.mnとは?

マンガン(Mn)

地殻中に存在する生物には必須元素一種ですが,マンガンの製造粉砕,マンガン塩類製錬する時,マンガン鉱(褐石,MnO2)により中毒をおこすことがあり,慢性神経症(マンガン病)になる。マンガン塩による中毒については不明です。また,マンガンによる職業的中毒の例は比較少ない。
水道水基準…0.3mg/L,排水基準溶解性)…10mg/L以下

マンガン(Mn)

マンガン(Manganese)は、元素記号 Mn で表され、原子番号25原子量は約54.94比重は7.43(g/cc)である。純粋なものは銀白色で、より硬いが、非常にもろい。マンガン族に属する。空気中で速やかに酸化し、被膜をつくる。
ステンレス鋼添加されると、イオウ等と化合物をつくり被削性を増す。また赤熱ぜい性防止する。

マンガン(IV)

分子式Mn
その他の名称:Manganese(IV)
体系名:マンガン(IV)


マンガン(III)ジカチオン

分子式Mn
その他の名称:Manganese(III)dication
体系名:マンガン(III)ジカチオン


マンガン(II)

分子式Mn
その他の名称:Manganese(II)
体系名:マンガン(II)


マンガン

分子式Mn
その他の名称:マンガン-55、クタバル、Manganese-55、Colloidal manganese、Mn、Cutaval、コロイド状マンガン、ManganeseManganese powder
体系名:マンガン


Mn(II)イオン

分子式Mn
その他の名称:Manganese dication、Mn(II) ion、Mn(II)イオン
体系名:マンガンジカチオン


マンガン(III)

分子式Mn
その他の名称:Manganese(III)
体系名:マンガン(III)


物質
マンガン
英語名
Manganese
元素記号
Mn
原子番号
25
分子量
54.93805
発見
1774年
原子半径(Å)
1.12(1.50)
融点(℃)
1244
沸点(℃)
2152
密度(g/cm3
7.42
比熱(cal/g ℃)
0.115
イオン化エネルギー(eV)
7.435
電子親和力(eV)
0


.mn

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/04/15 21:41 UTC 版)

.mn国別コードトップレベルドメインccTLD)の1つで、モンゴルに割り当てられている。mnというドメイン名は、国名の1音節目の子音を組み合わせたものである。






「.mn」の続きの解説一覧

MN

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/12/03 01:23 UTC 版)

MN, Mn, mn




「MN」の続きの解説一覧



.mnと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「.mn」に関係したコラム

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「.mn」の関連用語

.mnのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



.mnのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
九州環境管理協会九州環境管理協会
財団法人 九州環境管理協会(以下、「当協会」とします)ホームページに記載されている全ての文章、写真その他の画像等の著作権は、すべて当協会に帰属します。これらを無断で転載・複製することは、私的使用または引用として使用する場合を除き、著作権法で禁止されています。
丸ヱム製作所丸ヱム製作所
© 1998-2020 Maruemu Works Co,. Ltd. All rights reserved.
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの.mn (改訂履歴)、MN (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS