

キラリティー (漫画)」の記事における「GM」の解説

生体寄生メカ世界中爆発的な速さ増殖している。

※この「GM」の解説は、「キラリティー (漫画)」の解説の一部です。
「GM」を含む「キラリティー (漫画)」の記事については、「キラリティー (漫画)」の概要を参照ください。


GM(ゲームマスター)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/06 03:05 UTC 版)

C21」の記事における「GM(ゲームマスター)」の解説

C21では、GM(ゲームマスター)と会話チャット)ができる数少ないオンラインゲームのひとつである。 GMは専用パーツ装備しており、アイコンがGMのマークになることで区別されるチャット発言緑色の文字表示され他のプレイヤーにはできない特殊な行動を行うことが出来る。主にイベント開催時に現れイベント進行などを行っている。 GMの運営する公式ブログであるC21GMブログがありアップデートイベント情報などを配信している。 活動中のGM一覧 シアルル(GM専用機ピンク色、時々中身が違う様子) アンニョロ(GM専用機赤色エクスタス(GM専用機黄色天使軍司令官だったがあまり見かけないムーク(GM専用機黒色苦労人 むっつりすけべコディーノ(GM専用機濃い青色) ボールス(GM専用機レモン色) ウリエン(GM専用機水色赤色アーキー(GM専用機紫色オレンジ色) フォーガル(GM専用機水色白色) シルフェ(GM専用機水色) アラハド(GM専用機、色不明未実装パーツドロップ騒動際に登場し対処した) リメーラ(GM専用機黒色紫色) フィネガス(GM専用機白色) 他 過去に活躍したGM一覧 ザビエル (GM専用機 左手聖書右手装備、目は充血初期に登場プレイヤー絶大な人気があったが殉職。 現在も、復活を望む声が多い。)

※この「GM(ゲームマスター)」の解説は、「C21」の解説の一部です。
「GM(ゲームマスター)」を含む「C21」の記事については、「C21」の概要を参照ください。


GM

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/19 00:03 UTC 版)

ダニー・フェリー」の記事における「GM」の解説

2005年から2010年までクリーブランド・キャバリアーズのGMを務め2012年アトランタ・ホークスGMに就任した2014年夏ルオル・デンに関して人種差別発言をしていた疑義持ち上がり休職していたが、2015年6月残り契約バイアウトに合意し退団したその後アトランタ法律事務所による詳細な独自調査で、デンその人種、母国に対するネガティブな偏見を示す証拠見つからなかった。

※この「GM」の解説は、「ダニー・フェリー」の解説の一部です。
「GM」を含む「ダニー・フェリー」の記事については、「ダニー・フェリー」の概要を参照ください。


GM

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/04 02:08 UTC 版)

リネージュ」の記事における「GM」の解説

ゲーム管理するゲームマスターのこと。違反行為取り締まり管理者権限罰則適用する人。 このゲームの場合キャラクタの名前やペット犬の名前言動によって管理者判断での罰則適用される。GMおよび運営に対する暴言罰則適用される場合があり、アカウント永久停止処置等が罰則一つとして挙げられるサービス開始時ユーザーがGMを呼び出すことが可能であったが、からかい目的などで安易にGMを呼び出す者が続出し、GMコールほどなくして廃止された。以後はおもにメール、公式フォームから問い合わせハラスメント報告などをする仕様になった最近事務的作業以外のユーザー交流目的とした活動取り戻し始め評価上がりつつある。

※この「GM」の解説は、「リネージュ」の解説の一部です。
「GM」を含む「リネージュ」の記事については、「リネージュ」の概要を参照ください。


GM

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/13 06:56 UTC 版)

運営会社 (日本プロ野球)」の記事における「GM」の解説

詳細は「ゼネラルマネージャーを参照 General Manegerの略で球団人事部門事実上トップ球団によっては編成部長、球団本部長などともいわれるメジャーリーグ他のスポーツのような強い権限持っていない。またかつては総監督」という名称でGMと同様職務行っていたこともある。(三宅大輔市岡忠男など)

※この「GM」の解説は、「運営会社 (日本プロ野球)」の解説の一部です。
「GM」を含む「運営会社 (日本プロ野球)」の記事については、「運営会社 (日本プロ野球)」の概要を参照ください。


GM

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 06:36 UTC 版)

MIDI」の記事における「GM」の解説

GMシステムレベル1、通称GM (General MIDI) とは、それまでメーカー毎に異なっていた音色配列統一することを目的として策定されRPである。1991年に、RP-003にて定義されている。音色配列の他、最低同時発音数音色数、コントロールチェンジ効き具合といったことも指定されている。 さらに、従来のGMでは時代進化に伴い補いきれなくなってきた部分補完するため、GMシステムレベル2 (GM2) が上位規格として拡張された。GMとは完全な上位互換性をもつ。 のちに、主に携帯電話着信メロディ制作用途として、General MIDI Lite (GML) も上位規格として拡張された。 1991年 - GMシステムレベル1 - RP-003 1999年 - GMシステムレベル2 - RP-024 2001年 - General MIDI Lite - RP-033

※この「GM」の解説は、「MIDI」の解説の一部です。
「GM」を含む「MIDI」の記事については、「MIDI」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「.gm」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「GM」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



.gmと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

.gmのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



.gmのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
住友電工デバイス・イノベーション株式会社住友電工デバイス・イノベーション株式会社
(C) 2022 Sumitomo Electric Industries, Ltd.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリGMの記事を利用しております。
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの.gm (改訂履歴)、GM (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのR・C・ビュフォード (改訂履歴)、東京島 (改訂履歴)、キラリティー (漫画) (改訂履歴)、C21 (改訂履歴)、ダニー・フェリー (改訂履歴)、リネージュ (改訂履歴)、運営会社 (日本プロ野球) (改訂履歴)、MIDI (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS