分析結果とは? わかりやすく解説

分析結果

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/29 11:54 UTC 版)

アタ (ミイラ)」の記事における「分析結果」の解説

当初このミイラ古いもの思われていたが、どんなに古くとも40年前より先に遡らない考えられ、また科学的分析可能なほどDNAがよく残っていることが分かった。このミイラは、異常な形状頭蓋骨持ち本来なら12対あるはずの肋骨10対しかなく、尖頭症(英語版)の兆候がある。前頭縫合大きく開き手足骨化不完であることから、解剖学者かつ古人類学者のウィリアム・ジャンジャー(英語: William Jungers)は、これは早産されたヒトの胎児であり、生まれる前もしくは直後に死亡した論じたスタンフォード大学遺伝学者ギャリー・ノーラン(英語: Garry P. Nolan)は、予定日より早く流産をさせるような遺伝子異常組み合わせがあったとの仮説示し放射線学者のラルフ・ラークマーン(英語: Ralph Lachman)は、単なる小人症だけではこの胎児見られる全ての特徴説明できない指摘したノーランDNA解析により、このミイラB2 mtDNA ハプログループ属することが分かったハプログループ遺伝的集団同定するものであり、それは地球上特定の地域明確な関係を持つことがある。このミイラミトコンドリアDNA見つかった対立遺伝子考え合わせると、アタ南アメリカ西部の原住民と思われるUFO研究家スティーブン・グリアは、アタ地球外生命体だとの推測出していたが、それはミイラDNA分析とは矛盾する2018年ノーラン追加調査結果発表し、この胎児には骨の成長に関する珍し病気があり、小人症脊柱変形筋肉と骨の異常に関す遺伝子変異もあると明らかにした。研究チーム骨形成に関する7個の遺伝子64変異同定し、骨の形成顕著に影響を与えるこれほど多くの遺伝子変異は、これまで報告されことがない述べた

※この「分析結果」の解説は、「アタ (ミイラ)」の解説の一部です。
「分析結果」を含む「アタ (ミイラ)」の記事については、「アタ (ミイラ)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「分析結果」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「分析結果」の関連用語

分析結果のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



分析結果のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのアタ (ミイラ) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS