レイノルズ数とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > > レイノルズ数の意味・解説 

レイノルズすう [5] 【レイノルズ数】

流れの状態を特徴づける無次元の量。流れ速さ粘性異なっても、この量が等しけれ流れ同形となる。流体密度流れ速度流れの中に置いた物体長さ(球であればその半径)に比例し、流体粘性率反比例する。

レイノルズ数

読み方:レイノルズすう
英語:Reynolds numberRe

流体粘性力に対す慣性力割合

レイノルズ数は、次の計算式で求めることができる。

レイノルズ数=慣性力÷粘性

レイノルズ数では、流体層流乱流かを調べることができる。一般的には、レイノルズ数が2300以下の場合層流、2300以上の場合乱流という。

レイノルズ数

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/06/24 05:02 UTC 版)

レイノルズ数: Reynolds numberRe)は流体力学において慣性力粘性力との比で定義される無次元量である。流れの中でのこれら2つの力の相対的な重要性を定量している。




  1. ^ レイノルズ数の定義はレイノルズ方程式や潤滑方程式と混同しないように注意が必要。
  1. ^ Tansley, Claire E.; Marshall, David P. (2001). “Flow past a Cylinder on a Plane, with Application to Gulf Stream Separation and the Antarctic Circumpolar Current”. Journal of Physical Oceanography 31 (11): 3274–3283. doi:10.1175/1520-0485(2001)031<3274:FPACOA>2.0.CO;2. http://www.met.reading.ac.uk/~ocean/Dynamics/pub/tm01b.pdf. 
  2. ^ Stokes, George (1851). “On the Effect of the Internal Friction of Fluids on the Motion of Pendulums”. Transactions of the Cambridge Philosophical Society 9: 8–106. Bibcode 1851TCaPS...9....8S. 
  3. ^ Reynolds, Osborne (1883). “An experimental investigation of the circumstances which determine whether the motion of water shall be direct or sinuous, and of the law of resistance in parallel channels”. Philosophical Transactions of the Royal Society 174 (0): 935–982. doi:10.1098/rstl.1883.0029. JSTOR 109431. 
  4. ^ a b Rott, N. (1990). “Note on the history of the Reynolds number”. Annual Review of Fluid Mechanics 22 (1): 1–11. Bibcode 1990AnRFM..22....1R. doi:10.1146/annurev.fl.22.010190.000245. 
  5. ^ Reynolds Number
  6. ^ Batchelor, G. K. (1967). An Introduction to Fluid Dynamics. Cambridge University Press. pp. 211–215. 
  7. ^ Reynolds Number Engineeringtoolbox.com
  8. ^ Holman, J. P.. Heat Transfer. McGraw Hill. [要文献特定詳細情報]
  9. ^ Fox, R. W.; McDonald, A. T.; Pritchard, Phillip J. (2004). Introduction to Fluid Mechanics (6th ed.). Hoboken: John Wiley and Sons. p. 348. ISBN 0471202312. 
  10. ^ Streeter, V. L. (1962). Fluid Mechanics (3rd ed.). McGraw-Hill. 
  11. ^ Low-Reynolds-Number Airfoils, P.B.S. Lissaman, AeroVironment Inc., Pasadena, California, 91107
  12. ^ ISO. “International Standard Atmosphere”. eng.cam.ac.uk. 2013年6月1日閲覧。
  13. ^ a b Rhodes, M. (1989). Introduction to Particle Technology. Wiley. ISBN 0471984825. http://books.google.com/books?id=P9Qgvh7kMP8C&pg=PA29. 
  14. ^ Dusenbery, David B. (2009). Living at Micro Scale. Cambridge, Mass: Harvard University Press. p. 49. ISBN 9780674031166. 
  15. ^ Sinnott, R. K.. Coulson & Richardson's Chemical Engineering, Volume 6: Chemical Engineering Design (4th ed.). Butterworth-Heinemann. p. 73. ISBN 0750665386. 
  16. ^ 今井功 『流体力学(前編)』 裳華房、1997年ISBN 4-7853-2314-0 
  17. ^ Holman, J. P. (2002). Heat Transfer. McGraw-Hill. p. 207. 
  18. ^ De Witt, D. P. (1990). Fundamentals of Heat and Mass Transfer. New York: Wiley. 


「レイノルズ数」の続きの解説一覧



レイノルズ数と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「レイノルズ数」の関連用語

レイノルズ数のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



レイノルズ数のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2019 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのレイノルズ数 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS