.wsとは?

ダブリュー‐エス【WS】


ダブリュー‐エス【WS】


ダブリュー‐エス【WS】


ワークステーション

別名:WS
【英】workstation

ワークステーションとは、一般的に業務上の高度に専門的で処理負荷の高い作業を行うために、一般向けのPCよりもハイスペック組み上げられた、主に個人業務用途に利用されるコンピュータのことである。

ワークステーションは、1980年代UNIX搭載したサーバークライアントとして登場し、UNIXワークステーションとも呼ばれた。1990年代には、RISCアーキテクチャ高性能CPUや、大容量メモリ、独自のアーキテクチャなどが採用され、当時PCとは比較ならないほど高い性能実現していた。

ワークステーションで扱われる業務内容の例としては、CADグラフィックデザインDTP科学技術計算などがある。特に1980年から1990年代にかけては、エンジニア向けに計算能力強化されたEWSEngineering Workstation)や、デザイナー向けにグラフィック機能強化されたGWSGraphics Workstation)などがプロフェッショナル好んで用いられた。

1990年代後半頃から、一般的向けに提供されているPCの処理能力飛躍的に向上し、高度なネットワーク機能グラフィックス機能搭載されるようになリ始めた。その一方でWindowsベースPCワークステーション(Windowsワークステーション)が普及登場し、ワークステーションとハイエンドPCとの区別明瞭でなくなり始めた。

システム全体安定性可用性の高さでは、ワークステーションの方が明らかに優れているという指摘もある。それでも近年ハイエンドPCは、高可用性実現しており、ワークステーションとPC区別は一層曖昧になってきている。筐体形状、あるいは、スペック価格においても、最近ではほぼ同レベルになっている2008年7月現在、HPDELLNEC富士通LenovoなどのPCベンダーが、PCとワークステーションの両方発売しているが、ワークステーションとハイエンドPCとを差異化する要素各社によって異なといえる


.ws

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/04 19:26 UTC 版)

.wsサモアに割り当てられている国別コードトップレベルドメイン(ccTLD)。SamoaNICに管理されている。wsは西サモア(Western Samoa)から来ているが、ウェブサイト(website)の略称としても使われている。






「.ws」の続きの解説一覧

WS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/12 04:32 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

WS

ws

W's

  • W's 1996年に結成されていた日本の音楽ユニット。


W's

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2009/09/26 06:55 UTC 版)

W's(ウィズ)は、1996年に1年間限定で結成された日本バンド




「W's」の続きの解説一覧

W・S

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/06/14 03:48 UTC 版)

W・S(ダブル・エス)は、2001年12月12日に発売されたWEST SIDEの1stアルバムであり、ラストアルバム。




「W・S」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「.ws」の関連用語

.wsのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



.wsのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2021 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリワークステーションの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの.ws (改訂履歴)、WS (改訂履歴)、W's (改訂履歴)、W・S (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS