ボールドウィン効果とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ボールドウィン効果の意味・解説 

ボールドウィン効果

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/04/25 02:12 UTC 版)

ボールドウィン効果(ボールドウィンこうか、: Baldwin effect[1])は、アメリカ合衆国心理学者ジェームズ・マーク・ボールドウィンが提唱した初期の進化の理論である。ボールドウィン進化: Baldwin evolution)とも。大まかに言えば、学習能力が高くなる方向に選択が進むことを示唆したものである。選択された子孫は新たなスキルを学習する能力が高くなる傾向があり、遺伝的に符号化された固定的な能力に制限されない傾向が強まる。種やグループの持続的な振る舞いが、その種の進化を形成するという点を重視する。




「ボールドウィン効果」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ボールドウィン効果」の関連用語

ボールドウィン効果のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ボールドウィン効果のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのボールドウィン効果 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS