レイノルズすうとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > レイノルズすうの意味・解説 

レイノルズすう [5] 【レイノルズ数】

流れの状態を特徴づける無次元の量。流れ速さ粘性異なっても、この量が等しけれ流れ同形となる。流体密度流れ速度流れの中に置いた物体長さ(球であればその半径)に比例し、流体粘性率反比例する。

レイノルズ数

読み方:レイノルズすう
英語:Reynolds numberRe

流体粘性力に対す慣性力割合

レイノルズ数は、次の計算式で求めることができる。

レイノルズ数=慣性力÷粘性

レイノルズ数では、流体層流乱流かを調べることができる。一般的には、レイノルズ数が2300以下の場合層流、2300以上の場合乱流という。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「レイノルズすう」の関連用語

レイノルズすうのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



レイノルズすうのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2019 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.

©2019 Weblio RSS