Lenovoとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > Lenovoの意味・解説 

レノボ

(Lenovo から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/05/29 15:44 UTC 版)

レノボ(日本漢字:聯想集団、簡体字中国語: 联想集团繁体字中国語: 聯想集團拼音: Liánxiǎng Jítuán英語: Lenovo Corporation)は、アメリカに本店を置き[2][リンク切れ][3][リンク切れ]北京に本社を置き、シンガポールモリスビルアメリカ合衆国ノースカロライナ州)にオペレーションセンターを置く中国パーソナルコンピュータ(PC)メーカー[2] [リンク切れ]。中国ではスマートフォンメーカーとしても認知されていた[4] が、2015年8月にレノボは携帯電話部門をアメリカのモトローラに統合することを表明し[5]、2016年11月には携帯電話端末をモトローラのブランドに一本化を発表した[6]


注釈

  1. ^ NECレノボ・ジャパングループとは、Lenovo NEC Holdings B.V.(レノボNECホールディングス)およびその傘下にあるレノボ・ジャパン、NECパーソナルコンピュータの総称である。
  2. ^ 「Lenovo NEC Holding B.V.(レノボNECホールディングス)」はレノボの持分法適用会社であるが、その子会社であるNECパーソナルコンピュータは関連企業の範囲外となる。

出典

  1. ^ Lenovo Group Limited Annual Report 2022 (PDF) (Report). Lenovo. 26 May 2022.
  2. ^ a b c d e About Lenovo” (英語). Lenovo Corporation. 2016年6月29日閲覧。[リンク切れ]
  3. ^ Hong Kong Head Office Information” (英語). Lenovo Corporation. 2016年6月29日閲覧。[リンク切れ]
  4. ^ a b 中国メーカーの海外進出が見えてきた2013年 - ITmedia 2013年12月19日
  5. ^ a b Burt, Jeffrey (August 28, 2015). "Lenovo Moves Smartphone Efforts to Motorola". eWeek.
  6. ^ a b "Lenovo to use only Moto branding for all future smartphones - Report". International Business Times. Retrieved 24 December 2016.
  7. ^ Lenovo Group Fact Sheet
  8. ^ “Market share held by PC vendors in Asia Pacific* from 2009 to 2014”. Statistic. https://www.statista.com/statistics/217341/pc-market-share-in-asia-pacific-since-2009-by-vendor/ 2018年7月3日閲覧。 
  9. ^ “Lenovo set on leading in Africa PC market”. M&G. (2013年3月27日). https://mg.co.za/article/2013-03-27-lenovo-set-on-leading-in-africa-pc-market 2016年10月6日閲覧。 
  10. ^ “レノボがデルを抜いて世界2位のパソコンメーカーに=IHS”. ウォール・ストリート・ジャーナル. (2011年12月1日). https://jp.wsj.com/public/page/0_0_WJPP_7000-353331.html 2018年7月3日閲覧。 
  11. ^ “PC市場シェアでLenovoがHPを抜き世界一に”. PC WATCH. (2013年7月11日). https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/607308.html 2016年10月6日閲覧。 
  12. ^ a b “Lenovoが富士通のPC事業を支配下に。FMVブランドはNECに加え継続”. PC Watch. (2017年11月2日). https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1089708.html 2017年11月3日閲覧。 
  13. ^ a b 联想集团日前已完成收购FCCL 51%股份”. cnBeta (2018年5月4日). 2018年5月11日閲覧。
  14. ^ “【43.7%】レノボが富士通のPC事業統合 22年ぶり1強に”. 日経BP. (2017年11月10日). https://xtrend.nikkei.com/atcl/trn/column/15/1061226/110800016/ 2018年1月24日閲覧。 
  15. ^ “スパコン「TOP500」で米国が首位に返り咲き”. 人民網. (2018年6月26日). http://j.people.com.cn/n3/2018/0626/c95952-9474883.html 2018年6月28日閲覧。 
  16. ^ IBMのx86サーバー事業がレノボになって変わること、変わらないこと
  17. ^ 「NEC、レノボへ携帯事業売却を断念 多額損失のおそれ」朝日新聞2013年7月30日
  18. ^ Lenovo、NECの携帯関連特許3800件を買収”. ITmedia (2014年4月8日). 2016年7月18日閲覧。
  19. ^ “中国レノボ、グーグル傘下のモトローラを2970億円で買収”. ロイター. (2014年1月30日). https://jp.reuters.com/article/technologyNews/idJPTYEA0S08520140130 2014年1月30日閲覧。 
  20. ^ 米国務省購入PCの「スパイ疑惑」にレノボが反論 CNET Networks Japan
  21. ^ Keith Bradsher (2006年3月24日). “INTERNATIONAL BUSINESS; State Department Is Criticized For Purchasing Chinese PC's” (English). New York Times. https://www.nytimes.com/2006/05/23/washington/23lenovo.html 2013年11月7日閲覧。 
  22. ^ Steve Lohr (2006年5月23日). “State Department Yields on PC's From China” (English). New York Times. https://www.nytimes.com/2006/05/23/washington/23lenovo.html 2013年11月7日閲覧。 
  23. ^ Steve Lohr (2006年4月19日). “Lenovo's Foreign Affairs” (English). Businessweek. https://www.bloomberg.com/news/articles/2006-04-19/lenovos-foreign-affairs 2013年11月7日閲覧。 
  24. ^ “Lenovo disgruntled by unfair treatment in the US” (English). People's Daily(人民網英語版). (2006年5月25日). http://en.people.cn/200605/25/eng20060525_268554.html 2013年11月7日閲覧。 
  25. ^ “Spy agencies ban Lenovo PCs on security concerns” (English). The Australian Financial Review. (2013年7月27日). https://www.afr.com/p/technology/spy_agencies_ban_lenovo_pcs_on_security_HVgcKTHp4bIA4ulCPqC7SL 2013年11月8日閲覧。 
  26. ^ “MI6 and MI5 'refuse to use Lenovo computers' over claims Chinese company makes them vulnerable to hacking” (English). The Independent. https://www.independent.co.uk/news/uk/home-news/mi6-and-mi5-refuse-to-use-lenovo-computers-over-claims-chinese-company-makes-them-vulnerable-to-hacking-8737072.html 2014年12月10日閲覧。 
  27. ^ "Media articles in The Australian Financial Review, 27 and 29 July 2013" (Press release) (English). オーストラリア国防省. 30 July 2013. 2013年11月8日閲覧[リンク切れ]
  28. ^ “Diplomatic denial: Lenovo ‘five eyes’ ban exists” (English). The Australian Financial Review. (2013年8月1日). https://www.afr.com/p/technology/diplomatic_denial_lenovo_five_eyes_4YW4afN5EgiMLLnPL0Fq0M 2013年11月8日閲覧。 
  29. ^ “Lenovo幹部が「中国ではバックドアを仕込んでるけど他の国ではやってない」ことを示唆”. GIGAZINE. (2018年9月20日). https://gigazine.net/news/20180920-lenovo-backdoor-in-china/ 2019年12月12日閲覧。 
  30. ^ Lenovo製PCのプリインストールソフトにサイバー攻撃の火種になる危険性”. GIGAZINE. 2020年11月5日閲覧。
  31. ^ Lenovo製PCに入っている極悪アドウェア「Superfish」はどれだけヤバイのか?”. GIGAZINE. 2020年11月5日閲覧。
  32. ^ 脱皮を目指すLenovoが新ブランドロゴを発表 - PC Watch 2015年5月26日(2015年5月29日閲覧)
  33. ^ Investor Relations” (英語). Lenovo Corporation. 2016年6月29日閲覧。
  34. ^ かつては東京都港区六本木3-2-31(旧日本IBM本社内)にあったが、六本木地区市街地再開発事業に伴い、2010年4月5日より六本木ヒルズ森タワーに移転(本社移転のお知らせ)。その後、2014年11月にNECパーソナルコンピュータと共に現在の秋葉原UDXへ移転(11月17日よりレノボ・ジャパン株式会社が秋葉原UDXで営業開始)。
  35. ^ a b 会社概要/NECパーソナルコンピュータ株式会社 |About Us NECレノボ・ジャパングループについて | NECレノボ・ジャパングループ 新卒採用情報」『NECレノボ・ジャパングループ 新卒採用情報』。2018年5月24日閲覧。
  36. ^ レノボNEC始動、「圧倒的シェア」実現へのシナリオ 日本経済新聞 2011年7月5日
  37. ^ レノボに合弁会社の全株取得権 NECの同意が前提 asahi.com2011年1月29日
  38. ^ レノボ、NEC米沢工場でパソコン生産へ
  39. ^ [1] なぜ、レノボはThinkPadを米沢で生産するのか?
  40. ^ 「レノボ、米沢事業場でのThinkPad生産の様子を公開」『Impress』2015.3.19
  41. ^ 日本流の検品手法、海外工場に広げる 中国レノボ 日本経済新聞 2018年3月12日
  42. ^ 九大広報』85(2013年1月号):3-6
  43. ^ Lenovoニュース「レノボ・ジャパン新社長就任のお知らせ」
  44. ^ 日本IBMの渡辺朱美 元執行役員がレノボ・ジャパンの社長に就任”. 日経xTECH(日経BP) (2012年4月2日). 2018年12月14日閲覧。
  45. ^ 社長交代に関するお知らせ - NECパーソナルコンピュータプレスリリース(2013年6月18日)
  46. ^ なぜ、NEC PCとレノボ・ジャパンの社長が交代したのか - 大河原克行の「パソコン業界、東奔西走」(2013年7月2日、PC Watch内)
  47. ^ ソニーとLenovoがPC海外事業で提携とNHK報道 PC Watch、2014年02月03日
  48. ^ レノボ・ジャパンを取り巻く3つの変化の狙いとは? - 大河原克行の「パソコン業界、東奔西走」PC Watch、2014年10月27日
  49. ^ 社長交代に関するお知らせ https://www.lenovo.com/news/jp/ja/2015/03/0302.shtml
  50. ^ レノボ・エンタープライズ・ソリューションズ新人事についてのお知らせ https://www.lenovo.com/news/jp/ja/2015/09/0901.shtml
  51. ^ a b 持分法適用関連会社株式の一部譲渡に伴う譲渡益の計上に関するお知らせ - NECプレスリリース(2016年7月1日)
  52. ^ a b “NEC、レノボにパソコン合弁株を一部売却 インフラ事業強化”. 日本経済新聞. (2016年7月1日). https://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ01HXZ_R00C16A7TJC000/ 2016年7月5日閲覧。 
  53. ^ “富士通、レノボ・政投銀とパソコン事業を合弁に”. 日本経済新聞. (2017年11月2日). https://www.nikkei.com/article/DGXLASFL02HOT_S7A101C1000000/ 2017年11月3日閲覧。 
  54. ^ “レノボ傘下にはなるけれど、富士通がAIパソコン来年投入”. 日刊工業新聞. (2017年12月1日). https://newswitch.jp/p/11216 2017年12月15日閲覧。 
  55. ^ “どうなる富士通の法人向けPC――、“競合”NECと同じLenovo傘下での差別化ポイントは?”. クラウド Watch. (2017年11月7日). https://cloud.watch.impress.co.jp/docs/special/1090007.html 2017年12月15日閲覧。 
  56. ^ “NEC PCとレノボ、社長交代--新社長にAMD出身のデビット・ベネット氏、留目氏は退任”. CNET Japan. (2018年5月7日). https://japan.cnet.com/article/35118742/ 2018年12月14日閲覧。 
  57. ^ “レノボ・ジャパン新社長デビット・ベネット氏が会見。2020年までにレノボ製品の95%を1日で修理と宣言”. PC Watch(Impress). (2018年7月20日). https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1133934.html 2018年12月14日閲覧。 
  58. ^ レノボ・ジャパン、みなとみらい21地区に 研究開発拠点「大和事業所」を移転
  59. ^ ASCII. “NECPCの米沢事業所で、スムーズすぎるパソコン生産現場を見てきた!” (日本語). ASCII.jp. https://ascii.jp/elem/000/001/126/1126215/ 2018年5月24日閲覧。 
  60. ^ 「オートメーション化は不可能」――NEC米沢事業場のものづくりを支える職人の手 (1/2)」『ITmedia PC USER』。2018年5月24日閲覧。
  61. ^ NECパーソナルコンピュータ群馬事業場 | 特集”. Business with Lenovo. 2020年3月1日閲覧。
  62. ^ ビジネスノートPC市場に、コストパフォーマンスに優れた新ブランドが誕生 テレワーク利用にも最適な「ThinkBook 13s」発表 - レノボジャパン 2019年5月29日(2019年6月19日閲覧)
  63. ^ 「楽OS」搭載の「楽phone」を買ってしまった! - ITmedia 2011年9月8日
  64. ^ インド [2]、ロシア [3]などにモデルを投入している。
  65. ^ 【CES 2012レポート】【Intel基調講演】Lenovoが世界初のIA+Androidスマートフォンを発売~MotorolaもIAベースのスマートフォンを長期に渡り開発/出荷 - PC Watch 2012年1月11日(インプレス


「レノボ」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「Lenovo」の関連用語

Lenovoのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



Lenovoのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2024 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリLenovoの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのレノボ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS