.inとは?

イン [1] 【in】

他の外来語に付いて、内側内部などの意を表す。 「 -ドア
テニス卓球などで、規定線の内側また、球がその側にはいること。
▽↔ アウト

IN

Intelligent Network
インテリジェント-ネットワーク交換伝送機能制御機能分離を図り、ユーザー使用する端末限定されず、世界中どこででもサービスが受けられるような通信実現するなど、高度な機能をもった通信網

In

「in」に似た言葉
in  at    


In クラス

このクラスは、.NET Framework インフラストラクチャサポートします。独自に作成したコードから直接使用するためのものではありません。

名前空間: Microsoft.JScript
アセンブリ: Microsoft.JScript (microsoft.jscript.dll 内)
構文構文

継承階層継承階層
System.Object
   Microsoft.JScript.AST
     Microsoft.JScript.BinaryOp
      Microsoft.JScript.In
スレッド セーフスレッド セーフ
この型の public static (Visual Basic では Shared) メンバはすべて、スレッド セーフです。インスタンス メンバ場合は、スレッド セーフであるとは限りません。
プラットフォームプラットフォーム
バージョン情報バージョン情報
参照参照

In メソッド


パブリック メソッドパブリック メソッド

( プロテクト メソッド参照)
  名前 説明
パブリック メソッド Equals  オーバーロードされます。 2 つの Object インスタンス等しかどうか判断します。 ( Object から継承されます。)
パブリック メソッド GetHashCode  特定の型のハッシュ関数として機能します。GetHashCode は、ハッシュ アルゴリズムや、ハッシュ テーブルのようなデータ構造での使用に適しています。 ( Object から継承されます。)
パブリック メソッド GetType  現在のインスタンスType取得します。 ( Object から継承されます。)
パブリック メソッド ReferenceEquals  指定した複数Object インスタンス同一かどうか判断します。 ( Object から継承されます。)
パブリック メソッド ToString  現在の Object を表す String返します。 ( Object から継承されます。)
プロテクト メソッドプロテクト メソッド
  名前 説明
プロテクト メソッド Finalize  Objectガベージ コレクションにより収集される前に、その Objectリソース解放し、その他のクリーンアップ操作実行できるようにします。 ( Object から継承されます。)
プロテクト メソッド MemberwiseClone  現在の Object簡易コピー作成します。 ( Object から継承されます。)
参照参照

In メンバ

In データ型公開されるメンバを以下の表に示します。


パブリック メソッドパブリック メソッド
( プロテクト メソッド参照)
  名前 説明
パブリック メソッド Equals  オーバーロードされます。 2 つの Object インスタンス等しかどうか判断します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッド GetHashCode  特定の型のハッシュ関数として機能します。GetHashCode は、ハッシュ アルゴリズムや、ハッシュ テーブルのようなデータ構造での使用に適しています。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッド GetType  現在のインスタンスType取得します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッド ReferenceEquals  指定した複数Object インスタンス同一かどうか判断します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッド ToString  現在の Object を表す String返します。 (Object から継承されます。)
プロテクト メソッドプロテクト メソッド
  名前 説明
プロテクト メソッド Finalize  Objectガベージ コレクションにより収集される前に、その Objectリソース解放し、その他のクリーンアップ操作実行できるようにします。 (Object から継承されます。)
プロテクト メソッド MemberwiseClone  現在の Object簡易コピー作成します。 (Object から継承されます。)
参照参照

インジウム(In)

インジウム(Indium)は、元素記号 In で表され、原子番号49原子量は約114.82比重は7.31(g/cc)である。銀白色軟らかい金属で、ホウ素族属する。
アルミニウム添加されると、酸化被膜破壊するので、これを利用犠牲防食元素として添加される。

トリヒドリドインジウム(III)

分子式In
その他の名称:Trihydrideindium(III)
体系名:トリヒドリドインジウム(III)


インジウム

分子式In
その他の名称:In、Indium
体系名:インジウム


ヒドリドインジウム(I)

分子式In
その他の名称:Hydrideindium(I)
体系名:ヒドリドインジウム(I)


インジウム(III)

分子式In
その他の名称:Indium(III)
体系名:インジウム(III)


インジウムカチオン

分子式In
その他の名称:Indiumcation
体系名:インジウムカチオン


物質
インジウム
英語名
Indium
元素記号
In
原子番号
49
分子量
114.818
発見
1863年
原子半径(Å)
1.62
融点(℃)
156.63
沸点(℃)
2000
密度(g/cm3
7.3
比熱(cal/g ℃)
0.057
イオン化エネルギー(eV)
5.786
電子親和力(eV)
0.3


In

名前 イン

.in

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/19 07:08 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
.in
インドの旗
施行 1989年
TLDの種類 国別コードトップレベルドメイン
現在の状態 利用可
管理団体 INRegistry
後援組織 インド国立インターネット交換局(en:National Internet Exchange of India)
利用地域 インドに関係する実体
使用状況 .comなどのgTLDに比べるとそれほど人気はなかったが、2005年に登録の自由化が行われると(外国人からの利用も多いが)登録数は飛躍的に増加した。
登録の制限 特殊なサブドメインを除けば、セカンドレベルドメイン・ほとんどのサードレベルドメインには制限がない。
関連文書 www.inregistry.in (英語)
方針 .IN Domain Name Dispute Resolution Policy (INDRP)
ウェブサイト registry.in
テンプレートを表示
.भारत
施行 2014年
TLDの種類 国際化国別コードトップレベルドメイン
現在の状態 利用可
テンプレートを表示
.இந்தியா
施行 2015年
TLDの種類 国際化国別コードトップレベルドメイン
現在の状態 利用可
管理団体 registry.in
登録の制限 特殊なサブドメインを除けば、セカンドレベルドメイン・ほとんどのサードレベルドメインには制限がない。タミル語の音韻体系の規則に従っている必要がある。 [1]
テンプレートを表示

.inインド国別コードトップレベルドメイン(ccTLD)。インド国立インターネット交換局(NIXI)の下、政府に指定されたINRegistryが管理を行っている。

2005年の時点で.inドメインの方針はかなり自由化されており、.inに続くセカンドレベルドメインの登録は無制限。以下のような、自由化以前に作られた分類も利用可能。

  • .in(インドに存在する企業・個人・組織の誰もが利用可能)
  • .co.in(銀行・企業・商標用)
  • .firm.in(小売店・組合・事務局・個人事業主用)
  • .net.inISP用)
  • .org.inNPO用)
  • .gen.in(その他)
  • .ind.in(個人用)

公的な組織のために6つの分類が用意されている。

  • .ac.in(学術施設)
  • .edu.in(教育施設)
  • .res.in(調査施設)
  • .ernet.in(教育調査施設)
  • .gov.in(政府)
  • .mil.in(軍)

.inドメインの自由化以前の1992年から2004年の間はわずか7千の登録しかなかったが、2006年の終わりには、150カ国以上のユーザーから登録され、20万以上まで登録者を伸ばした。インドドイツアメリカの登録者は、全登録者のおよそ80パーセントに及ぶ。

.nic.inドメインはインドの国立情報センター(National Informatics Centre)のために予約されたものであったが、実際にはインドの政府組織のほとんどがnic.inドメインを取得するに至った。

国際化ccTLD

インドでは、インド国内で使われている22の言語についての国際化ドメイン名を導入しようとした。

以下の2つは利用可能になっている。

デーヴァナーガリー 英字転記
भारत .bharat
कंपनी.भारत company.bharat
विद्या.भारत vidya.bharat
सरकार.भारत sarkar.bharat

以下のものは、割当はされたが、2015年11月現在で利用できない。

脚注

外部リンク・出典


IN

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/04 08:16 UTC 版)

IN

関連項目




.inと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

.inのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



.inのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日本マイクロソフト株式会社日本マイクロソフト株式会社
© 2019 Microsoft.All rights reserved.
丸ヱム製作所丸ヱム製作所
© 1998-2019 Maruemu Works Co,. Ltd. All rights reserved.
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの.in (改訂履歴)、IN (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS