.aoとは?

Weblio 辞書 > 業界用語 > 天気予報用語 > .aoの意味・解説 

北極振動(AO)

分野
大気流れなどに関する用語
意味:
大規模海面気圧偏差パターンテレコネクションパターン)の一つで、北極域と中緯度域のあいだが逆符号となるほぼ同心円状偏差パターン北極域が平年より高い(低い)とき、中緯度域で平年より低く(高く)なる。 冬季には成層圏にまで及ぶような背の高い構造をしており、極渦強さと関係している。日本の天候を左右する要因一つとして注目されている

Ao

名前 アオ

Ao

読み方:あお

  1. 八百屋
  2. 青物あおもの)の略語にして一般化され生物なまもの総てを云ふ。
  3. 青果商清水 闇屋仲間
  4. 青果商。〔闇屋

分類 闇屋仲間。、露店商香具師

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

.ao

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2011/06/08 22:19 UTC 版)

.ao
アンゴラの旗
施行 1995年
TLDの種類 国別コードトップレベルドメイン
現在の状態 利用可
管理団体 アゴスティニョ・ネト大学工学部
後援組織 アゴスティニョ・ネト大学
利用地域 アンゴラに関連する団体
使用状況 アンゴラで一部使用される。
登録の制限 国際的組織で使用される.it.aoを除いて、アンゴラ内の登録に限定される。
階層構造 登録は、第2レベル下の第3レベルに登録される。一部は第2レベルに直接登録されることもある。
ウェブサイト Dns.ao
  

.aoアンゴラに割り当てられている国別コードトップレベルドメイン(ccTLD)。アゴスティニョ・ネト大学工学部(College of Engineering,University of Agostinho Neto)により管理されている。

目次

サブドメイン

直接第二レベルドメインに登録することも可能であるが、以下のような第二レベルドメインの下に登録することができる[1]

  • co.ao - 商業的組織。その所在がアンゴラにある必要あり。
  • ed.ao - 教育機関。その所在がアンゴラにある必要あり。
  • gv.ao - 政府機関。その所在がアンゴラにある必要あり。
  • it.ao - 国際機関。アンゴラ国外向け。
  • og.ao - その他組織向け。その所在がアンゴラにある必要あり。
  • pb.ao - 出版社向け。その所在がアンゴラにある必要あり。

尚、トップレベルドメインと一致するようなサブドメインの登録は許されていない。

登録料

登録料は一つ目の登録であれば、毎年300ドル。2つ目以上は、毎年450ドルである[1]

外部リンク


AO

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/09/19 23:42 UTC 版)

AO, Ao, ao

一般名詞

固有名詞





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「.ao」に関係したコラム

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「.ao」の関連用語




4
100% |||||

5
90% |||||

6
90% |||||

7
90% |||||

8
90% |||||


10
72% |||||

.aoのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

立山靭草

アーチェリー

結納の準備

ドリル・ステム・テスト

ムーンビーチ

スミジイ

大蕨

WX331K





.aoのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
気象庁気象庁
©2017 Japan Meteorological Agency. All rights reserved.
なお、「気象庁 予報用語」には、気象庁の「気象庁が天気予報等で用いる予報用語」に掲載されている2009年11月現在の情報から引用しております。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2017 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの.ao (改訂履歴)、AO (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS