.reとは?

レイノルズ数

読み方:レイノルズすう
英語:Reynolds number、Re

流体粘性力に対す慣性力割合

レイノルズ数は、次の計算式求めることができる。

レイノルズ数=慣性力÷粘性

レイノルズ数では、流体層流乱流かを調べることができる。一般的には、レイノルズ数が2300以下の場合層流、2300以上の場合乱流という。

アール‐イー【RE】


アール‐イー【RE】


アール‐イー【RE】


リ【Re:】

手紙電子メール冒頭で、返信の印として用い記号リーレー。→フォワード2

[補説] 「…について」「…に関して」を意味する英語の前置詞由来するとされるが、諸説あり定かではない


レ【(イタリア)re】

洋楽階名の一。長音階の第2音、短音階の第4音。

日本音名ニ音イタリア音名


フルチェンケータイ re

re 画像1
re 画像2

re 画像3
re 画像4

re 画像5
re 画像6

re 画像7
re 画像8

re 画像9
re 画像10

仕様 (スペック)

サイズ/重量 50 (W) ×105 (H) × 16.4 (D) mm (閉じた状態) / 約122g
連続通話時間(音声通話時) 240
連続待受時間 230時間
ディスプレイサイズ
(メイン/サブ)
約2.7インチ / 約1.1インチ
ディスプレイタイプ
(メイン)
TFT [サブ有機EL]
液晶最大表示色
(メイン/サブ)
26色 / 1色
カメラ機能 有効画素数/撮影素子 319万画素 / CMOS
撮影ライト
オートフォーカス機能
フォト機能 最大撮影サイズ2,048×1,536ドット
連写撮影 9 / 4連写
ズーム機能
(最大ズーム/調節段階)
3.0倍 / 17段階
ムービー機能 長時間録画
(最大サイズ/最大時間)
VGA =90分 (注1)

ズーム機能
(最大ズーム/調節段階)

4.9倍 / 24段階
Eメール 受信メール保存件数※1 約2.5MB または 1,000
送信メール保存件数※1 約1.0MB または 500
データ容量 データフォルダ容量※1 合計 約100MB または 5,000件 (BREW®専用として別途 約50MB)
外部メモリ
(対応カード最大容量)※2
2GB microSD / セキュア対応
ワンセグ連続視聴時間
(DBEXON時/DBEXOFF時)※3
約5時間00分 / 約5時間00
アドレス帳登録件数
(電話帳/Eメールアドレス)
1,000件 (3件 / 3件)
赤外線通信
マルチプレイウィンドウ
ハンズフリー機能
標準セット オープン価格

【リバースエンジニアリング】(りばーすえんじにありんぐ)

Reverse engineering (RE)

実際に製造された工業製品分析して、そこに含まれる工学知見調査する事。
通常の工学研究(Engineering)の行程逆流(Reverse)する事からリバースエンジニアリング(RE)と呼ばれる

研究開発部門有する企業であれば、どこでも日常業務としてREを行っている。
ほとんどの工業製品仕様書設計図の類が「企業秘密」として公開されていないため、REを行わずに技術開発を行う事はできない
また、多く製品開発に関わった技術者本人しか記憶ていないような非公式技術情報が残されている。
技術者世代交代移籍によって既存技術情報散逸する事も少なからずあるため、自社製品分析不定期行われる

製品抱えている潜在的欠陥調査するため、あえて先入観を持たないスタッフにREを行わせる事もある。

関連:デッドコピー チャイニーズコピー クフィル 殲撃7 Tu-4 コンピュータ2000年問題

法的側面

リバースエンジニアリングそのものは完全に合法であり、これを罰する法は基本的にない。
ただし、REの分析結果転用した製品販売特許著作権意匠権などの知的財産権抵触する可能性がある。

一部製品では利用許諾契約書にリバースエンジニアリングを禁止する条項明記されている場合がある。
ただし、その旨条項法的正当なのであるかどうかについては疑問余地もある。

また、明白に違法意図をもってリバースエンジニアリングが行われた事例少なくない
例えコンピュータウィルス対するREを行えば、より強力で対策困難なコンピュータウィルス作る方法を知る事になる
ユーザー登録が必要なソフトウェア解析したエンジニアは、登録料を支払わず不正に利用する方法を知る事になる
窃盗団家屋の鍵、セキュリティ装置ICカードなどを解析し、それらの装置欺く方法を学ぶ事ができる。

確度の高い技術情報を得るためにスパイ行為を働く事もある。
そうした産業スパイ」は家宅侵入窃盗などの刑事事件社内規定による解雇処分損害賠償などの民事訴訟発展する

軍事におけるリバースエンジニアリング

各国兵器に明らかな類似性共通点があるのは偶然ではない。
リバースエンジニアリングなしに成り立たないのは軍需産業例外ではなく兵器基幹技術全て他社解析されている。
特定の企業にしか生産できない兵器」は存在せず、たとえ存在したとしても、解析完了するまでの一時的優位に過ぎない

例えば、パテント失効した「古き良き銃器世界中銃器メーカーによって解析され、コピー製品が作られている。

戦車軍用機など高度な軍事機密関わる製品例外ではないが、こうした製品のREは困難を伴う。
製品解析するためには何らかの方法現物入手するか、スパイ経由情報入手なければならない
このため鹵獲された他国兵器は、REを行う軍属研究機関移送されることが多い。
また、大規模軍需企業周辺では常に各国諜報機関暗躍しているとも言われる

この他、同盟国から輸入された兵器存在する「整備などの際に無断分解てはならない」とされる部品分解し、無理やり技術を得ることも稀にある。
しかし、これは露見すれば外交問題発展するのは想像に難くない


RE

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

反射電子 RE,BSE,BE: reflected electron,backscattered electron


レニウム

分子式Re
その他の名称:Rhenium、Re
体系名:レニウム


3,12-ジヒドロキシ-6α-[2-O-(6-デオキシ-α-L-マンノピラノシル)-β-D-グルコピラノシルオキシ]-20-(β-D-グルコピラノシルオキシ)ダンマラ-24-エン

分子式C48H82O18
その他の名称:3,12-Dihydroxy-6α-[2-O-(6-deoxy-α-L-mannopyranosyl)-β-D-glucopyranosyloxy]-20-(β-D-glucopyranosyloxy)dammara-24-ene、Re
体系名:3,12-ジヒドロキシ-6α-[2-O-(6-デオキシ-α-L-マンノピラノシル)-β-D-グルコピラノシルオキシ]-20-(β-D-グルコピラノシルオキシ)ダンマラ-24-エン


レニウム(VI)

分子式Re
その他の名称:Rhenium(VI)
体系名:レニウム(VI)


物質
レニウム
英語名
Rhenium
元素記号
Re
原子番号
75
分子量
186.207
発見
1925年
原子半径(Å)
1.37
融点(℃)
3180
沸点(℃)
5627
密度(g/cm3
21.2
比熱(cal/g ℃)
0.033
イオン化エネルギー(eV)
7.88
電子親和力(eV)
0.15


希土類元素(RE:Rare-earth element)

希土類元素(RE: Rare-earth element)  ランタン(La)からルテチウム(Lu)までの一連の元素いずれも3価が主な原子価性質類似している。これらの元素ランタノイド総称し、周期表では、ランタンと同じ位置全部いれている。希土類として元素分類したときは、ランタノイドスカンジウム(Sc)とイットリウム(Y)含めている。(近角聡信等、「最新元素知識」より) ランタノイド類の中で、Gdよりも元素重量が軽い元素軽希土類元素LRE: light rare-earth elements)と呼び通常、(LRE)Ba2Cu3O7d材料とした際に超電導体となる、La, Nd, Sm, Eu, Gdが指す。これらの元素用い場合には、(LRE)とBa置換した固溶体形成しやすく、超電導特性変化する。  

Re

名前 レ; レー

.re

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/29 06:13 UTC 版)

.re国別コードトップレベルドメインccTLD)の一つで、フランス海外県レユニオンに割り当てられている。.fr及び.tfとともにAFNICによって管理されている。






「.re」の続きの解説一覧

Re:

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2010/04/10 16:34 UTC 版)

Re:』(アールイー)は松田樹利亜アルバム




「Re:」の続きの解説一覧

Re:

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/25 00:23 UTC 版)

Re:は、電子メールネットニュースの「返信」を意味する語である。


  1. ^ a b c d メーリングリストサーバのGNU Mailmanでは、この接頭辞に対応した実装が見られる。GNU Mailman 2.1.9 の CookHeaders モジュールのコミット履歴 (2007年8月31日閲覧) による。
  2. ^ 株式会社アイシェア意識調査『携帯メールの受信件名「Re:」率 55.3%』2007年8月29日


「Re:」の続きの解説一覧

Re.

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/07/29 16:12 UTC 版)

Re.』(アールイー)は、2004年12月8日にリリースされた上戸彩の3枚目のアルバム。






「Re.」の続きの解説一覧

レイノルズ数

(.re から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/15 01:54 UTC 版)

レイノルズ数(レイノルズすう、: Reynolds numberRe)は流体力学において慣性力粘性力との比で定義される無次元量である。流れの中でのこれら2つの力の相対的な重要性を定量している。


注釈

  1. ^ レイノルズ数の定義や潤滑方程式と混同しないように注意が必要。

出典

  1. ^ Tansley, Claire E.; Marshall, David P. (2001). “Flow past a Cylinder on a Plane, with Application to Gulf Stream Separation and the Antarctic Circumpolar Current”. Journal of Physical Oceanography 31 (11): 3274–3283. doi:10.1175/1520-0485(2001)031<3274:FPACOA>2.0.CO;2. http://www.met.reading.ac.uk/~ocean/Dynamics/pub/tm01b.pdf. [リンク切れ]
  2. ^ Stokes, George (1851). “On the Effect of the Internal Friction of Fluids on the Motion of Pendulums”. Transactions of the Cambridge Philosophical Society 9: 8–106. Bibcode1851TCaPS...9....8S. 
  3. ^ Reynolds, Osborne (1883). “An experimental investigation of the circumstances which determine whether the motion of water shall be direct or sinuous, and of the law of resistance in parallel channels”. Philosophical Transactions of the Royal Society 174 (0): 935–982. doi:10.1098/rstl.1883.0029. JSTOR 109431. 
  4. ^ a b Rott, N. (1990). “Note on the history of the Reynolds number”. Annual Review of Fluid Mechanics 22 (1): 1–11. Bibcode1990AnRFM..22....1R. doi:10.1146/annurev.fl.22.010190.000245. 
  5. ^ Reynolds Number
  6. ^ Batchelor, G. K. (1967). An Introduction to Fluid Dynamics. Cambridge University Press. pp. 211–215 
  7. ^ Reynolds Number Engineeringtoolbox.com
  8. ^ Holman, J. P.. Heat Transfer. McGraw Hill [要文献特定詳細情報]
  9. ^ Fox, R. W.; McDonald, A. T.; Pritchard, Phillip J. (2004). Introduction to Fluid Mechanics (6th ed.). Hoboken: John Wiley and Sons. p. 348. ISBN 0471202312 
  10. ^ Streeter, V. L. (1962). Fluid Mechanics (3rd ed.). McGraw-Hill 
  11. ^ Low-Reynolds-Number Airfoils, P.B.S. Lissaman, AeroVironment Inc., Pasadena, California, 91107
  12. ^ ISO. “International Standard Atmosphere”. eng.cam.ac.uk. 2013年6月1日閲覧。
  13. ^ a b Rhodes, M. (1989). Introduction to Particle Technology. Wiley. ISBN 0471984825. http://books.google.com/books?id=P9Qgvh7kMP8C&pg=PA29 
  14. ^ Dusenbery, David B. (2009). Living at Micro Scale. Cambridge, Mass: Harvard University Press. p. 49. ISBN 9780674031166 
  15. ^ Sinnott, R. K.. Coulson & Richardson's Chemical Engineering, Volume 6: Chemical Engineering Design (4th ed.). Butterworth-Heinemann. p. 73. ISBN 0750665386 
  16. ^ 今井功 『流体力学(前編)』 裳華房、1997年。ISBN 4-7853-2314-0 
  17. ^ Holman, J. P. (2002). Heat Transfer. McGraw-Hill. p. 207 
  18. ^ De Witt, D. P. (1990). Fundamentals of Heat and Mass Transfer. New York: Wiley 


「レイノルズ数」の続きの解説一覧

RE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/12 20:13 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

RE

RE

Re

re

RE

関連項目





.reと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「.re」に関係したコラム

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「.re」の関連用語

.reのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



.reのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2022 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
au by KDDIau by KDDI
COPYRIGHT © 2003-2022 KDDI CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
JEOLJEOL
Copyright © 1996-2022 JEOL Ltd., All Rights Reserved.
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
国際超電導産業技術研究センター国際超電導産業技術研究センター
Copyright (C) 2022 財団法人国際超電導産業技術研究センター All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの.re (改訂履歴)、Re: (改訂履歴)、Re: (改訂履歴)、Re. (改訂履歴)、レイノルズ数 (改訂履歴)、RE (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS