遺伝子変異とは?

Weblio 辞書 > ヘルスケア > 健康用語 > 遺伝子変異の意味・解説 

遺伝子変異

ヒトを含む各種動植物では、発がん物質変異原物質さらされる細胞中で、遺伝子DNA高頻度の異常(DNA塩基欠失置換等)が生じます。これらの異常により、遺伝子機能低下したり、または失われたりすることを遺伝子変異といいます。このような現象体細胞発生すると個体レベルでの細胞死やがん化が起こり子孫に伝わる生殖細胞発生するとその子孫に各種遺伝病疾患起こります。  また、これらの現象上記発がん物質等が関与しない場合でも、すなわち、通常の生活状況場合でも、ごく低い頻度で起こることがあり、これを自然発生的な突然変異称しています。


突然変異

(遺伝子変異 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/14 23:22 UTC 版)

突然変異(とつぜんへんい)とは、生物やウイルスがもつ遺伝物質の質的・量的変化。および、その変化によって生じる状態。




  1. ^ : mutant
  2. ^ : mutagen
  3. ^ : mutation
  4. ^ : Mutation
  5. ^ : neutral mutation
  6. ^ silent mutation
  7. ^ : back mutation
  8. ^ : suppressor mutation
  9. ^ : adaptive mutation
  10. ^ : point mutation
  11. ^ : missense mutation
  12. ^ : nonsense mutation
  13. ^ : frameshift mutation


「突然変異」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「遺伝子変異」の関連用語

遺伝子変異のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



遺伝子変異のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ヤクルトヤクルト
Copyright © Yakult Honsha Co.,Ltd.All Rights Reserved.Produced by Yakult Honsha Co.,Ltd.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの突然変異 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS