.soとは? わかりやすく解説

so

別表記:ソー

「so」の意味・「so」とは

「so」とは、英語の接続詞副詞形容詞などとして使用される単語である。接続詞としては、「だから」や「それゆえの意味持ち、前の文の結果を導く役割を果たす例えば、「I was tired, so I went to bed.」(私は疲れていたので、寝た)。副詞としては、「そのように」や「とても」の意味持ち形容詞副詞程度強調する例えば、「The book is so interesting.」(その本はとても面白い)。形容詞としては、「そのようなの意味持ち名詞修飾する例えば、「I have never seen so beautiful a sunset.」(私はこれまでそんなに美し夕日見たとがない)。

「so」の発音・読み方

「so」の発音は、IPA表記では/səʊ/と表されIPAカタカナ読みでは「ソウ」となる。日本人発音するカタカナ英語では「ソー」と読む。この単語発音によって意味や品詞が変わる単語はないため、一つ読み方統一されている。

「so」の定義を英語で解説

「so」は、英語で定義すると、"in the way or manner indicated, described, or implied"(指示された、記述された、または暗示され方法態度で)や "to such a degree or extent"(そのような程度範囲で)となる。これらの定義は、それぞれ「so」が副詞形容詞として使われるの意味反映している。

「so」の類語

「so」の類語としては、「therefore」、「thus」、「hence」などがある。これらの単語も「so」と同様に接続詞として使われ、前の文の結果を導く役割を果たす。しかし、「so」はこれらの類語よりも一般的に使われ口語表現にも頻繁に登場する

「so」に関連する用語・表現

「so」に関連する用語表現としては、「so far」、「so long」、「so much」などがある。「so far」は「これまでのところ」、「so long」は「それでは、さようなら」、「so much」は「とても」や「非常に」などの意味を持つ。これらの表現は、「so」が含まれるフレーズとしてよく使われる

「so」の例文

1. "I was so happy to see you."(私はあなたに会えてとても嬉しかった
2. "She was so tired that she fell asleep immediately."(彼女はとても疲れていたので、すぐに眠ってしまった)
3. "It's not so difficult as you think."(あなたが考えているほど難しくない
4. "I've never been so embarrassed."(私はこれまでこんなに恥ずかし思いしたことがない)
5. "So, what's your plan?"(それで、あなたの計画は何ですか?)
6. "I've lived here for so long."(私はここにとても長い間住んでいる)
7. "So far, everything is going well."(これまでのところ、全て順調に進んでいる)
8. "She's not so young as she looks."(彼女は見た目ほど若くない
9. "He works so hard that he often forgets to eat."(彼はとても一生懸命働くので、しばしば食事忘れてしまう)
10. "So much for today's meeting."(今日会議はこれで終わりだ)

SO


エス‐オー【SO】

読み方:えすおー

standoffラグビーで、スタンドオフ


エス‐オー【SO】

読み方:えすおー

shipping order》船積指図書。出荷指令


エス‐オー【SO】

読み方:えすおー

Special Olympics》⇒スペシャルオリンピックス


エス‐オー【SO】

読み方:えすおー

stock option》⇒ストックオプション


エス‐オー【SO】

読み方:えすおー

struck out野球などで、ストラックアウト三振


C.I.ピグメントメタル4

分子式Pb
その他の名称SI、SO、KS-4、LeadLead S2、C.I.77575、C.I.Pigment Metal 4、C.I.ピグメントメタル4、Pb
体系名:


So

名前 ソー; ソ; ソウ

.so

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/14 15:48 UTC 版)

.soソマリアに割り当てられている国別コードトップレベルドメイン(ccTLD)。


  1. ^ [1]


「.so」の続きの解説一覧

SO

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/02/03 05:58 UTC 版)

SOSoso




「SO」の続きの解説一覧

診療録

(.so から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/09/05 07:49 UTC 版)

診療録(しんりょうろく)、カルテ: Karte[1]とは、医療に関してその診療経過等を記録したものである。


注釈

  1. ^ 日本語を使わない理由は患者に病名を知らせない場合に都合がいいことや日本語の医学用語は漢字も読み方も非常に難しく筆記に時間がかかることが挙げられる。ドイツ語表記は日本が明治時代に主にドイツから医療技術を学んだことに由来する。
  2. ^ 英語表記は第二次世界大戦後の日米関係アメリカの医療技術の発達によるところが大きい。日本語と英単語の混在表記は患者への情報開示という観点から採用される。

出典

  1. ^ a b c d 『これからの電子医療情報学』森北出版、2005年、72頁
  2. ^ a b c d e f 沢井清「病歴管理展望」『医学図書館』第20巻第3号、日本医学図書館協会、1973年、217-233頁、CRID 1390282679253394304doi:10.7142/igakutoshokan.20.217ISSN 0445-2429NAID 130002022189 
  3. ^ 野村総研『2020年の産業』東洋経済新報社、2013年、317頁
  4. ^ 司法改革が日本を変える 第8回 『SAPIO』 2001年2月28日号
  5. ^ 首相官邸 個人情報の保護に関する法律 第二十五条 - 開示
  6. ^ カルテ開示 主要87病院、3割が手数料 5000円以上が13施設 厚労省調査 毎日新聞 2018年4月23日
  7. ^ 獣医師法第21条第2項


「診療録」の続きの解説一覧

So

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/06 09:12 UTC 版)

SKA FREAKS」の記事における「So」の解説

ドラムス担当2016年12月30日脱退京都TRUSTライブハウス店長

※この「So」の解説は、「SKA FREAKS」の解説の一部です。
「So」を含む「SKA FREAKS」の記事については、「SKA FREAKS」の概要を参照ください。


So(Clean Vo/Scream Vo/Prog)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 11:17 UTC 版)

Fear, and Loathing in Las Vegas」の記事における「So(Clean VoScream VoProg)」の解説

2009年加入兵庫県加古川市出身オートチューン取り入れたハイトーンボイスが特徴正式に加入する前はFear, and Loathing in Las Vegas前身となるバンドでサポートボーカルとして活動していた。 関西学院大学理工学部卒業Minamiとは同い年また、ロックバンドTHE ORAL CIGARETTESボーカリスト山中拓也とも大学同級生である。 趣味機械いじり。 主に歌詞手掛けている。 Sxun脱退以降1人MC務めようになった。 一歳年下の弟がいる。 一番最初にハマったのはELLEGARDENであり、そこからバンド始めた。現在は音楽的嗜好に関しては「雑食」であり、Story of the YearThe Usedからジャズ・バー相対性理論絢香、JAMIES ELSEWHEREに至るまで何でも聴くとのことBOOM BOOM SATELLITESファン中学2年生の頃、部活先輩に連れられて映画館に『APPLESEED』を観に行き、そこでBOOM BOOM SATELLITES音楽初め出会い電子音ロック融合した音楽聴いて衝撃を受け、そこから熱心に聴くようになったとのこと。 非常に目が悪く2020年9月には網膜剥離急激に進行したため緊急手術を受け、数週間入院した

※この「So(Clean Vo/Scream Vo/Prog)」の解説は、「Fear, and Loathing in Las Vegas」の解説の一部です。
「So(Clean Vo/Scream Vo/Prog)」を含む「Fear, and Loathing in Las Vegas」の記事については、「Fear, and Loathing in Las Vegas」の概要を参照ください。


[so]

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/16 10:15 UTC 版)

ソー」の記事における「[so]」の解説

ソー (オー=ド=セーヌ県) (Sceaux) - フランス オー・ド・セーヌ県コミューンソー公園 - ソーにある公園ソー線 - パリから南郊へかつて運行されていた鉄道路線ソー (ヨンヌ県) (Sceaux) - フランス ヨンヌ県コミューンソー (ロット県) (Saux) - フランス ロット県コミューン

※この「[so]」の解説は、「ソー」の解説の一部です。
「[so]」を含む「ソー」の記事については、「ソー」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「.so」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「.so」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「.so」に関係したコラム

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「.so」の関連用語

.soのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



.soのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2024実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの.so (改訂履歴)、SO (改訂履歴)、診療録 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのSKA FREAKS (改訂履歴)、Fear, and Loathing in Las Vegas (改訂履歴)、ソー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS