.wsとは?

ワークステーション

別名:WS
【英】workstation

ワークステーションとは、一般的に業務上の高度に専門的で処理負荷の高い作業を行うために、一般向けのPCよりもハイスペック組み上げられた、主に個人業務用途に利用されるコンピュータのことである。

ワークステーションは、1980年代UNIX搭載したサーバークライアントとして登場し、UNIXワークステーションとも呼ばれた。1990年代には、RISCアーキテクチャ高性能CPUや、大容量メモリ、独自のアーキテクチャなどが採用され、当時PCとは比較ならないほど高い性能実現していた。

ワークステーションで扱われる業務内容の例としては、CADグラフィックデザインDTP科学技術計算などがある。特に1980年から1990年代にかけては、エンジニア向けに計算能力強化されたEWSEngineering Workstation)や、デザイナー向けにグラフィック機能強化されたGWSGraphics Workstation)などがプロフェッショナル好んで用いられた。

1990年代後半頃から、一般的向けに提供されているPCの処理能力飛躍的に向上し、高度なネットワーク機能グラフィックス機能搭載されるようになリ始めた。その一方でWindowsベースPCワークステーション(Windowsワークステーション)が普及登場し、ワークステーションとハイエンドPCとの区別明瞭でなくなり始めた。

システム全体安定性可用性の高さでは、ワークステーションの方が明らかに優れているという指摘もある。それでも近年ハイエンドPCは、高可用性実現しており、ワークステーションとPC区別は一層曖昧になってきている。筐体形状、あるいは、スペック価格においても、最近ではほぼ同レベルになっている2008年7月現在、HPDELLNEC富士通LenovoなどのPCベンダーが、PCとワークステーションの両方発売しているが、ワークステーションとハイエンドPCとを差異化する要素各社によって異なといえる


.ws

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2011/06/01 03:39 UTC 版)

.ws
サモアの旗
施行 1995
TLDの種類 国別コードトップレベルドメイン
現在の状態 利用可
管理団体 SamoaNIC
後援組織 サモア政府
ウェブサイト samoanic.ws
  

.wsサモアに割り当てられている国別コードトップレベルドメイン(ccTLD)。SamoaNICに管理されている。wsは西サモア(Western Samoa)から来ているが、ウェブサイト(website)の略称としても使われている。

.wsは、フロリダ州のGlobal Domains International (GDI)により全てのドメイン名を参照されており、毎月10ドルを払い、半分の5ドルが1ドルずつ5つの上位会員へ渡るマルチ商法を取っている。


WS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/12 04:32 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

WS

ws

W's

  • W's 1996年に結成されていた日本の音楽ユニット。

W's

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2009/09/26 06:55 UTC 版)

W's
基本情報
出身地 日本の旗 日本
活動期間 1996年8月24日 - 1997年8月13日
事務所  
メンバー
IKURO (キーボード、コーラス)
SPARK (ギター)
TORU (ベース)
CHISA (ボーカル)
YUKA (ボーカル)
  

W's(ウィズ)は、1996年に1年間限定で結成された日本バンド

もともとは横山智佐野上ゆかな(現在の芸名はゆかな)によるデュエットでRPGゲームの『ウィザードリィ(Wizardry)』のイメージCDおよびシングルCDを発売する企画だった。W'sというユニット名もウィザードリィの愛称である『ウィズ』からきている。

1996年8月24日に渋谷ON AIR WESTで開催した『W's旗揚げライブ』から活動開始し、1997年8月13日に赤坂BLITZで開催した『W'sファイナルライブ』にて活動終了。

目次

メンバー

  • IKURO - キーボード、コーラス
  • SPARK - ギター
  • TORU - ベース
  • CHISA - ボーカル
  • YUKA - ボーカル

ディスコグラフィー

特に記述していない曲は、全て歌:CHISA&YUKA、編曲:藤原いくろう

アルバム

  • WITH (1996年11月1日発売)
    1. Tears of Diamonds 作詞:田辺智沙、作曲:藤原いくろう
    2. Isolation 作詞:佐藤学、作曲:佐藤学
    3. Dance Revolution (Album Version) 作詞:田辺智沙、作曲:前田克樹
    4. Asian Girl 作詞:田辺智沙、作曲:藤原いくろう
    5. Friends 作詞:野上ゆかな、作曲:藤原いくろう
    6. Flowers ~Never Bend with the Raintall~ 作詞:田辺智沙、作曲:藤原いくろう
    7. Lasting Blue 作詞:青柳美奈子、作曲:前田克樹
    8. Holiday 作詞:野上ゆかな、作曲:前田克樹
    9. Water Color 作詞:田辺智沙、作曲:佐藤学
    10. Kiss the time 作詞:浅田有理、作曲:前田克樹

シングル

  • Dance Revolution (1996年10月19日発売)
    1. Dance Revolution 作詞:田辺智沙、作曲:前田克樹
    2. Lasting Blue 作詞:青柳美奈子、作曲:前田克樹
    3. Dance Revolution (カラオケバージョン)
  • 1999(nineteen-ninetynine) (1997年2月21日発売)
    1. 1999 作詞:田辺智紗、作曲:藤原いくろう
    2. Asian Girl 作詞:田中智紗、作曲:藤原いくろう、編曲:藤原いくろう、鈴木’TARO’直樹
    3. 1999 (カラオケバージョン)
  • Boys Check 一人なんてしぼれない (1997年7月19日発売)
    1. Boys Check 一人なんてしぼれない 作詞:テリー伊藤、作曲:藤原いくろう
    2. ハートの休日 作詞:田中智紗、作曲:藤原いくろう
    3. Boys Check 一人なんてしぼれない(カラオケバージョン)

その他

  • Pay Per View (ビデオクリップ、LDでも発売)
  • Pay Par Rom (MS Windows、Macintosh用アプリケーションが収録されたCD-ROM)
  • Wizardry 外伝4 胎魔の鼓動 CDドラマ 第1景~第3景(エンディングテーマを担当)
    1. to The TRUTH 作詞:前田たかひろ、作曲:佐藤学
    2. Bless my Stars 作詞:前田たかひろ、作曲:前田克樹
    3. i did it 作詞:前田たかひろ、作曲:藤原いくろう

W・S

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/06/14 03:48 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

W・S(ダブル・エス)は、2001年12月12日に発売されたWEST SIDEの1stアルバムであり、ラストアルバム。

W・S
WEST SIDEスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
レーベル R and C
チャート最高順位
WEST SIDE アルバム 年表
Right Here, Right Now
2001年
W・S
2001年
テンプレートを表示

概要

  • 初回限定盤は銀色のスリーブパッケージ仕様。ジャケットや収録曲は初回盤、通常盤ともに同じ。
  • オリコン初登場19位。この後WEST SIDEが活動休止に入るため、彼らにとっては最初で最後のアルバムとなった。
  • シングル表題曲とアルバムオリジナル曲のみで構成されており、カップリング曲は収録されていない。後に「Hit The Road Jack」はライブDVDに収録されたが、「僕は何処にいる?」は現在までシングルにのみ収録されている。
  • 「Concept:」となっている楽曲は、メンバーたちがこういう歌を歌いたいと案を持ち寄った楽曲、あるいはメンバーをイメージしてプロデューサーの横山輝一が作った曲である。大部分の楽曲にてそのメンバーがボーカルを担当した。

収録曲

  1. Right Here,Right Now(Album Version)
    紳助の人間マンダラ」テーマソングとして使用された2ndシングル。シングルとはミックスの異なるバージョンが収録されている。
  2. DAILY (Concept:宇治原史規
    • 作詞・作曲:横山輝一
    ロザンの2人による歌唱で、宇治原がリードボーカルを担当している。仕事を優先し彼女に振られかけている男性の様子を歌っている。
  3. 18(Concept:梶原雄太
    • 作詞・作曲:横山輝一
    毎日放送の「オジャング」のエンディングとして使われた。サビ以外は梶原が歌唱している。
  4. Answer For Your Love (Concept:高井俊彦
    • 作詞;高井俊彦/横山輝一、作曲:横山輝一
    フジテレビの「コント1000本ノック」のエンディングテーマに使われた。Aメロは高井が歌い、サビでは高井のボーカルと女性コーラスから構成されているため、WEST SIDE唯一のソロ楽曲である。
  5. SENSATION(Concept:西野亮廣
    • 作詞・作曲:横山輝一
    飲料ドリンクのCMソングとして使われた。大部分を西野と梶原が歌い、最後のサビでは横山本人による輪唱が見られる。
  6. I'm in love with you(Concept:菅広文
    • 作詞・作曲:横山輝一
    メインボーカルは梶原が担当しており、菅はBメロ及びサビでコーラスを入れるのみである。
  7. WEST LOVE SHINE
    1stシングル。このアルバム唯一のKorn作曲作品であり、シングルバージョンがそのまま収録されている。
  8. SWAY
    • 作詞・作曲:横山輝一
  9. I'll Be〜それぞれのFieldへ〜
    • 作詞・作曲:横山輝一
  10. MISSING(Concept:中川貴志
    • 作詞・作曲:横山輝一
    別れた恋人に想いを寄せるバラード。Aメロ、Bメロのボーカルにはエフェクトがかかっている。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「.ws」の関連用語

.wsのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



.wsのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2019 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリワークステーションの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの.ws (改訂履歴)、WS (改訂履歴)、W's (改訂履歴)、W・S (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS