.бгとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > .бгの意味・解説 

.бг

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/02/18 09:52 UTC 版)

.бгは、キリル文字を用いたブルガリア国際化国別コードトップレベルドメイン(IDN ccTLD)である。.бгは、ブルガリアの国別コードトップレベルドメインである.bgをキリル文字に転写したものであり、ブルガリア語による国名表記България(ラテン文字翻字 : Bălgarija)の略でもある[1][2]ASCIIの範囲内の文字で表すためにPunycodeを用いてxn--90aeと符号化され、この名前でDNSに登録されている。




  1. ^ a b Bulgaria moves to register Cyrillic Internet domain, Reuters, 23 June 2008; accessed 24 September 2008.
  2. ^ a b Bulgaria moves to register Cyrillic Internet domain Archived 2009-04-15 at the Wayback Machine., email from Dessi Pefeva to ICANN's At-Large mailing list, 24 June 2008; accessed 24 September 2008.
  3. ^ Extended Process Similarity Review Panel. Report for Corresponding ISO3166 Entry: BG. icann.org. Retrieved 2014-11-27.
  4. ^ Bulgaria's Cyrillic Internet Domain Name Request was Turned Down, Bulgarian Ministry of Transport, Information Technology and Communication, 19 May 2010; accessed 19 May 2010.
  5. ^ (ブルガリア語) Министър Цветков иска контрол върху информационните сайтове, DarikNews.bg, 26 June 2010; accessed 14 July 2010.
  6. ^ Bulgaria to Make Another Push for 'бг' Cyrillic Web Domain, Novinite.com, 14 January 2011; accessed 18 January 2011.
  7. ^ ICANN Snubs Bulgaria's Cyrillic Internet Domain Name Again”. 2011年7月31日閲覧。
  8. ^ MEP SLAMS BULGARIAN GOVT FOR FALLING BEHIND WITH CYRILLIC INTERNET DOMAINS
  9. ^ Veni Markovski (2014年10月14日). “Relations Between Bulgaria and ICANN Mark Major Milestones - ICANN”. icann.org. 2014年11月27日閲覧。
  10. ^ IANA — .бг Domain Delegation Data”. iana.org. 2016年3月6日閲覧。
  11. ^ ICANN — Board resolutions”. icann.org. 2016年7月12日閲覧。


「.бг」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「.бг」の関連用語

.бгのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



.бгのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの.бг (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS