.tfとは? わかりやすく解説

ティー‐エフ【TF】

読み方:てぃーえふ

task forceタスクフォース


Tr/Tf(立ち上がり/立ち下がり時間)

信号レベルからHレベルへの立ち上がり立ち下がり時間のこと。立ち上がり時間(rise time)、立ち下がり(fall time)。

トフィソパム

分子式C22H26N2O4
その他の名称トフィソパム、EGYT-341、Tofisopamグランダキシン、TF、Grandaxin、1-(3,4-Dimethoxyphenyl)-5-ethyl-7,8-dimethoxy-4-methyl-5H-2,3-benzodiazepine、1-(3,4-Dimethoxyphenyl)-4-methyl-5-ethyl-7,8-dimethoxy-5H-2,3-benzodiazepine、エマンダキシン、Emandaxin、クラソパン、Clasopan、グランパム、Granpam、ゲースベン、Gesuben、コバンダキシン、Cobandaxin、ツルベール、Tsurubel、トフィス、Tofis、トフィール、Tofiel、トフィルシン、Tofilsin、トルバナシン、Tolbanasin、トロンヘイム、Tronheim、バイダキシン、Bydaxin、ハイミジン、Hymidin、マイロニン、Myronin
体系名:1-(3,4-ジメトキシフェニル)-5-エチル-7,8-ジメトキシ-4-メチル-5H-2,3-ベンゾジアゼピン、1-(3,4-ジメトキシフェニル)-4-メチル-5-エチル-7,8-ジメトキシ-5H-2,3-ベンゾジアゼピン


.tf

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/13 22:14 UTC 版)

.tf国別コードトップレベルドメインccTLD)の一つで、フランス領南方・南極地域に割り当てられている。現在では.fr及び.reとともにAFNICで管理されているが、2004年10月23日までは、ケンブリッジのAdamsnamesで管理を行っていた。






「.tf」の続きの解説一覧

TF

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/20 05:31 UTC 版)

TF, Tf, tf




「TF」の続きの解説一覧

TF

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/11 17:06 UTC 版)

MG・MGF」の記事における「TF」の解説

2002年BMWより独立したMGローバー (MG Rover)の下でMG・TFデビューした基本コンポーネンツ先代MGF同一ながら、液体式関連懸架システムのハイドラガス・サスペンションを廃止しリアサスペンションマルチリンク化、フロントマスクなどのエクステリア変更MGイメージ強調する4本線フロントグリルヘッドライト、リアコンビネーションライトなど)が行われた。 エンジン出力向上し、「K1.6」は116PSに、「K1.8」は136PSに、「K1.8 VVC」は160PS(CVTは120PS)にアップしたあわせてグレード名も一新され、1.6L車は115、1.8L・CVT120、1.8L・MT135、1.8L・VVC160と、エンジン出力に合わせた名称となった2005年MGローバー経営破綻により製造中止となった日本市場へは当初135160導入され1202005年7月発売予定だったが前述の経営破綻より取りやめとなった

※この「TF」の解説は、「MG・MGF」の解説の一部です。
「TF」を含む「MG・MGF」の記事については、「MG・MGF」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「.tf」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「TF」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「.tf」の関連用語

.tfのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



.tfのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
住友電工デバイス・イノベーション株式会社住友電工デバイス・イノベーション株式会社
(C) 2023 Sumitomo Electric Industries, Ltd.
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの.tf (改訂履歴)、TF (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのMG・MGF (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS